So-net無料ブログ作成

トラックバック企画 ポーカーフェイス・コンテスト

2001年の秋頃の話なんですが、ソニーのイメージステーションという写真コミュニティサイトで「ポーカーフェイス・コンテスト」というのが開催されていました。

普段、街中にある顔にみえるシーンを撮影してその写真データをみんなで見せっこしましょう!というようなコンテストで私も応募して、最後に記念品をいただきました。先日ちょっと思い出して記念品のポストカードと写真集を引っ張り出してきました。板東 勲さんという方の写真集なんですけど、今見てみるとよくできているんですよ。

ポーカーフェイス写真家: 坂東勲 氏のホームページはこちら

先日購入したばかりのソニーサイバーショットDSC-P100の性能自体もかなりあがっており、私の腕でもこうした素晴らしい構図さえ見つけられれば、それなりの写真が撮れるんじゃないかな? なんて気がしてきています!

ってことで、私の初めてのトラックバック企画ということで、このポーカーフェイス写真を募集します!

身の回りにある風景の中から人の顔に見えるシーンを切り取ってトラックバックしてください。元々人の顔としてデザインされているモノ、自分で加工したモノ、などはダメですよ。





今まで企画にご参加いただいた方々の作品をご案内します。(こぼれているものが多数あるかとは思いますが、一応、一分野一リンクということで。。。)

■看板系■
ポーカーフェイス #1 (モリチャンさん)
街の中の顔 (emichan/suさん)

■乗り物系■
ANAのジャンボ機内でのポーカーフェイス (モリチャンさん)
主に小物を食べます (bluebearさん)

■街の風景系■
ポーカーフェイス in 錦帯橋! (モリチャンさん)
TB:ポーカーフェイス・コンテスト (bluebearさん)
街をきれいにする顔たち (emichan/suさん)
ガムの吐き捨てはしないでね (Whiteponyさん)
『たれ目』 (Cliffordさん)
叫び!かな (ascさん)
地元の駅の同じ標識 (てつさん)
ぽかお現る*木の巻その1 (○まるたま。○さん)
半眼の修行僧 (モリチャンさん)
流す涙は (ascさん)
東京の顔 (Whiteponyさん)
浦和文化センター (モリチャンさん)

■室内の小物系■
TB ポーカーフェイス (モリチャンさん)
TB:ポーカーフェイス・コンテスト (emichan/suさん)
鼻の長い人?天狗猿? (Whiteponyさん)
TB:ポーカーフェイス・コンテスト (bluebearさん)
愛敬のある顔に見えてくるのが不思議 (神田英一郎さん)
おいらを握ってと言わんばかり・・・ (Daisukeさん)
「ゴーヤ・アフロ・ムンク」さま (○まるたま。○さん)
カップアイスの蓋開けたら (サイバーはっしーさん)
タコ (モリチャンさん)
高級坊やぽかお君 (○まるたま。○さん)

■室内の大物系■
とあるデパートの従業員用出入り口 (Whiteponyさん)
コピー機 (モリチャンさん)

■海外系■
TB; ポーカーフェイス・コンテスト (Cliffordさん)
ポーカーフェイス in NY#3 (モリチャンさん)

■自然の風景系■
無表情なままで、こちらを見ているような (ascさん)
暑かった日 (モリチャンさん)
ぽかお現る*葉の巻その1 (○まるたま。○さん)

■優勝候補系■
ぼろぼろ具合が可愛い顔に見えません? (サイバーはっしーさん)

■秋系■
ちょっと小さなお猿さん (モリチャンさん)

■癒し系■
かおパン。 (ゆきさん)

■威圧系■
強めの視線 (ascさん)

■お笑い系■
イヒヒヒの兄弟 (モリチャンさん)

■キャラクター系■
ミッキー!? (モリチャンさん)
ウルトラマン (モリチャンさん)
バスライトイヤー (モリチャンさん)
ゴーストバスターズ (モリチャンさん)

■家の中系■
太陽の塔 (モリチャンさん)
洗面所 (モリチャンさん)
ウィンクしているよ (モリチャンさん)
おとなしそうなヤツ (モリチャンさん)
やっと見つけたか!ワッハッハ! (モリチャンさん)

