So-net無料ブログ作成

アクションカム『HDR-AS15』でベランダのお天気インターバル撮影 [┣ ハンディカム]

DSC00001.jpg

新発売のアクションカムを使っての撮影実験です。まずは自宅のベランダから日没と日の出シーンのインターバル撮影。

HDR-AS15が来たら最初にやってみたかったことを実験してみました。

 

DSC00002.jpg

本来は自転車につかうはずのハンドルバーマウントを物干し竿に使ってみるというアイデアなんですが、まずはこれで実験。

実際に使ってみると気づく事って結構多くて、HDR-AS15をセットアップしている段階ではやたらと大きな電子音で操作サウンドが鳴るし、インターバル撮影のときも1枚写真を撮るごとに「バシャッ」と大きな音が鳴ります。

盗撮防止のための処置なんでしょうけど、この音を消すことができないので撮影するときにちょっと目立つな、とか思っていたんですが、ウォータープルーフケースに入れて使ってみると、電子音はかなり小さくなって、静かなところでないと聞こえないくらいのレベルになります。

なるほど、これくらいだったら良いかな。

DSC00003.jpg

Wi-Fi機能を使ってXperiaにインストールしておいたPlayMemories Mobileからアクセスして、画角をチェック。

インターバル撮影の場合、セッティング変更はなにもできなくて、インターバル撮影の間隔とかはウォータープルーフケースに入れる前にやっておかないと変更ができないことも発覚。

また、電池を食うというWi-Fi接続ですが、画角の調整のためには絶対に必要で、その状態でセッティングをして、あとからWi-Fiのスイッチを切ることができません。

なので、結果、Wi-Fiはどうしてもスイッチを入れ続けておくことになるのも新発見。このあたり、スマートフォンアプリのバージョンアップとかでどうにかならないかなぁ。。。と、期待。

DSC00004.jpg

Wi-Fi接続の具合は非常に良くて、撮影中もこうしてモニターしておくことができます。

部屋の中からでも窓越しにカメラの様子がわかるので、電池が切れてないかな?などのチェックもたびたびスマートフォンで行うことができました。

DSC00005.jpg

まず最初の撮影はインターバル撮影で30秒に1枚の撮影。15時50分から撮って17時54分までの約2時間の撮影をしてみました。撮影枚数は249枚です。

バッテリーはマークを見るとまだ半分残っていることになっていますが、本当のところは半分も残量はあるのかなぁ。。。最長撮影時間は約3時間となっていて、Wi-Fi機能はオフにしての撮影なんだと思うんです。インターバル撮影って結構長時間撮れるのかも。

ということで、インターバル撮影した動画ですが、つなぎ合わせてみたものがこちらになります。

なんか、すごく嬉しいのは私だけでしょうか。自分の家のベランダからの風景だから感動しているのか、雲の動きがすごく複雑。あと夕暮れから太陽が沈んでしまうまでって一瞬なんですね。

インターバル撮影のタイミングは当初5秒間隔になっていたんですが、適当に大体30秒くらいかな?と伸ばしてみたんですが、もっと間隔を詰めてしまったほうが良さそうですね。雲の動きがかなり速く感じられます。

実際の見た目には風もなく穏やかな空だったのに、90倍速くらいで見るとこんな感じになってしまうようです。

 

あ、それともうひとつ。撮影を終了してカメラを取り出すときにウォータープルーフケースの中の温度がやや暖かかったです。

動作温度が0~40度で、保存温度が-20~60度となっています。動作環境が10度以下の場合はバッテリーの持続時間が短くなるという案内になっていましたが、最初にバッテリーが放電を初めてくれると自分で熱をもってくれるので、10度以下の場合でも風さえなければすぐに10度くらいまで持ち上げてくれて、バッテリー性能をもたしてくれるかも。

 

さて、翌朝ももう一度挑戦です。今度はインターバルの撮影間隔を60秒から10秒に詰めて撮影しようとセッティングしたつもりだったんですが、どうやらオートパワーオフの時間を60秒から10秒に短くしてしまったみたいで、結果的に撮影した写真はまた30秒ごとだった、という結果になっています。残念。

