So-net無料ブログ作成

アクションカム『HDR-AS15』のアクセサリー購入完全ガイド [┣ ハンディカム]

DSC00001.jpg

明日の11時からソニーストアで先行予約販売がスタートするアクションカム「HDR-AS15」ですが、今日、日中にご来店いただいたお客様からHDR-AS15のアクセサリー購入についてのご相談をいただきました。

そうでした。HDR-AS15ですがいきなりたくさんのアタッチメントが発売されるんですが、どれを一緒に購入すれば良いのか、ちょっと悩みますよね。しかも発売時期がずれているモノもあって、間違って、発売日の遅いモノを本体と一緒に購入してしまうと大変なことに?なってしまう可能性もあります。

販売店ルートではすでに入荷日未定のアクセサリーも出てきますので、それらの在庫予想の話も交えながら、明日のHDR-AS15のアクセサリーオーダーの購入ガイドをお送りしたいと思います。

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア アクションカム関連商品のご案内はこちらから

今回のご相談はHDR-AS15を明日の11時でオーダーしようと思うんですけど、アクセサリーとかどれを買えばいいですか? なにか情報はないですか?というもの。

必要に応じてお選びください。。。としか言いようがないんですが、よく見てみると、ちょっと注意点が必要なアクセサリーが多いのと、それと発売日が3つの期間に分かれていたりします。さらに販売店ルートではすでに在庫がないものがあり、これはおそらくソニーストアさんでも品薄のはずなので、早めにオーダーをしないと手に入らないかも。。。というケースも考えられます。

まとめてご案内します。

 

DSC00002.jpg

さて、まずはHDR-AS15なんですが、このいかにも別売りに見えるウォータープルーフケースなんですが、これ、HDR-AS15本体に付属します。別途買わなくても手に入るんです。

DSC00002.jpg

さらに付属接着式マウントという、底面が丸いモノと平面のモノと2枚のマウントが付属するのと、それに装着するレールも付属します。

お笑い芸人さんが川下りをさせられるときにヘルメットに装着する基本部品はすべてセットになっているんです。なので、これらのケースなどが1セット欲しかった、という方は追加でアクセサリーを購入しなくても大丈夫です。

HDR-AS15の本体だけ購入すれば大丈夫です。予定販売価格は3万円前後となっています。この秋からストアメンバークーポンでカメラ製品(“α”、サイバーショット、ハンディカム)は5%オフになっていて、このアクションカムはサイバーショットでもハンディカムでもないから10%オフになるのか!?というところですが、型番的には「HDR-」とついているのでハンディカムの仲間でしょうね。

クーポン利用は5%オフになると思っていていいと思います。その代わりアクセサリー製品は10%オフです。アクセサリー製品を張り切って買ってみましょう!(もしかしたら同時購入アクセサリーにはソニーポイント特典とかつくかもしれませんし。)

 

 

DSC00002.jpg
★ソニーストア チルトアダプター「VCT-TA1」のご案内はこちらから

※希望小売価格3,150円 11月下旬発売予定

まずはチルトアダプターです。こちらはウォータープルーフケースと接着マウントの間に装着してカメラの角度を調整するアダプターになります。

DSC00007.jpg

ヘルメットの接着位置が一発で上手く決まればよいのですが、角度がうまくいかないときにはこれを使ってカメラの画角を調整することになります。

あいにくこちらの製品は11月下旬発売予定となっています。おそらく明日は予約販売をしないと思いますが、もしも一緒に購入できるようになっていたらご注意ください。HDR-AS15と一緒に購入すると11月下旬まで本体が届かなくなります。

 

 

DSC00003.jpg
★ソニーストア 接着式マウント「VCT-AM1」のご案内はこちらから

※同時発売予定 希望小売価格2,625円

こちらは本体同梱品と同等のものになります。平面用と曲面用のマウントがそれぞれ2個ずつ入っているので合計4個のマウントが手に入ります。黄色いバックルは1個が付属。

予備のマウントが欲しい方は一緒にご購入ください。 

 

 