■砂系■
ハゲつるりん (○まるたま。○さん)

■トリプル系■
八重洲地下街 (モリチャンさん)

■100トラックバック目■
クールなやつ (モリチャンさん)

■なぞなぞ系■
答えは次回発表しまーす (○まるたま。○さん)
答えの発表と問題その2 (○まるたま。○さん)
答えの発表 (○まるたま。○さん)

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます!! おかげさまで目標の100トラックバック達成いたしました。トラックバック企画はいったん終了しますが、愉快な顔を見つけたら、また教えてくださいね!



ポーカーフェイス こんなところにいました

[関連したBlog]

先日お邪魔してきたソニーディーラーコンベンション。その風景の中からポーカーフェイス「顔」を探してみました。けっこうこれがあるんですよ。この右の写真のどこにいるのかというと。。。


天井にいたりするんです。ちょっと連発してblogにアップしましたので、少しずつスクロールさせながら「顔」を探してみてください!!



ポーカーフェイス がちょーん

[関連したBlog]

ついに実現したハイビジョンハンディカムを上から見た図です。


がちょーん!っていうよりあんぐりかな?



ポーカーフェイス どーもくん

[関連したBlog]

今度買いたいコンパクトデスクトップバイオ「type M」です。


どーも!



ポーカーフェイス 失格

[関連したBlog]

サイバーショットのどこに顔が?


これは自分の顔だからNGですって。



ポーカーフェイス はにわっぽいんですけど。。

[関連したBlog]

むむ、再登場のサイバーショットM1です。


これはわかりやすいでしょ!?



ポーカーフェイス コアラ

[関連したBlog]

これは有機EL液晶搭載の新型クリエVZ90です。


ダイヤルが鼻のコアラさんです。



ポーカーフェイス のほほん

[関連したBlog]

これは新型スゴ録に搭載された高画質回路<スゴロジック>の比較画面。


ね! 画面の中の建物にお顔があるわけです!!



ポーカーフェイス うさぎさん

[関連したBlog]

新型WEGA「HVX」のi.LINK接続機器操作パネルです。


赤い目をしたうさぎさんってことで!!



ポーカーフェイス ピノキオ

[関連したBlog]

これは新登場のハイビジョン編集に対応したバイオ「type R」です。


いました!ここに!!
かくれんぼしているピノキオ君です。



ポーカーフェイス ロボガキ

[関連したBlog]

このどこかにポーカーフェイスが。。。


ということで、ちょっとソニーディーラーコンベンションで後から見つけた「顔」でした。



見やすく薄くなったサイバーショット「DSC-T3」

さて、メルマガ、ホームページ未公開のソニー新製品レポート第4弾は薄型サイバーショットの「DSC-T3」です。

縦スライドのレンズカバーを装備した「DSC-T1」。ホワイトボディのすっきりモデル「DSC-T11」に続いての3機種目の薄型サイバーショット。質感はT1そのもの。デザインはT11っぽいのですが、使ってみるとこれはまるで別物! すんごい進化をしています。


なにが進化しているって液晶モニターが大進化! PC Watchさん的に言うと画素数が21.1万画素から23万画素に高精細化、コントラストが2.5倍、輝度が144%、色再現範囲が140%ってことらしいのですが、これは手にとって実機を見てみると「なんじゅコリャ!」って感じ。

あのバイオに搭載されたクリアブラック液晶ってあるじゃないですかぁ。あんな感じなんですよ。めちゃめちゃ明るいし、黒いところはちゃんと黒いし色も有機ELでも使ってんのか!?ってくらい鮮明。それでいてこの大画面ですから、これは良い!!

