So-net無料ブログ作成

Windows 8搭載VAIO秋冬モデルの銀座ソニービルショールームレポート [┣ VAIO]

DSC00024.jpg

先週の金曜日から展示がスタートしているWindows 8搭載の新型VAIOのショールーム展示。CEATEC JAPANで10月1週目に初公開されていて、その1週間後にこうしてショールームでずらっと展示になっているのが不思議な気分ではあるんですが、ちょっと混雑をさけて平日の昼間、今日行ってきました。

Windows 8搭載VAIOの展示状況をレポートしたいと思います。

 

DSC00021.jpg

さて、気がついたのは前回銀座ソニーショールームに来たときだったので、ウォークマンのチェックで来たときかな? 銀座ソニービルショールームの前に見慣れない標識を見つけていたんです。

DSC00022.jpg

これです。これ。荷車禁止? きっと免許を取ったときに習っているとは思うんですが、大八車みたいなこの標識がなんなのか気になっていたんです。

今日、調べてみるために撮ってきたんですが、これは自転車以外の軽車両の通行止めで、18時から3時までの間はここは荷車、リアカーは通ってはいけないんだそうです。

そんな標識がわざわざあるんですね。普段、目にしない標識の話でした。

 

DSC00023.jpg

さて、いきなり話が脱線しましたが先週まではXperia Tabletの展示を行っていた1Fのイベントスペースが今日はVAIO展示に切り替わっていました。ずらっと5台並んでいるのはタッチパネル搭載モデルのVAIO達です。

DSC00025.jpg

1Fのスペースを時計回りに左から見ていくと、まずはデスクトップスタイルの「VAIO Tap 20」から。

DSC00026.jpg

先週金曜日から販売が始まった「VAIO Tap 20」なんですが、価格シミュレーションをしていて気になったのがこちら。外付けドライブというのがあって、BDだと+9,000円、DVDだと+4,000円というオプションがあったんですが、それなんだろう?と、思ったらこれでした。

DSC00027.jpg

これがVAIO Tap 20用の外付けドライブです。外付けのBDドライブが+9,000円って安くないですか? 見ればこれバスパワー駆動のUSB接続みたいだし、こんな薄いドライブがあるなら、欲しいぞ、というところなんですが、これ、他のモデルでも使えるんですかね?

ドライブの単体販売は行わないそうなので試せるのは「VAIO Tap 20」購入の方だけ。これとVAIO Pとか、VAIO Zとか持って歩くと簡易ドライブみたいに使えそうでいいなぁ。

というか20型の大型ボディなのに「VAIO Tap 20」って光学ドライブを内蔵していないんですね。それはそれですごい思い切りです。

DSC00028.jpg

Windows 8のメトロUIというスマートフォン風のタッチ画面ですが、ここにVAIOのオリジナルアプリが5つ入ると聞いています。展示モデルにはまだそういうのは入っていないみたいですが「VAIO Care」だけはもう用意が出来ているみたいです。

DSC00041.jpg

デスクトップスタイルで設置されたこちらのマシンはネットワークレコーダーの「nasne」との接続デモをしています。

これ、知らない人が使ったら絶対に内蔵しているテレビチューナーの映像を見ていると思うでしょうね。だってほとんど遅延無く表示されているんですから。

ちなみに今さら気がついたんですが「VAIO TV for nasne」のインターフェイスって、もしかしてWindows 8のアプリ風にデザインされていたのかも。先週受けたソニーさんのWindows 8セミナーのおかげで、Windows 8の各種アプリをいじらせてもらっていて、そのUIにすごく近いんだな、と、全画面表示されている「VAIO TV for nasne」を見て思いました。

思わずタッチパネル操作で「VAIO TV for nasne」を自分がいじっているんです。こうして目の前にマウスがあるのに。タッチパネル操作になじむのってそれほど時間を必要としないみたいです。

DSC00036.jpg

デスクトップスタイルに加えて、こうして横にした「テーブルトップスタイル」にできるのもVAIO Tap 20の特長です。

家族でこの画面を囲んでゲームをしたりする、とか言うのに使うのを想定しているみたいですが、どこかで早く開発されないですかねぇ。。。タッチパネル対応の人生ゲーム。

この形で私がやってみたいのは人生ゲームみたいなすごろくタイプのゲームなんですが、そういうのもアプリで開発されるのは時間の問題なんですかね? 有料ゲームでも良いので、これでやってみたいです。