DSC00004.jpg
★ソニーストア ヘッドバンドマウント「BLT-HB1」のご案内はこちらから

※同時発売予定 希望小売価格3,150円

ヘッドバンドマウントは2種類あります。こちらは軽装備のものでウォータープルーフケースを利用できないモノになります。雨や水などで濡れる心配のないシーンで使うためのバンドです。

DSC00005.jpg

トレッキングで使えたり、地上のスポーツであれば、これでOK。

ちなみに販売店ルートですでに入荷未定になっているのはこのヘッドバンドマウントです。これが当店の仕入れルートでは入荷未定になっていました。出荷数が少ない可能性があります。明日、ソニーストアでオーダー開始になってから、早めの時間になくなる可能性があるので、ヘッドバンドの購入予定者はより、気合を入れて11時をお待ちになった方が良いかもしれません。(※ソニーストアと販売店の在庫はかならずしもリンクしているわけではないので、もしかしたら他のアクセサリーの方が早く入荷未定になるかもしれませんが、その点はご了承ください。あくまでも当店の独自の判断で予想をしています。)

 

 

DSC00005.jpg
★ソニーストア ウォータープルーフヘッドマウントキット「VCT-GM1」のご案内はこちらから

※同時発売予定 希望小売価格3,675円

こちらがウォータープルーフケースを利用できるヘビーな方のヘッドバンドマウントになります。

DSC00004.jpg

ダイビングやスキーなどの過酷な状況で撮影するときに利用するヘッドバンドです。こちらも販売店ルートではすでに在庫切れになっています。

ご購入を予定されている方は明日、お早めにどうぞ。

 

 

DSC00006.jpg
★ソニーストア ハンドルバーマウント「VCT-HM1」のご案内はこちら

※同時発売予定 希望小売価格3,150円

こちらは自転車に装着するためのアタッチメントになっています。利用する際はHDR-AS15に付属のウォータープルーフケースが必要になります。

DSC00003.jpg

おそらくハドルバーのマウント部分はナブユーのものと同じようなパーツを使っているんだと思いますが、ハンドルにゴムのマウントを巻き付けて、それから固定します。ハンドルの太さに合わせて3種類のクッションが用意されているので、これでたいていの自転車であればマウントが装着できると思います。

これつけて、景色の良いところをサイクリングして映像に残してみたいですね。120度の手ぶれ補正撮影で行くか、170度の超広角撮影で行くか、早く試してみたいです!

 

 

DSC00007.jpg
★ソニーストア ウォータープルーフケース「SPK-AS1」のご案内はこちらから

※同時発売予定 希望小売価格5,250円

繰り返しになりますが、これは同梱品と同じものになります。予備のウォータープルーフケースになります。価格を見るとこれが5,250円となっています。HDR-AS15の本体価格が3万円なので、そのうちの5,000円くらいはウォータープルーフケース代なんですね。

ということは接着式マウントの価格も引くと、なんとカメラ本体は2万円ちょっと。。。やす~。 

 

 

DSC00009.jpg
★ソニーストア 交換ドアパック「AKA-RD1」のご案内はこちらから

※11月下旬発売予定 希望小売価格5,775円

こちらはおそらく明日は発売にならないと思います。発売日がまだ遅くなるアクセサリーでウォータープルーフケースのオプションパーツになります。

DSC00006.jpg

ウォータープルーフケースのドア部分を交換して、音の収録を高める(代わりに水深10mまでと潜水性能が劣ります)か、水中での画のボケ対策が施された特殊ドアに交換可能です。

こちらのパーツはまた後日、お買い求めください。

 

 

DSC00010.jpg
★ソニーストア 曇り止めシート「AKA-AF1」のご案内はこちらから

※11月下旬発売予定 希望小売価格2,100円

温度差によりウォータープルーフケース内に曇りが生じてしまうのを防ぐためのアクセサリーです。 

DSC00008.jpg

ケース内に一緒に入れておくことで曇りを防止します。使用後にシートを自然乾燥させることで200回まで使用することが可能。2枚入りなので、これひとつでほぼ製品寿命がくるまで使い続けることが出来そう?ですね。

明日は発売にならないと思います。ご注意ください。

 

 