ちょっとビックリしてしまいました。ビックリしすぎて他のモデルとの比較写真を撮影するのを忘れてしまいました。


ちなみにサイズ的にはこんな感じ。って言ってもDSC-P100と比較したところでなんだかわからないですよね。

普段T1とかT11とかを使っていないので何とも言えませんが、実感的にはさらに一回り小さくなっている様な気がします。


操作系は特に大きな変化がないみたいです。これは個人的感想なんですが、正直言ってしまうと横長のシャッターボタンがちょっと使いづらかったりはしてて、T1でもT11でもシャッターを切ったときの手ぶれが出ない様に必死だったりするんですけど、このT3を使った感じではT1とかT11よりも手ぶれが気にならない様な感じがしました。

もしかしたらこのシャッター周りとかは全然いじっていなくて、チューニングでそういう風に手ぶれを防ぐ様な事をしているのかもしれません。


サイバーショット「DSC-T3」は10月15日発売でソニースタイルでは10月5日より先行受注を開始する予定です。

後から後からナイスなモデルって登場するんですが、この「DSC-T3」は本当にナイス!T1とかT11を持っている人って多分、全員欲しくなってしまうんだろうなぁ。。。


ソニースタイルの「DSC-T3」のご案内はこちらから



9月30日朝

おはようございます。台風で大変な出勤になるんだろうなぁ、と思っていたら予定よりも早く台風が去ったようで、風はあるものの青空ののぞく朝でした。

夏の間は薄曇りが多くあまり見えることのなかった富士山もこんなにくっきり!今年の我が家からのベストショットかもしれません。


その台風で荒れた夜を越えたらハイビスカスも2つ開花。新組織での初めての月末ですが私を応援してくれているみたいです。



新型ウォークマン「NW-HD2」登場!

なんか、ここのところウォークマンというかポータブル音楽再生ネタに一喜一憂しているんですけど、また一喜してしまいました。

先ほどソニーさんから発表された「NW-HD2」なんですけど、クレードルとかリモコンを省いて市場売価40,000円っていうハードディスクウォークマンの廉価版が早くも登場してしまいました!!

って言っても、先日のソニーディーラーコンベンションで存在は知っていたのですが、いつくらいにいくらでっていうのがわからなかったもので(そうやって展示だけしておいて発売されなかったものとかも経験として見かけていますから。。。)出てみないとなんとも。。。とか思っていたんですけど、もうでちゃいました!


しかもクレードルとリモコンがないくらいで、15,000円も安くなってしまうの!?4万円で買えるんだったらコレお得じゃないの!?って感じ。本体がダウングレードしていないってところが超魅力的です。

あぁ~。なんかこの年末は欲しいモノだらけだなぁ。。

NW-HD2のソニースタイルの情報はこちらから



ソニー 新型クリエ「PEG-VZ90」

メルマガでお伝えできていない新製品レビューシリーズ第3弾は有機ELパネル搭載の新型クリエ「PEG-VZ90」です。液晶とは違う、自己発光するパネル「有機EL」をタッチパネルで採用した初のソニー製品になります。

もうこの「有機EL」がPEG-VZ90の最大の特徴であり、これ持ってたらあちこちで「有機ELって知ってる?」とか言いながら見せびらかせること、年内いっぱいは間違いなく続きます。

この有機ELを武器に、動画再生に主眼を置いて製品化されたようで、メモリースティックはもちろん、CFカードが使えたり、かなりメディアプレーヤーとしての性格が強いモデル。考えてみたらソニーさん的にはクリエをPDAだとは一言も言って無くて「パーソナルオーガナイザー」と呼んでいるんですよね。(ソニースタイルさんではPDA Styleとか言ってますが。。。)

なので、ある意味、この「PEG-VZ90」こそがソニーが世に送り出したかったパーソナルオーガナイザー「CLIE」なのかも!!