DSC00037.jpg

さて、このVAIO Tap 20なんですが、今日気がついたのは画面の向きの自由度です。

↑この写真を見るとWindowsボタンが手前にあるし、左上にSONYのロゴがあるので、こちら側を画面が向いているのは自然に思えますよね。

なんですが。。。

DSC00038.jpg

こうして画面を向こう側に傾けてみると。。。

DSC00039.jpg

なんと、正面が向こうに行ってしまいました。なんと画面が逆さまになっているんです。

まぁ。本当にテーブルトップスタイルで使うならこれが出来ないと本体を回転させないといけないですからね。こういう単純な機構ではありますが、こういうのが出来ないと「出来そうで出来ないこと、不便、使いにくい」とか言う話になってしまうんでしょう。

真面目に商品を作っている気がします。

DSC00040.jpg

ちなみに縦方向に傾けると、画面は縦使いも可能。

超巨大スマートフォンみたいになりました。

 

ソニーストアでは現在販売開始中。79,800円~で11月3日のお届けで購入可能になっています。

DSC00022.jpg
★ソニーストア 新型テーブルトップPC「VAIO Tap 20」のご案内はこちらから

 

 

続いてはイベントスペースの中央に陣取り、明らかに主役扱いをされているのがこちら。

「VAIO Duo 11」です。

DSC00029.jpg

今までもディーラーコンベンション、CEATEC JAPANなどで触っているので、これで私にとっては3回目の接触になります。でも、今回が一番興奮しました。

というのも、1回目も2回目「Windows 8」の使い方がよくわからなくて、この「VAIO Duo 11」を手にしても何をすれば良いのかよくわからないんですよ。

DSC00030.jpg

結局、Windows 8のモダンUIに用意されているアプリをいくつかタッチパネルで触って、アプリのルールをいくつか覚えて、あー、こういうものなんだ。。。だけで終わってしまっていたんですが、今日は違います。

先週当店でもお届けしましたが、Windows 8の研修を受けてきていてそれのおかげで私もようやくWindows 8の操作をできるようになっています。

☆当店blog 12.10.11「5分くらいでわかるWindows 8搭載『VAIO』店員レポート」 

これのおかげでやっと「VAIO Duo 11」を操作できるようになった感じ。

今まで、クルマの免許を持っていないのにクルマを性能だけで語っている感じがしたもので、私も奥歯に物のはさまった様な言い方をしてしまっていましたが、これで本来のVAIO Duo 11の操作感を味わえるようになった気がします。

正直言いますが、使いやすい!

Windows 8の操作を本当によく考えたPCになっている気がしました。

CEATEC JAPANなどではサーフスライダーが立った状態の画面の角度が調節できず、そういうのが不自由に感じないかなぁ?とか、思っていたんですが、キーボードとタッチパネルを併用すると、これが絶妙な角度になっていることに、今さら気がついたりします。

「Windows 8には興味がなくて、VAIO Duo 11のハードウェアにだけ興味がある」なんて言わずに、これはやはりWindows 8の操作も覚えた方がよいというか、それでなくてはVAIO Duo 11がタッチパネルになっている意味がなくなりますからね。

DSC00031.jpg

モダンUIの画面を探してみると、一応、こんな風にVAIOを使いこなすためのガイドみたいなのが見つかったんですが「付属のガイドを見ながら使いこなそう」と、なっているので、残念ながらここでWindows 8の操作を学習しよう、ということはできません。

手前味噌で恐縮ですが、当店の5分でわかるWindows 8のblogエントリーをご覧いただき、超簡単な操作方法を覚えた上でVAIO Duo 11にタッチすることをおすすめします。

☆当店blog 12.10.11「5分くらいでわかるWindows 8搭載『VAIO』店員レポート」 

WindowsキーでモダンUIを呼び出すことができるということ。Windowsキー+「C」キーで「チャーム」という各種設定を呼び出す操作パネルが右から出てくるということ。Windowsキー+「D」キーで従来のデスクトップ画面が出てくること。そして、画面の左下へカーソルを移動して右クリック(もしくはWindowsキー+「X」キー)で、各種機能呼び出しができることを知れば、もう半分くらいの操作方法を覚えたことになると思います。

