So-net無料ブログ作成

VAIO Duo 11のリカバリー領域追い出しインストール【お詫びと訂正があります】 [┣ VAIO]

DSC00001.jpg

VAIO Duo 11のblogエントリーが連発になってしまってすみません。今度は毎度恒例のリカバリー領域の追い出しインストールについてのレポートです。

Windows 8搭載マシンでは初めてのリカバリー領域の追い出しに挑戦です。

【記事中にお詫びと訂正があります】

 

当店のお客様からご相談があり、リカバリー領域の追い出しインストールをやっているんですが、どうも上手くいかないとのことだったので、当店でもチャレンジをしてみたんですが、なるほど、今までとはちょっと様子が違うみたいです。

特に「VAIO Duo 11」の256GBモデルでもこれは効果がかなり多いので、128GB、64GBのSSD搭載モデルではない方もちょっと耳を傾けてみてください。

 

さて「リカバリー領域追い出しインストール」というのは何かというと、昔のVAIOだと製品に同梱で「リカバリーディスク」というのがついてきていたと思います。CD-ROMとかで。

それが現在はSSDやHDDに入れてあり、SSD to SSD、HDD to HDDで自分のメディア内にリカバリーデータを持たせてあるんです。なのでVAIOを初期状態に戻すときもリカバリーディスクの用意をしなくても、そのままリカバリーができるようになっています。

と、いうことは常時自分のSSDなり、HDDにリカバリーデータを持っているわけで、ストレージ容量があまり多くないマシンの場合は、そのリカバリーデータを消すことによって多少でもストレージ容量を増やすことができる、という技があるんです。

リカバリー領域を消すためには一度、VAIOの外部にリカバリーデータを書き出して、書き出したリカバリーデータを使って再インストールをする必要あります。これを当店では「リカバリー領域追い出しインストール」と、呼んでいます。

今回の当店の展示モデルVAIO Duo 11の256GB SSD仕様のディスク容量を調べてみると。。。

DSC00002.jpg

ななんと、256GB SSDのうち、自分で使える容量は212GBになっていて、リカバリー領域には24.3GBも使われていることが判明。(※上記の画面はVAIO Careからリカバリーデータ作成のメニューに入って、その後にエクスプローラーを使うと出て来ます。通常はCドライブしか表示されません。)

10%近くもリカバリーデータ領域に使われているとは知りませんでした。

OSが新しくなるたびにドンドン容量が増えて行く感じでしたが、今回はまたすごいことになっています。

ご相談をいただいたのは128GB SSD仕様でVAIO Duo 11をお買い上げの方だったんですが、128GB仕様だと14GB程度なんだそうです。SSDの容量によって割り当てられる容量が違うんですかね?

というか、このモデルを64GBのSSDで購入した場合、どうなっちゃっているんでしょう!?

256GBモデルで空き容量が155GBになっているので、ほぼなにもしていなくても100GBくらいは使ってしまっている計算!?(あ、違った、写真データを10GBくらい入れてました。)

よし、そのウチの24.3GBがダイエットできるなら、それは私もやってみましょう。

 

DSC00003.jpg

ということで、作業に入ります。まずはリカバリーデータを外に書き出すことをします。「VAIO Care(デスクトップアプリ)」を起動して「その他の機能」>「復元とリカバリー」を開いて「リカバリーメディアの作成」を選択。

DSC00004.jpg

指示に従ってリカバリーメディアを作成します。昔はディスクを使うしかなかったんですが昨年からはUSBのフラッシュメモリーを利用することも可能。ただ、USBフラッシュメモリーを使うときはちょっと注意が必要で、USB 3.0は使えません。

DSC00019.jpg

ソニーのポケットビットUSB3.0対応モデルを使って今回は書き出しをしたんですが、結果から言うと、ここからは追い出しリカバリーをすることができないんです。

リカバリーデータの書き出し自体はできるんですが、どうやらUSBメモリーからの起動に対応していないようでUSBメモリーを使われる場合は2.0規格のものを利用するようにしてくださいと、案内があるとおりでした。

DSC00005.jpg

当店のVAIO Duo 11では15.8GBのデータが必要となっていて、16GBのUSBメモリーでもギリギリセーフでリカバリーデータの書き出しに使う事はできました。

DSC00007.jpg

無事にこうしてリカバリーメディア作成はUSB 3.0規格のポケットビットでもできるんですが、USBメディアからの起動ができないので、この後の「リカバリー領域追い出しインストール」には使えません。USB2.0規格のポケットビットならUSBメモリーからの起動ができるはずなので、それも試したいんですけど、あいにく手元に16GB以上のUSB2.0規格のポケットビットがないので今回は試せません。

DSC00008.jpg

そんなわけで、仕方が無くDVD-Rと外付けDVDドライブを用意してリカバリーディスクを作成します。

DSC00009.jpg

一層のDVDの場合は4枚、2層DVDだと2枚で済むそうです。手元にあるのは層のDVD-Rだけなので4枚のディスクを使ってリカバリーメディアを作成。

VAIO Duo 11は内蔵DVDがありませんので、外付けDVDドライブを使っての作業になりました。

 

DSC00010.jpg

さて、次はリカバリーメディアからのリカバリー作業になります。ヘルプを見るとVAIO Duo 11についている「ASSIST」ボタンを使って起動して、それでリカバリーメディアを読み込ませる、と、あるのですが、はて? VAIO Duo 11に「ASSIST」ボタンなんてありましたっけ?