なにはともあれ、展示されているその脇に「PEG-TH55」が動画再生させられておいてあるんですが、この違い、スゴイです。クリエTH55だけ見てれば全然不満も無かったんですけど、こうして並べてみるとヤバイくらい違います。

まるでブラウン管テレビをそのまま見ている感じ。これが有機ELの写りなんですねぇ。


有機ELは電圧をかけないと黒。電圧を最高にかけると白になります、なので、白を発光させると消費電力が大きくなってしまう、という特性があります。液晶の様に常にバックライトを発光させておき、液晶を透過させるわけではないんです。

そこで、有機ELクリエではスタミナ性能をなるべく発揮させるべく、写真の様に黒が基調のデスクトップ画面にデザインが変更されています。本体カラーも黒だし、付属のケースも黒。とにかく黒いクリエになったわけです。


ちなみに、普通のクリエだと電源ボタン長押しで、液晶のバックライトが消えて、反射型の液晶になります。VZ90の場合、どうなるのかなぁ。。。ってことで実験してみたら、ちゃんと暗くなりました。

有機ELということでバックライトはありませんが、それ風に明るさを最小まで暗くしてくれるみたいですね。プロジェクターを使った会議などで明かりを落とされたときに使うと周りに迷惑をかけない程度の明るさで使えそうです。


ラストは私の持っているUX50との大きさ比較ですが、ふむふむ、3.8型っていうのは二回りくらい大きく見えますね。全体的な大きさも一回り大きめに見えますが、持ち運ぶときの感じはほぼ同じくらいに思えます。

UX50では縦長使いにすることは全然考えられていませんがVZ90はそれもあり。ビデオウォークマンとしての利用を考えている人にはかなり良いかも。。。そういえば私もUX50を買ったばかりの時はメモリースティックでのテレビ視聴とかいろいろ挑戦しましたねぇ。VZ90とメモリースティック録画のできるWEGAがあったら本当に夢が実現できそうです。

「PEG-VZ90」の詳細はソニースタイルでどうぞ!



9月29日朝

おはようございます。Newellさんのマネをして、朝の風景を今朝から撮影して、朝一番でblogアップしようと思ったんですが、今朝に限って全然doblogにつながりませんでした。。。もうお昼です。

関東地方は朝からどんより曇り。台風が最悪の感じで近づいてきていますので、夕方からはこちらも雨の予報です。明日は台風デーになりそうです。



デジタルサラウンドヘッドホン「MDR-DS4000」

やったー!ついに出ました。私の理想のサラウンドヘッドホンが!これなんとしても絶対に買います!!

ソニーのデジタルサラウンドヘッドホン、というのはデコーダーをこのスタンド部分に搭載しており、そこからヘッドホンまでは赤外線で信号を送るのでワイヤレス。ヘッドホンを装着しているということを感じさせない自由度の高さと、夜中でも大音響でサラウンドが楽しめる、超ユニークな製品なんですけど、今度の「MDR-DS4000」は私の理想のモデルそのもの!!

どのあたりが理想かというと。。。

理想その1:デジタル伝送。
従来モデルというか下位モデルになるDS3000ではアナログ伝送のため、ノイズが目立たなくなる工夫はしてあるものの、どうしても聞こえてしまうんです。デジタル伝送のモデルDS8000だと価格は倍くらいになってしまうし。。。というところにこのモデルは実売30,000円予想でデジタル伝送!これはリーズナブル!もうこれだけの理由で買いなんですが、その上。。。

理想その2:AACサラウンド対応。
地上デジタル、BSデジタルで使われるAACサラウンドにも対応しました!やはりこれも下位機種のDS3000には搭載されていない仕様。我が家のAAC未対応状況を改善するにはコレしかありません!!

理想その3:光デジタルスループット出力装備
この製品、光デジタル端子はどのモデルも入力1つしか搭載していませんでした。すでにホームシアターシステムを構築している場合、普通、DVDプレーヤーの光デジタル出力はAVマルチアンプに行ってしまっていて、サラウンドヘッドホンを使おうとすると光デジタル端子を差し替える必要があったんですが、この「MDR-DS4000」はスループット端子を装備してくれました!!万歳!! これでDVDプレーヤーからヘッドホン、そこからAVアンプへ出力することができるわけです。

これで実売30,000円予想だったら絶対買いますって!音の素性の良さはMDR-DS3000で立証済みだし、私の個人的な欲求に全部応えてくれた仕様に超満足です。ソニーさん、ありがとう!!

で、発売日は・・・11月10日!?なんだ、まだ1ヶ月以上先なの!?もっと早く発売してください!!