あとは超強力な検索機能の使い方を覚えてしまえば「知らないことを知る方法」が身につくのでもう無敵です。

検索機能はモダンUIのタイルが並んでいる画面で直接キー入力することで使えます。

DSC00033.jpg

ここでは「VAIO Duo 11」のポインターの動きがやたら速くて私には使いにくく感じるので、このスピードを遅くしたいと思います。

コントロールパネルを探してハードウェア設定からマウスを探すのではなくキーボードから「マウス 速度」と入力。

DSC00034.jpg

これで設定欄に5つの候補を見つけてくれました。一番上に「マウスポインターの表示または速度の変更」というのがあるので、それを選択します。

ちなみに「マウス」という単語だけでも11個まで候補を絞ってくれていました。

DSC00035.jpg

はい、これでマウスのプロパティが出てきました。ポインターの設定は速くはなくて、普通だったんですが、より遅くして。。。これで私には使いやすくなりました。

画面が11型とはいえ、これ解像度がフルHDになっています。広いんですよデスクトップが。なので、マウスの動きが早めになっているのも納得です。

文字がフルHD解像度のおかげで読みにくくないですか?というのもたまに聞かれるんですが、私はそれを感じたことはありません。Windows VistaからOSレベルで文字サイズを一気に変更することができるので、おそらく文字サイズが大き目に設定されて出荷されているんだと思います。

でも、VAIO Duo 11って、やっぱりフルHD解像度のディスプレイなんだ。。。と、感じられるのがこういうとき。

DSC00032.jpg

これはPlayMemories Homeを起動したところですが、写真表示をするとスゴイ鮮明というか、キメの細かい写真を見ることができます。

うーん。普通にこれフォトビューワーとして持ち歩きたい。。。というか、ここ2年ほど愛用しているVAIO Pに引導を渡すモバイルPCがついに出て来ちゃったかな。

DSC00023.jpg
★Windows 8搭載「VAIO Duo 11」発表! ソニーストアにて99,800円~

 

 

DSC00042.jpg

他にもタッチパネル搭載VAIOがずらっと並んでいます。こちらは今のところ、当店ではWindows 8搭載VAIOの中で一番オーダーが多い、VAIO Lシリーズです。意外なんですがVAIO Tap 20よりもこちらの24型VAIO Lシリーズの方が人気が高いんです。

なお、該当される方の数は少ないと思いますが、Windows 7搭載のVAIO LシリーズにWindows 8のプレビュー版をインストールして新しいOSをお試しになっている方もいらっしゃいますよね? 私たちも研修の時にはVAIO Lシリーズのタッチパネルモデルを使っていたんですが、このモデルだと画面のエッジ部分に別の機能を割り当てているので、このままWindows 8を入れて使うだけだと、ちゃんとエッジ部分の認識をしないんだそうです。

チャームの呼び出しとか、本当は画面の外、右側から画面内に指をスワイプさせると表示されるんですが、Win 7からのアップデートしたVAIO Lシリーズではそれが上手く働きません。Windows 8用のドライバーが公開されるとそういう動作は上手く行くようになると言われています。

そういえば、VAIO Duo 11とかVAIO Tap 20のタッチパネルですが、セミナーでいじったWindows 8プレビュー版よりも全然使いやすかったなぁ。。。

DSC00071.jpg
★ソニーストア 24型ボードPC「VAIO Lシリーズ」のご案内はこちらから
 

 

 

DSC00045.jpg

そして、こちらはVAIO Tシリーズの13型モデルです。タッチパネルモデルが新登場します。

DSC00043.jpg

VAIO Eシリーズの14型プレミアムモデルにもタッチパネルモデルが登場。

タッチパネルでなくても、普通にタッチパッドと、あとはショートカットキーさえ覚えればWindows 8を使いこなせるかな?とか、思っていたんですが、こうしてWindows 8の覚え立ての身でいろいろ操作してみると、タッチパネルの方が断然楽ですね。

DSC00044.jpg

まずは全体の操作を覚えるためにも一家に一台はタッチパネルモデルがあった方が良い様な気がしてきました。

Windows 8の操作のために新しいPCを買うのって変じゃない?とか、思われるかもしれませんが、実はうちではちょっとした危機感を感じていて、妻がずーっとスマートフォンではなく携帯電話を使い続けていて、そのままスマートフォンを操作しないと、世の中全体がタッチ操作が主役になってきているときに、それに乗り遅れるんじゃないか?