ま、それでも今度は電池が切れるまで撮影してみました。

DSC00006.jpg

撮影開始は5時20分。まだこんなに真っ暗な状態からの撮影なんですが、あとで写真を見たら、この時間でもかなり明るく撮れていました。

DSC00007.jpg

ちなみに撮影開始時にはトラブルもあって、自分では満タン充電にしてウォータープルーフケースに入れて、翌朝に備えておいたつもりだったんですが、どうやらウォータープルーフケースに入れる際にSETUP画面かなにかにしたまんまだったみたいで、三脚に固定してみたら電池残量がなくて電源が入らなかったんです。

急遽、サイバーショットDSC-RX100のバッテリーを入れ直したので、事なきを得たんですが、実際にこれをどこか旅先に持って行って、旅館の窓からの景色を定点撮影するんだ、とかするのなら、こういう事故が起こると超悲しくなります。

予備バッテリー、これは必要ですね。モニター機能が少ない分、思い知りました。自宅での実験をしておいてよかったです。

DSC00008.jpg

物干し竿作戦ではなく、今度はしっかりと三脚を使ったのには理由もあって、物干し竿になにか干してあると軸が固定されていてぶれないんですが、なにも干してないと以外とくるくると回りやすいことを発見。

風があるとだめそうだったので、今度は三脚を用意してみました。

DSC00009.jpg

30秒インターバル。120度の手ぶれ補正入りでWi-Fi機能もオン。この状態で5時20分から8時7分まで撮影ができました。時間にして2時間47分、撮影枚数は335枚です。

もうちょっと撮れそうなものですが、Wi-Fi機能をオンにしたままだとこんなモノですかね。

DSC00010.jpg

撮影した写真ですが、Windows 7に付属のムービーメーカーで動画にすることができます。モデルによってはプリインストールされていない場合もあるんですが、そういうときはMicrosoftさんのサイトでムービーメーカーを検索してダウンロード&インストールしてみてください。

これで全部の写真を読み込んだ後に写真をCtrlキー+Aキーで全選択します。

DSC00011.jpg

その後、ビデオツールタブを開いて再生時間をキー入力で「0.03」にすると写真1枚が動画の1フレームになってつなげてくれます。

あとは動画を出力して保存するだけ。

私はAdobe Premiere Elementsを使っていますが、それでできあがった動画がこちらです。

真っ暗な中で録画スタートしたつもりが結構明るいので、もうちょっと早起きして撮影開始をしないといけないみたいです。明日の朝にももう一度挑戦してみようかな。

しかし雲がかなり複雑な動きをしています。ウチは武蔵野台地の縁にあるので、ちょっと行くと高低差があるという場所なんです。

それで空気の流れがやや乱れるとかあるんですかね? なんかおもしろいんですけど。

 

でも、こんなのをおもしろがっているのはきっと私だけ。自宅のベランダの風景なんて誰も興味を持ちませんよね。それはそうです。

で、私もこれはあくまでも実験。本当にやりたいのは。。。

DSC00012.jpg

こんな風にミニ三脚を用意しておいて、旅先や、特に山に登ったときにより複雑な山の天候をこれで定点撮影してみたいんです。

JOBY ゴリラポッド ハイブリッド GP2B GP2-B1AP

JOBY ゴリラポッド ハイブリッド GP2B GP2-B1AP

  • 出版社/メーカー: JOBY
  • メディア: エレクトロニクス

こんな定点撮影とかって、今まで高い機材なりバッテリーを大量に用意しないとできなかったと思うんですが、これなら29,800円のHDR-AS15本体に三脚代だけで機材がそろうんです。

DSC00013.jpg

どこか、泊まりで出かけるときはミニ三脚とHDR-AS15、忘れずに持って行きたいと思います。あ、そうそう、予備のバッテリーも絶対に必須ですね。

 