ソニー「MDR-DS4000」のプレスリリースはこちら



バットマン・リターンズ

[関連したBlog]

ちまたではドラゴンズがいよいよマジック1ということで野球に注目が集まっていますが、我が家は先週からいよいよBSデジタル映画祭に突入しました。シャープのデジレコがフル回転です。

9月25日からBSデジタル各社合計で554本の映画をハイビジョン放送してくれるということで、普段はWOWOWとかスターチャンネルに入らないと映画を思う存分観られない、って感じなんですが、これから1ヶ月以上、民放放送でも映画がドカドカと放送されます。


で、今年のBSデジタル映画祭、我が家の第一号作品は「バットマン・リターンズ」でした。この映画って初のドルビーデジタル5.1ch作品なんだって知ってました? 1作目のバットマンは大好きで何度も見ているんですけど、2作目のリターンズはあまり見ることもありませんでした。

ちょっと新鮮。やっぱりバットマンはマイケル・キートンなんだよなぁ。。。

さ、感動に浸っていないで、観たら消す。ドンドン録画するのでハードディスクはすぐにカラにしていかなきゃ!



サイバーショット DSC-M1

当店メルマガで紹介しきれないシリーズ第2弾はサイバーショット「DSC-M1」です。

有効画素数510万画素で、ソニーの携帯電話の様なリボルバー式の液晶モニターを採用。シャッターボタンの他に直接動画撮影のボタンをつけるなど、イメージ的には動画主体のサイバーショットって感じ。

光学3倍ズームで沈胴式ズームレンズにはなっていないみたいなので、光学メカニズム的にはT1とかF88とかと同じ仕組みみたいですね。


実際の撮影ではこんな感じで使います。これがなかなか使いやすいんですよ。

先日ジェイクの生ライブを見たときも写真撮りまくり、で、ついでに動画も~、って感じだったんですけど、サイバーショットで動画を撮るのって結構難しかったりするんです。やっぱり生で見たいから液晶画面から目を離してしまうんですが、そうするとフレームアウトしてあさっての方向を撮ってしまっていたりして。。。

それが、このM1だと向けた方が撮れているって感じで、直感に近いところにレンズが向く感じ。あと、液晶が大きいので液晶画面を見続けなくても大体なにが写っているかわかる感じも良いのかも。


これはサイバーショットDSC-P100と並べて撮ったところ。大きさ的にはほぼ同じくらい。大きめの携帯電話サイズって感じですね。

撮影時にはこのふたの部分を開くのではなくて90度、時計回転させて、さらに液晶画面を180度ひっくり返して使います。


開くまでに2アクションもあるわけですが、回転させると自動で電源が入りますので、電源ボタンを入れるという手間はありません。なので意外とスカッと起動する感じが味わえます。


液晶画面をレンズ側に回しておけば、ソニーさんおすすめの自分撮りも可能。なるほど、いろいろ考える方がいらっしゃるんですねぇ。

なお、機能面では「ハイブリッドREC」なんていう目新しい機能も搭載しているそうです。写真を撮影した前5秒、後3秒を動画で記録。写真を撮ると同時に動画も撮れてくる、ちょっと面白そうな撮影方法です。ジェイクの時もそうだったんですが、動画と静止画、両方撮影したいときってありますからねぇ。これ持って帰って自分でいろいろ試してみたくなってしまいました。

ソニースタイルさんでは10/5より先行予約販売を開始予定との事。お値段は62,800円となっています。より詳しい情報はソニースタイルさんのサイトでご覧いただけます。

ソニースタイルの「DSC-M1」のページはこちら



万歩計

万歩計を買いました。朝、腰につけていって帰ってきてから歩数を見たら「5017歩」あまりの少なさにびっくりしました。これは歩かなさすぎです。明日は妻がつけていくんだそうです。



ソニー ネットワークウォークマン NW-MS77DR

[関連したBlog]

doblogでもあちこちでiPodが話題になっているみたいですね。さて、私はこの夏、ネットワークウォークマンのNW-MS77DRを購入しました。256MB内蔵でDuoの128MBを挿して合計384MBにして使っています。