2000年頃のタッチパネルというと、単に画面をタップするだけの操作で、いわばマウスの左クリックだけしか操作ができない状態だったと思います。それが今ではタッチパネルの操作が進化してなぞったり、長押ししたり、ドラッグしたりと、タッチ操作自体が機能アップしてきているんですよね。

この機にこういう操作を覚えないと世の中から取り残されるかも!?とか、思って、妻にスマートフォンを買ってもらったりもしているんですが、スマートフォンを操作されない方には、このWindows 8搭載のVAIOタッチパネルモデルこそが、タッチ操作の入り口になるかもしれません。

見逃せないと思いますよ。タッチパネル搭載のVAIO。

DSC00021.jpg
★ソニーストア タッチパネル搭載のプレミアムモデル「VAIO Eシリーズ14P」

 

ということでVAIO見学は2Fまででいったん終了です。そのまま螺旋階段を上がっていきます。

DSC00047.jpg

デジタル一眼カメラのNEXシリーズの展示コーナーですが、さすがにまだ海外発表モデルのNEX-6、NEX-5Rの展示はありません。新開発の電動ズーム機能搭載の16-50mmレンズの展示もまだ。

日本国内での発売も年内に予定しているというアナウンスを聞いていますので、間もなく発表になるんだと思いますが、ここも間もなく注目です。

電動ズームレンズと言えば、そうそうNEX-VG30の展示もあります。新開発の高倍率電動ズームレンズが登場するんですが、そちらもまだレンズ交換の試用はしていないそうですのでご注意を。

DSC00048.jpg

フルサイズセンサー搭載のサイバーショット「DSC-RX1」の展示もまだそのままで、実機を触らせてもらうことはまだできません。

販売予定価格は25万円。ですが、35mm F2.0のフルサイズ対応のカールツァイス単焦点レンズと言ったら、それだけで通常は15万円くらいにはなるはず。そこに10万円でフルサイズカメラが用意できるかと言ったら、そんなことはなく最低でも15~20万円にはなるはず。

それが25万円で出るとはかなり安いんじゃないか?というような評価をいただくこともあるそうで、なんか当店でもお客様のお話を聞いているウチに、だんだん不安になってきました。

もしかしたら、このカメラもすごい争奪戦になるんじゃないかと。。。

DSC00049.jpg

DSC-RX1の作例集としてサンプル写真の展示もあります。まだ実機は触ることができませんが、ここも見所ありますよ。

DSC00001.jpg
★ソニーストア デジタルスチルカメラ「DSC-RX1」メール登録はこちらから

☆ソニー デジタルスチルカメラ「サイバーショットDSC-RX1」の仕様変更のお知らせ
☆ソニープレスリリース「世界初、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載のコンパクトデジタルスチルカメラ“サイバーショット”最上位機種を発売」

 

 

DSC00050.jpg

3Fまで登ってきました。ホームAVの展示スペースですが、ここの奥で今週の土曜日にイベントが開催されます。

デジタル一眼“α99”のスペシャルトークショーです。

DSC00051.jpg

10月26日(金)の発売日直前のこのタイミングで、今度はプロカメラマンの丸山 正則先生によるトークショーが開催されます。

予約不要で当日の自由参加。

DSC00052.jpg

サイバーショット「DSC-RX100」の時もこの会場でトークショーを開催しているので、あのときと同じようなイメージだとすると、ここに1回に入るのは20~25人くらい。DSCX-RX100の時は満杯で人があふれていて立ち見になって40人くらいにふくれあがっていたイメージなんですが、今回も多いでしょうね。

私も11時からの回を目指してお邪魔する予定なんですが、空いているのは夕方みたいです。なかなかお話を聞くことができない“α”のプロカメラマンのトークショー。貴重な機会ですので、ご都合のつく方は是非!

☆ソニー商品情報『“α99”スペシャルトークショー』のご案内はこちらから

 

DSC00053.jpg

それと、こちらはちょっとした情報です。

先週まではXperia Tabletの展示コーナーの奥に用意されていた3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T2」の体験コーナーなんですが、現在は引っ越しをしてホームAVコーナーの奥に2席用意されています。

タブレットコーナーを目指して、あれ?展示がなくなっちゃった、とがっかりされる前にホームAVコーナーをチェックしてみてください。

先週ソニーストアに追加入荷があったHMZ-T2。先週の受注時には10月30日お届け目安分のオーダーを受け付けていましたが、次は11月上旬~中旬お届け分が入荷しますかね? こちらの販売情報も入ってきましたら、すぐに当店blogでお知らせいたします。

SVZ02228.jpg
★ソニーストア 3Dヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T2」のご購入はこちらから

★ソニーストア「HMZ-T2」のスペシャルコンテンツはこちらから 

☆当店blog 12.9.28「ソニーストア『HMZ-T2』先行予約販売情報のまとめ」 
☆当店blog 12.9.11「3Dヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T2』国内向け発表!」 
☆当店blog 12.8.30「ソニーヨーロッパにて『HMZ-T2』発表」 

 

 

DSC00054.jpg

ということで、4FのVAIOコーナーに到着。こちらもWindows 8搭載モデルのVAIOがずらっと並んでいます。

DSC00055.jpg

4Fで展示されているモデルの中でもやはり一番気合の入っているのがVAIO Duo 11なんですが、むむむ? なんか、さっき1Fで見てきたモデルとは雰囲気が違いますよ。

DSC00056.jpg

よく見たら、これは英字配列キーボードです。なんか見た目に超スッキリ!