見た覚えがないんですが、取説を見てもとにかく「ASSIST」ボタンを使うように言っています。ファンクションキーとかではないみたいです。

DSC00011.jpg

で、探したらありました。背面に。

すごいところに「ASSIST」ボタンをつけたものです。ひっくり返して見つけたときは超嬉しかったです。

DSC00012.jpg

ということでVAIO Duo 11のASSISTボタンの位置はここです。VAIOをシャットダウンして電源が切れた状態でASSISTボタンを押すとリカバリー用のメニューが起動します。

DSC00013.jpg

これがそうです。「VAIO Care レスキューモード」になっています。つい、一番上にあるリカバリーの文字につられて一番上の項目を選んでしまいたくなるところですが、リカバリー領域追い出しインストールの場合は2段目にある「USBメモリーやディスクから起動」を選択します。

VAIOに内蔵されているリカバリー領域のデータを使ってリカバリーをすると、リカバリー領域を消すことができないので、ここで必ずUSBメモリーかDVDディスクから起動をさせます。

DSC00014.jpg

DVD-Rから起動するとこんなメニューが出ます。ここでは「トラブルシューティング」を選びます。

DSC00015.jpg

「PCを初期状態に戻す」とかを選びたくなりますが、ここは「リカバリーやメンテナンス」を選択します。

DSC00016.jpg

ここでの5つのメニューからの選択も難しいんですが「イメージでシステムを回復」が正解でした。

DSC00017.jpg

これでいつものリカバリーメンテナンスの画面が登場。ここでは「ツール」を選びます。

DSC00018.jpg

そして「リカバリーパーティションを削除」を選択。これが選択できない場合は起動方法を間違えている可能性があります。DVDやUSBメモリーから起動していればこれが選択できます。

DSC00019.jpg

ボタン一発で、あっという間にリカバリーパーティションを削除して、24.3GBの容量が一気に増えました。

DSC00020.jpg

その後リカバリーの種類を選ぶんですが、「お買い上げ時の設定でリカバリー」を選んでしまうと、またまた再度、リカバリー領域を作られてしまうので、ここでは「C:ドライブのみリカバリー」を選びます。

DSC00021.jpg

完成です。これであとはリカバリーインストールされるのを待つばかりです。

USBメモリーからのインストールだと早いんだと思いますが、DVD-Rからのリカバリーはやはりすごい時間がかかります。

これでリカバリーインストールが終われば作業は終了。空き容量が1割ほど多くなったWindows 8環境が手に入るというわけです。

【お詫びと訂正】

お客様からご指摘をいただいたのですが「リカバリーパーティション」の削除をするだけで自動でCドライブのパーティションサイズを変更してリカバリーインストールの必要無しにCドライブのサイズを大きくしてくれます。

リカバリーパーティション領域の削除の後はインストール作業の必要はありません。

お詫びして訂正いたします。

 

DSC00001.jpg

これが追い出しリカバリーした後の256GBのSSDの容量です。ディスクのサイズは236GBになって、空き容量は203GBになりました。まさか24GBもリカバリー領域に取られているとは思いませんでした。

あとは作成したDVD-Rのリカバリーディスクは絶対になくさないように大事に保管します。これがないとPCを初期化することができなくなります。リカバリーディスクを無くした場合もメーカーから購入することはできるんですが5,250円の有償での提供になりますのでご注意を。 

 

以上、毎度恒例「リカバリー領域追い出しインストール」のVAIO Duo 11編でした。ストレージメディアの容量に不安がある方は自己責任において行ってください。特にリカバリーメディアの作成に失敗してリカバリー作業をすると最初からメーカーさんのサポートを頼らなくてはいけなくなります。

十分にご注意の上、リカバリー作業を行ってください。(当店でもリカバリー作業の失敗についてはサポートができませんのでご了承ください。)

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア VAIO Duo 11のご購入はこちらから

DSC00005.jpg
★ソニーストア「VAIO with Windows 8 Debut!」スペシャルコンテンツ

☆当店blog 12.10.29「初級者向け『VAIO Duo 11』セッティングレポート」 
☆当店blog 12.10.24「VAIO Duo 11で使うアクションカムとムービーメーカー2011」
 

☆当店blog 12.10.23「製品版実機『VAIO Duo 11』開梱&セッティングレポート」 

☆当店blog 12.10.19「『VAIO Duo 11』オーナーメードレポート最新版」 
※当店経由でお買い上げいただいた皆様のオーダー内容を集計してレポートします。

☆当店blog 12.10.17「販売直前『VAIO Duo 11』オーナーメード研究レポート」 
※VAIO Duo 11のオーダーメード内容をひとつひとつご案内しています。オーダー前に是非、ご覧になってください。

☆当店blog 12.10.11「5分くらいでわかるWindows 8搭載『VAIO』店員レポート」
※ソニーさんで受けてきたWindows 8セミナーの話をそのまま掲載。これでWindows 8をすぐに操作することが出来るようになります!

☆当店blog 12.10.15「Winodws 8とnasneを使った自動バックアップ機能の話」 
※知っておきたいWindows 8を使う事の大きなメリット! Windows 8なら1時間に一度のタイミングでネットワークドライブにユーザーデータを自動バックアップできます!

☆当店blog 12.10.12「+5%オフクーポンが復活!ホームネットワークアシストプラン」 
※新しいソニーストアのサービスが発表になりました。Windows 8搭載マシンを購入するときにしか入会できないサービスで、半年に一度、AV商品の+5%オフクーポンがもらえます! 今後もサービスの充実が予想されます。入会されることを強くおすすめします。

 


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。