コピーコントロールCDの直接録音ができるということで、気に入って買っているんですが、今のところコピーコントロールCD自体を聴いていないので威力を発揮していません。

週末に買ってきたジェイク・シマブクロのアルバムも今日の通勤で早速、楽しんでいます。そういえば音楽CDを買ったのって久しぶりだなぁ。こうして感動させられるとすぐに手が伸びてしまうんですけど、最近はなかなか感動がなかったからなぁ。


で、そうそう。このNW-MS77DRですけど、これはよく考えられていますねぇ。一見、これどうやって使うんだ?的な独特のスタイルをしているんですけど、使い慣れてみると、これがやたらと使いやすいんですよ。

ジッポのライターみたいなサイズで、横軸を囲うバーみたいなのをスライドさせるとホールドモード。横軸の先っぽに再生・停止ボタンがあり、基本的にはこのスイッチだけピッ、ピッって操作するだけ。ボリュームとか曲とばしってそんなにしないですしね。まさにリモコンだけがヘッドホンについてるような感じで利用できます。

なんていうのかわかりませんが、この表面の加工具合も味があって、さすがウォークマンって感じ。使い込むとどんな風に変化してくるのか楽しみな部分もあって、単なるミュージックプレーヤーではない感じがします。このMS77DRがこのモデルの最終形になるんですかねぇ。。。

ソニー NW-MS77DRの詳細はこちら



ホッピー旧ラベル

ゴミ置き場に旧型ホッピーのビンが捨ててありました。
どうやらホッピーファンが同じマンションにもう一人いらっしゃるみたいです。

ところでこのビンのラベルにおいしいホッピーの飲み方とか書いてあって
焼酎とホッピーは1:5で割る、とか、氷を入れてはいけない、とか、私の
知っているホッピーとは全然違う飲み方が書いてあるんですけど、
これ本当なんでしょうか?

今度試してみます。



サイバーショット DSC-L1

ホームページの更新がなかなかできなくて。。。っていうか、ソニーさんのこの秋の新製品ラッシュのスピードに追いつけなくて、せっかく製品を見てきているのに紹介していない!という写真がいっぱいあります。

「サイバーショット写真路」とか言って、いろいろ写真の勉強をしてきたつもりなんですが、果たしてその成果は今回の取材に出ているのか!?ってことで、まだe-SonyShop C-TECで紹介できていないソニーの新製品をちょっとblogでご紹介してみることにしました。その第一弾がサイバーショットの「DSC-L1」

有効画素数410万画素、サイバーショットPシリーズよりも小さく、Uシリーズよりも若干大きく、3倍ズーム内蔵というモデル。最初はUシリーズについに光学ズームがついたのか!?と思ったのですがLシリーズという新シリーズだったんですね。

ちなみに1枚目から写真の撮り方を失敗しています。こんな手前に置いてしまうと私のP100よりもL1の方が大きく見えてしまうじゃないですか。。。


他にもソニーの新製品だらけのソニーディーラーコンベンションですので、L1をじっくり使う時間も無かったんですが、これ、小さい割にはちゃんと動くなぁ、っていうのが第一印象。

沈胴式のズームレンズとかこんなにかわいいんですよ。


P100のレンズと比べるとこんなにかわいいんです。思わず押したくなってしまうのは私だけでしょうか?

デザインを見たところからして女性ターゲットのモデルなんでしょうけど、こういうデザインの良いところにメカメカした感じのものを見ると、私もちょっと欲しくなったりします。


で、一通りメニューを出して操作してみるんですが、どうもこのコンパクトさからサイバーショットUのイメージが強くて、シンプルなメニュー構成になってるんだろうなぁ、なんて勝手に思っていたのですが、そんなことはなくて、Pシリーズ同様のしっかりしたメニュー構成になっています。

電源を切るとヒョッとレンズが引っ込んでレンズカバーが閉じるところなんかもちゃんとしているんですよね。

女性向けモデル=簡素なモデルって気がしてしまうんですが、これはなかなか。。。P100を買っていなかったら今回なびいていたかもしれません。


これは例のソニーエリクソンのプレミニっていう超小型携帯電話との比較。ね、小さいサイズがわかりますでしょ!?