DSC00057.jpg

そして、こちらは日本語かな無しキーボードです。

VAIO Duo 11では英字配列キーボード、日本語配列かな無しキーボードへのアップグレードが今回は+0円なんです。

これは日本語配列かな無しキーボードを選ぶ方が超多いでしょうねぇ。数ある選択パーツの中でも絶対に最初になくなるのはこのパーツだと思います。

 

DSC00058.jpg

4Fに展示されているVAIO LシリーズのWindows 8モデルですが、こちらはキーボードウェアがついています。

キーボードウェアがつくと雰囲気が変わりますね。なんか未来のPCみたいになります。

DSC00059.jpg

こちらも14型プレミアムモデルのVAIO Eシリーズですが、シルバーモデルにバイオレットのツートンカラー「VGP-KBV6/V」を装着しています。

DSC00060.jpg

洋服のセンスのない私の場合、コーディネートに迷ったらお店にディスプレイされているマネキンに近い柄で揃えたりするんですが、こういうVAIOのコーディネートもそれに近いモノがあって、こうして銀座ソニービルショールームで展示されている組み合わせにしておけば間違いはないんですよね。

この色の組み合わせはいいなぁ、うちのお店でもまねしてみようかな。

DSC00061.jpg

「VAIO Tap 20」もこうしてライトピンクのキーボードウェアを装着すると雰囲気ががらっと変わります。

DSC00062.jpg

こちらは「ダークブルー」です。なんかパソコンではないみたいです。

DSC00063.jpg

ということで、4FのVAIO展示コーナーの紹介でした。こちらもWindows 8搭載モデルにすっかり衣替えしてしまっています。

お問い合わせが一番多いのはやはり今のところ「VAIO Duo 11」だそうです。木曜日の先行予約販売開始まであと2日。盛り上がりそうですね。

DSC00002.jpg
★Windows 8搭載「VAIO Duo 11」発表! ソニーストアにて99,800円~

 

 

DSC00064.jpg

8Fのオーパスでは現在4K映像のテーマ展示をおこなっていて、4台のPS3を使った4Kグランツーリスモの体験会も開催しています。

今、銀座ソニービルショールームへ足を運んだら、こちらも体験してこないともったいないですよ。

DSC00001.jpg
☆銀座ソニービルショールーム「DRAMATIC 4K EXPERIENCE」開催中

 

DSC00065.jpg

と、言うことでWindows 8搭載のVAIO旋風が吹き荒れる銀座ソニービルショールームでした。

是非、Windows 8の下調べをしてからお出かけになることをおすすめします。予備知識は当店blogの過去記事をご覧いただくだけでもだいぶ違うと思います!

 

DSC00037.jpg
★ソニーストア Windows 8搭載のVAIO秋冬モデルのご案内はこちらから

☆当店blog 12.10.11「5分くらいでわかるWindows 8搭載『VAIO』店員レポート」

☆当店blog 12.10.15「Winodws 8とnasneを使った自動バックアップ機能の話」 
☆当店blog 12.10.12「VAIO Duo 11の価格表」 

 


nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 16

コメント 2

K

おじゃまします

今夜は突然お邪魔して、VAIO等についての相談に
乗っていただき、ありがとうございましたm(_ _)m。

おかげさまで、いろいろとあった懸案事項もすっきり解決して、
帰宅することが出来ました^^。

Windows8についても、いろいろと教えていただき、
ありがとうございました。私自身勉強しなければ
ならないことはいっぱいありますが、おかげで
ほとんど抵抗無く「7」から移行できそうですm(_ _)m。
by K (2012-10-16 23:19) 

店員佐藤

♪Kさん、こんにちは。
本日はご来店ありがとうございます。

こちらこそ、Windows 8のご案内をする
練習台になっていただいた感じになってしまい
不慣れな案内ですみませんでした。

私もまだタイル画面の操作については十分な
案内が出来ずにいますので、まだまだ勉強です。

でも、まもなく製品版が登場しますし、それを
使いながら特訓です。楽しい技が見つかりましたら
是非、私にも教えてくださいませ。
by 店員佐藤 (2012-10-16 23:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。