【追記】

DSC00001.jpg

月曜日の朝、もう一度挑戦してみました。今度はインターバルタイムを5秒にしてWiFi機能をオフでの長時間撮影に挑戦。天気も良かったのでとても綺麗な空が撮影出来たんですが。。。WiFi機能をオフにしてモニターできない状態で画角を決めているので、斜めになってしまいました。(>_<)

それでも、今までで一番なめらかなインターバル撮影ができているので、是非ご覧になってみてください。やや長めの1分くらいの動画になっています。

これで3パターンの撮影を試してみたんですが、インターバル撮影の間隔は短めの方が良いみたいですね。見比べてみていただくとおわかりの通りで映像のなめらかさが3回目のものだけすごく良くなっています。

 

【さらに追記】

おもしろくて月曜日の夕方にもまたやってしまいました。今度は会社の窓から見える新橋の夕景です。 インターバルは10秒です。窓に映る雲の流れがおもしろいんです。

 

撮影データをまとめると下記の通りとなります。

  1回目の
 夕暮れ
 2回目の
 日の出
 3回目の
 日の出
 4回目の
 夕暮れ
 インターバル
 設定
 30秒 30秒 5秒 10秒
 画角 120度 120度 120度 120度
 手ぶれ補正 OFF ON ON ON
 Wi-Fi ON ON OFF ON
 撮影枚数 249枚 335枚 2179枚 962枚
 撮影データ 135MB 178MB 1.19GB 632MB
 撮影時間 2時間4分 2時間47分 3時間1分 2時間40分
 バッテリー
 残量
 約半分 ゼロ ゼロ ゼロ

初めてのインターバル撮影なので、こうして何回かテストを繰り返して自分のスタイルを見つけて行かないといけないんですが、あまりインターバル間隔は開けない方がよいみたいです。

どうやら撮影枚数、インターバル間隔よりもWi-Fi機能を使っているかどうかの方がバッテリー消費に与える影響は大きいみたいなので、どうせ撮影するならリッチにインターバル間隔を短くした方が良いできになりそうです。

またやってみます!

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア デジタルHDビデオカメラ「HDR-AS15」のご案内はこちらから

☆当店blog 12.10.12「アクションカム『HDR-AS15』開梱レポート」 
☆当店blog 12.10.11「ハンドルバーマウント『VCT-HM1』開梱レポート」 
☆当店blog 12.10.10「アクションカム『HDR-AS15』の当店オーダーレポート」 
☆当店blog 12.10.10「アクションカム『HDR-AS15』先行予約販売開始!」 

☆当店blog 12.10.9「アクションカム『HDR-AS15』のアクセサリー購入完全ガイド」
 
☆当店blog 12.10.9「アクションカム『HDR-AS15』の購入前 店員レポート」  

 


nice!(16)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 16

コメント 20

sss

雲の動きの動画、いいですね。
「HDR-AS15」欲しくなっちゃいました。
by sss (2012-10-14 23:55) 

店員佐藤

♪sssさん、こんにちは。
こういう撮影もHDR-AS15の得意技のひとつです。
アクションシーンばかりではなく、定点撮影にも安心です。

是非、ご検討くださいませ!
by 店員佐藤 (2012-10-15 00:15) 

k-tune

昨日の朝は、同じことをしていました(笑)
TwitterのTLを探して見てください。
私は、画角170度、5秒のインターバルで30分くらい撮影したものをまとめました。
それから、スタミナテストもしましたが、5秒のインターバル、Wi-Fionでも2時間半くらいでした。
やはり、予備バッテリーは必須ですね!
色々とやりたいことが浮かんでいるので毎週末が楽しみです。
by k-tune (2012-10-15 08:16) 

店員佐藤

♪k-tuneさん、こんにちは。
HDR-AS15のお買い上げとコメントありがとうございます。

Youtubeの動画、拝見させていただきました。
いやぁ、楽しいですね!! 雲の動き!!
刻々と変わっていく風の向きが見えるのが楽しいです。
こうして普段見えないモノがみえるというのはカメラ
撮影の楽しさかも。