ちなみにこれ、ソニースタイルオリジナルモデルの「ポラリスブラック」というモデルです。一般では市販しないソニースタイルだけの限定モデルですね。

通常モデルが3色あって、それに限定モデルってことでポラリスブラックがあるんですけど、カラーによって本体の質感も微妙に違っている感じ。カラーだけでなく実際の質感も触って選ばないといけないかも!?

DSC-L1はソニースタイルにて9/30まで先行予約エントリー受付中です。
メモリースティックDuo無しバージョン37,700円で購入できます。

ソニースタイルのサイトでは開発者インタビューをはじめ、TPOで使い分ける「DSC-L1」の使い方提案などもあります。是非、ソニースタイルサイトの方もご覧になってみてください。

ソニースタイル「DSC-L1」のページはこちら



片づけ

今日は、昨日の戦利品を片づけながら映画を観たり、音楽を聴いたり。。。ああいうイベントへ行くと、くだらないものでも、なぜか競って記念品をもらってしまったりするんですよねぇ。

こうして冷静に片づけてみると、なぜ、こんなにステッカーが。。。と、思いつつ、無駄と思えるパンフレット類はその場で捨ててきましたので、結構これでも厳選された資料類になっています。

楽しみにしていたのはヨーロッパの鉄道の旅の案内と、豪華客船のクルージングの旅。

日本の豪華客船「飛鳥」での3ヶ月に及ぶ世界一周の旅では一番安いクラスでも一人340万円~。船旅の場合、他に食べるところがありませんので3食全部旅費に含まれているとはいえ、かなり豪華な値段なんですよねぇ。40日規模くらいでオセアニア一周クルーズなんてのもあり、これでも十分か!?えーと、一人。。。140万円ねぇ。もう一声、お手軽なのは。。。あ、ありました。日本一周コース。約2週間と、期間がかなり短いのですが、これで一人約59万円です。やっぱ船旅は高いなぁ。。。。

えーと、一番安いのは。。。「横浜ワンナイトクルーズ」なんてのがあり、1泊2日で45,000円というのも見つけました。思い切り贅沢してこれくらいかな、参加できそうなのは。。。



表示件数減らしました。

[関連したBlog]

表示件数、他を減らしてみました。やはり夜10時前後のインターネットゴールデンタイムは重いし、今日も書き込み途中の記事が何度もアップ不能になってしまたし。。。

塵も積もれば、なんとやらですからね。



メディアージュ

世界旅行博の帰りには、ついででソニースタイルのメディアージュにあるショールームへもおじゃましてきました。目的は一緒に展示している「hhstyle.com」の家具で、こんなの部屋に置いたら、トレンディードラマみたいでいいんじゃない!?ってのを妻と語りたかったからなんですが、実は違う目的もあったりします。


そう、今度、買うつもりでいるバイオ「type M」の実機を妻に見させてあげるためだったりもします。

発売前なので展示されているかどうかわからなかったんですが、これこれ!ありました。「type M」。使い方もデモンストレーションしたんですが。。。「プレゼンなんていいわよ、どうせ買うの決まってるんでしょ? シルバーよりもホワイトの方が良いね!」ということで、めでたくお許しも出ました。よかったよかった。


最後は携帯の待ち受け画面にするんだ、と言って、コモモと記念撮影をして幸せに帰らせていただきました。

3Fフロアに、このコモモちゃんがいるんですが、周りはSo506icの展示をしているんですね。何人の人たちとこのコモモちゃんは記念写真を撮ってるんだろうなぁ。



世界旅行博へ行ってきました。

秋はショーラッシュというか、あちこちでイベントが開催されているんですよね。現在、幕張ではゲームショーとか開催されていて、ショップ店員的には参加しておいた方が良いのかな?とも思えたのですが、なんか注目がソニーのPSP一点に集中していて、それに興味がないので、いいかな?って感じ。