DSC00008.jpg
★ソニーストア グリップスタイルLCDユニット「AKA-LU1」のご案内はこちらから

※2013年1月中旬発売予定 希望小売価格10,500円

こちらは来年発売のアクセサリーです。銀座ソニービルショールームでも、CEATEC JAPANでも展示を見ることはできなかったので、これだけはまだ実物を見ていません。スマートフォンをお使いでない方はこれがないとモニタリングができないので、スマートフォンをお使いでない方は、これの発売をお待ちになった方が良いかもしれませんね。

 

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア 予備バッテリー「NP-BX1」のご案内はこちらから

こちらはすでに発売されているサイバーショット用のバッテリーパックです。HDR-AS15もサイバーショットのバッテリーを使い、紹介しているXタイプのバッテリーとGバッテリーの2つのタイプが利用できます。

ですが、Xバッテリーが5,380円。Gバッテリーが5,292円で、電力容量がGタイプバッテリーはXタイプの75%程度しかありません。Gバッテリーを選ぶ必要はまったくありません。すでにGバッテリーをお持ちの方はそれも使えますが、HDR-AS15用に予備バッテリーを用意するならNP-BX1をお買い求めになった方が良いと思います。

ちなみに、今まではDSC-RX100にしか使われていないバッテリーなので、それほど供給量が多いバッテリーではありません。もしかするとHDR-AS15の大ブレイクがあると、一気に市場から消えてしまう可能性もあるので、今日のウチに買っておいた方が良いかも!?

 

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア バッテリーチャージャー「BC-TRX」のご案内はこちらから

HDR-AS15はバッテリーを本体に入れてUSB充電します。Xタイプバッテリーで満充電まで245分かかり、また本体で撮影しながらのUSB同時充電はできません。ですので旅に持って行ってこれをメインのカメラに使おう、という場合は絶対に充電器が必要になると思います。

今のところ、Xタイプバッテリーに正式対応しているチャージャーはこの「BC-TRX」のみとなります。

 

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア フロートストラップ「STP-FSA」のご案内はこちらから

これもサイバーショット用のアクセサリーになります。HDR-AS15をビーチカメラとして使うようであれば、こんなアクセサリーがあると良いかも。なんせ手の中サイズの超小型ビデオカメラなので実際に海で使うとなるとなんか無くしそうですからね。

こういうのは季節モノなので、秋から冬を迎えるこの時期にはあまり売れないんですけど、製品が無くなるときはあっという間なので、必要!と、思えたら一緒にご購入をどうぞ。

 

 

DSC00002.jpg
★ソニーストア メモリースティックマイクロのご案内はこちらから

DSC00001.jpg
★ソニーストア microSDカードのご案内はこちらから

HDR-AS15に利用できるメモリーカードはメモリースティック・マイクロと、microSDの2種類になります。ソニーファンとしてはメモリースティックをおすすめしたいところなんですが、価格の差がすごいことになっていて、どうせ買うなら32GBのmicroSDを購入されるしか無いんじゃないかと。。。

なんせ16GBのメモリースティック・マイクロより、32GBのmicroSDの方が安いので。。。

 メモリー容量 8GB 16GB 32GB
 HQモード録画時間 約60分 約125分 約250分

最高画質のフルHD記録でメモリーカードへの記録時間は上記の通りとなります。HDR-AS15にはメモリーカードはついていませんので、一緒にメモリーカードのご購入も忘れずに。

 

さて、明日はいよいよ、HDR-AS15のソニーストア先行予約販売開始日です。先週木曜日のウォークマン発売の時は、本体よりも先にアクセサリー製品の方が1時間早く先行予約販売開始になっています。

今回もそれがあるかもしれないので、本体のオーダー開始だけではなくアクセサリーの方も網を張っておいた方がよいのですが、私もヘッドバンドが欲しいのでチェックは怠りなくしていこうと思っています。

明日も最新情報は当店blog、当店twitterにて!

 

DSC00021.jpg
★ソニーストア デジタルHDビデオカメラ「HDR-AS15」のご案内はこちらから

☆当店blog 12.10.9「アクションカム『HDR-AS15』の購入前 店員レポート」  

 


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。