自転車撮影のテストも拝見しました。私も来週以降
挑戦してみます。
by 店員佐藤 (2012-10-15 12:24) 

鹿男

雲の流れとかがきれいに撮れていて良いですね♪( ´θ`)ノ
すごく真似したくなりました(笑)
自分はカメラの静止画派ですが動画もいいですね♪
by 鹿男 (2012-10-15 16:39) 

羽原

雲の動きすごいです!
高度によって風の向きが違っているのがよくわかりますね。

以前はハンディカムにもインターバル撮影は搭載されていたのですが・・・。
復活してほしい機能の一つです。
by 羽原 (2012-10-15 19:31) 

sugipy

インターバル撮影おもしろいですね。
自宅からの風景も違った感じに見えるんじゃないですかね?

この間TVで富士山の夜景~夜明けまでのインターバル撮影をやっていました。とても神秘的な素晴しい光景でした。

みなさんいろいろと考えていらっしゃるんですね。
by sugipy (2012-10-15 21:24) 

DAI

よくネイチャーもののドキュメンタリーでこのような映像をみてきましたが、
てっきり動画を早回ししているのかと思ってました(^^ゞ

インターバル撮影で定点撮影すると、静止画を繋ぐだけでも面白い
動画になるのですネ!昆虫の脱皮とか、植物の成長とかも
撮影してみると面白いかも・・・。

これまでHDR-AS15は、テレビでタレントがアクション時に
よくつけて撮影しているGoPro(ゴープロ)のようなモノかと
思っていましたが、色々と活用できそうですネ(^_^)/~
by DAI (2012-10-16 23:17) 

店員佐藤

♪鹿男さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

厳密にはこれも静止画撮影をしていてそれをつなげて
動画にしています。ある程度雲が出ていないとこういう
のは撮ってもおもしろくないみたいなんですが、たまたま
先週末は良い感じの空だったようです。

これで山に風景撮影しに行ったときに
傍らでインターバル撮影して、お土産画像を
ちょっと増やす、なんてことができたらいいなぁ、
とか思っています。
by 店員佐藤 (2012-10-16 23:39) 

店員佐藤

♪羽原さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうなんです。ハンディカムに昔というか本当に
一時期だけですがインターバル撮影機能がついて
いたことがあります。DCR-PC5とかDSC-PC100
くらいだったですかね。

型番的にはHDR-AS15もハンディカムファミリーと
いえなくもないので、是非、これで復活したことに
させてください。(^^)/
by 店員佐藤 (2012-10-16 23:41) 

店員佐藤

♪sugipyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

これであとは初日の出を撮ってみたり
台風が来るなどの特別な時に撮って
みたいと思います。

あとはやはり富士山を始め、有名建造物などの
風景を入れてのインターバル撮影に挑戦を
したくなりますね。新しい表現手法の一つが
手に入った感じですごく楽しいです。
by 店員佐藤 (2012-10-16 23:44) 

店員佐藤

♪DAIさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

GoProの様なアクションシーンも撮ってみたいんですが
なかなか一般市民にスペシャルな動きの動画は撮れません。
それよりはこういう日常にある特別な風景を撮ってみる方が
安全で楽しいかもしれません。

ドライブ撮影やサイクリングシーンも試してみたいです。
by 店員佐藤 (2012-10-16 23:46) 

八雲の隠居

 インターバル撮影写真をつなぎ合わせてこんな動画をつくれるなんて知りませんでした、うれしい誤算です。私もソフトを買って挑戦してみたいと思っています。でも、画角を調整してケースを固定してから一旦AS-15を取り出してWi-Fiを切る事は難しいのでしょうか?
 この夏私もDSC-RX100を購入したのでAS15とバッテリーを共有できるぞと喜んでおりましたが、実はAS-15には【NP-BX1】だけでなく【NP-BG1】用のバッテリートレイが用意されておりました。RX100は9年物のDSC-N2の後継用に導入したものですが、このN2のバッテリーが【NP-BG1】だったので期せずして予備バッテリーが3個も手に入りました。これもうれしい誤算でした。BX1はRX100用にしてAS-15にはBG1を使おうと思ってます(X用トレイを持ち歩くと無くしてしまいそうだからです)40年来のSONY教信者の私にも「SONYもなかなか話せるようになったじゃないか」と思わせてくれる気遣いでしたね。
by 八雲の隠居 (2012-10-21 00:42) 