代わりに、東京ビッグサイトで開催されている「世界旅行博」というのに参加してきました。


「世界旅行博」というのは各国の政府観光局とかがブースを作って、旅行業者向けに各国の売りを展示しているような展示会。

普通のビジネスショーとかだと、メーカーごとにブースがあるところですが、各国ごとにブースを作っており、そのブースの中に各観光都市に分かれた展示がある、ってイベント。

外国旅行なんてできそうもない、我が家の経済状況なんですが、それでも旅行気分が味わえれば良いね!ってことで、入場料1,200円と聞き、あわてて、業者の事前登録とかして無料で参加させていただくことに。。。別に嘘ではないですからねぇ。ウチの会社の新規事業として見学させていただくんですから!ゴホゴホ。。。


最初の第1ブースから入っていったのですが、ここにアメリカのブースがあります。私が行ったことのある海外旅行って、ロサンゼルス、ハワイ、グアムなんですが、そのなじみの地域からやっぱり回ってしまうんですよね。

で、その中でもハワイ。恐らく、全ブースの中で一番気合いが入っていたと思うのですが、ここのスタンプラリーとかしているときにイベントに遭遇。

なんとジェイク・シマブクロのスペシャルライブを観ることができました。わずか数メートル先にウクレレ界のジミー・ヘンドリックスといわれている彼がいるなんて!! 生演奏で4曲演奏してくれたのですが、スゴイ!! わずか4本しかない弦で演奏しているとは思えない、早弾きって言うか音の厚さに興奮。思わず、CD即売会でCDを買ってポスターももらってきてしまいました。いやぁ~思いがけずジェイクのライブを初めて見ることができました!! 良いことがあったものです。


会場にいた時間の2/3位は結局ハワイのブースで過ごしてしまったのですが、アフリカのブースとかも面白かったですねぇ。会場にいる、それぞれのお国の民族衣装が1周するだけで全部見れてしまうのも面白かったです。

最後はクルーズコーナーに立ち寄って、私の人生の夢である世界一周旅行のパンフレットをたくさんもらって終了。帰ってから、このパンフレットを見て、遅めの人生設計を立てたいと思います。

明日26日も開催しているとのことですが、無料で飲み物とか食べ物とかをくれるところは全部長蛇の列です。そんなものに時間をとられるくらいなら、全部無視して、目的の地域のパンフレットをもらったり、お気に入りのホテルのシールをもらっている方が有意義ですよ。


これは余談なんですが、東京ビッグサイトの近くにはiDCの大塚家具のショールームもあります。よく地下鉄の車内広告で見ていて、いつかその広大な家具売り場に足を運びたい!と思っていたので、寄ってきたのですが。。。

ここは会員制で入場させるそうで、入場受付にはたくさんの営業マンが。。。で、自由に会場を見て回れるのかと思いきや、全員にその待ちかまえている営業マンがつくみたいです。しかも場内では録音、撮影禁止とかで、全然自由な感じがありません。

私たちみたいな冷やかしの客が気楽に行くようなところではなかったんですね。。。そのまま引き返してきました。



ハイビスカス3連打

なぜか、9月下旬の今、我が家のハイビスカスは狂い咲きです。っていっても1日1個ずつなんですけど、これで3日連続。明日も咲きそうなつぼみがあります。明日咲いたら新記録です。



ホッピーニューラベル

この夏、お世話になっているとある方からホッピーの飲み方を教わりました。グラスに氷をいっぱい入れて、そこに半分焼酎、のこり半分をホッピーで割って飲む。焼酎3杯についてホッピー1本。

お酒に弱い私はそれだけで、足腰が立たなくなるくらいベロベロになってしまうんですけど、安い上においしいですよね!! 以来、ホッピー愛好者になってしまったんですが、今週異変が! そうラベルが変わってしまったんです。味はそのままでしたが、ちょっとした事件でした。



ハイビスカス連続安打

イチロー選手の固め打ちが話題になっていますが、我が家のハイビスカスも固め打ちが始まりました。昨日の花が下の方に見えて、右上には今日の花が。で、多分、左のつぼみが明日咲いて、右下のつぼみがあさって咲いてくれそう。

来年はもっとハイビスカスを増やしたいなぁ。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。