店員佐藤

♪八雲の隠居さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

インターバル撮影の動画化ですが高額なソフトウェア購入を
しなくてもWindows 7をお使いなら「ムービーメーカー」という
無料ソフトで編集ができます。

バッテリーの共用化はありがたいですよね。特にこうして
インターバル撮影をすると、いっぺんにバッテリーを空にして
しまうので、予備バッテリーがどうしても必要になります。

私ももう1本、BX1が欲しいなぁ。。。と、思っていたんですが
そうでした、私もGタイプバッテリーを持っていたのを思い
だしました。

それ、使ってみます!
by 店員佐藤 (2012-10-21 01:34) 

八雲の隠居

わっ!そうなんですか、ムービーメーカーという無料ソフトが有るなんて知らなかった!って  あれれ・・・(すみません、きちんと読んでなかったんですね、ちゃんと使い方まで詳しく書いてありました・・・) こんなエキサイトな動画を作れるなら多少の出費は構わないと思っていたのが恥ずかしい。

早速試して見ますね!
by 八雲の隠居 (2012-10-22 00:24) 

店員佐藤

♪八雲の隠居さん、こんにちは。
Windows ムービーメーカーはお使いのモデルに
よっては最初から入っている場合もあります。
私も最初は使い方がよくわからなかったんですが
慣れてみると一番楽で、Adobe Premiereよりも
レンダリング速度も速く重宝してます。

是非、お試しになってみてください。
by 店員佐藤 (2012-10-23 18:27) 

Quick_1959

初めまして、インターバル撮影に興味があってここに伺いました。
普段はビクターのビデオでタイムラプス撮影してます。
HDR-AS15は、画角が広いのと、ウォータープルーフが魅力ですね。
3時間撮れたら充分楽しめそうです。

質問です。120°というのは本当にその角度で撮れるんでしょうか?
170°だとほぼ空が端から端までという認識でよろしいですか?

それと、有効画素数 1190万画素で記録画素数が200万画素というのがわかりません。
教えて頂けると助かります。
by Quick_1959 (2012-11-05 23:11) 

店員佐藤

♪Quick_1959さん、こんにちは。
画角の120度とか、170度を正確にはかる方法が
わからないのですが、おそらく、この手のモノは
画面の対角で120度とか170度になっているんだと
思います。

170度画角で撮影した空の風景も撮ってみました。
http://youtu.be/u7dSvyVzPuY

このカメラの記録はフルHD動画、もしくは静止画も
フルハイビジョン相当の1920×1080ドットになります。
なので記録画素数は約200万画素相当になります。

撮影に使っているセンサーは1680万画素の4:3サイズの
センサーをつかっていて、16:9撮影の際は1190万画素
相当を利用しているということだと思います。記録時には
リサイズされて200万画素相当になります。静止画記録で
多画素が利用できないのは意外ですね。
by 店員佐藤 (2012-11-06 15:07) 

Quick_1959

しょうもない質問にご丁寧にお答え頂いてありがとうございます。

すっかり欲しくなりました。
しばらくしたら安くなるかな?それほどメジャーなカメラじゃないので無理かな?
冬のボーナス第一候補です。
by Quick_1959 (2012-11-06 22:22) 

店員佐藤

♪Quick_1959さん、こんにちは。
これからドンドン夕焼けが綺麗になっていきますし
撮影機会を増やすためにも早めに購入されて
みては!?

ご検討のほど、よろしくお願いします。
by 店員佐藤 (2012-11-07 20:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。