So-net無料ブログ作成

フルサイズサイバーショット『DSC-RX1』仕様変更のお知らせ&最新情報 [┣ サイバーショット]

DSC00002.jpg
☆ソニー デジタルスチルカメラ「サイバーショットDSC-RX1」の仕様変更のお知らせ

昨日のニュースになりますが、11月発売予定のフルサイズセンサー搭載サイバーショット「DSC-RX1」の仕様変更が発表になっています。

それに加えて最新情報もちょこっとありますので、まとめてお知らせしたいと思います。

 

DSC00003.jpg

さて、まずは仕様変更の話なんですが2点あります。

ひとつはオートフォーカスの仕様が一部変更になり外装デザインも変更になります。AF-SとAF-Cの違いって何?という方もいらっしゃるかもしれませんが、これはシングル・オートフォーカスと、コンティニュアス・オートフォーカスの略になります。

シングルAFの場合は、シャッター半押しにしてピピッとAFが合うと、そのままAFが固定されるモノ。コンティニュアスAFは被写体が動いている場合はそのままAFを被写体の移動に合わせてずーっとフォーカスを追ってくれる機能になります。

仕様変更前はこの2つのモードのAFを切り替えて使えるようになっていたんですが、仕様変更後は静止画撮影の場合はシングルAFに。動画撮影の場合はコンティニュアスAFに固定するということになるそうです。

AFの他にフォーカスが合った後マニュアルで調整ができる「DMF」と、完全にマニュアルでフォーカスを合わせる「MF」はそのまま残ります。

もともと単焦点レンズのカメラなので、写真を撮るときにコンティニュアスAFは使う事はあまりなかったかもしれませんし、個人的にはそれほど問題もなさそうな。。。

DSC00004.jpg

それと変更点2つめはシャッタースピードが変わります。

従来は1/2000秒が最高速だったんですが、F5.6以上に絞ると1/4000秒に早めることができるようになりました。絞りによってシャッタースピードが変わるというのは私はあまり聞いたことがないんですが、これは嬉しい改善方向の仕様変更です。

以上、2点が変更になります。

 

ちなみに発表時にはプレスリリースの文章しか用意されていなかったんですが、今日見たらちゃんと商品情報として詳細の記載がありました。

DSC00005.jpg
☆ソニー商品情報サイト「DSC-RX1」の商品ページはこちら

まだしっかりと私も目を通していないんですが、謎の多かったこのモデル、これで詳細部分についての仕様がはっきりわかるかもしれません。

DSC00006.jpg
☆ソニー商品情報サイト「DSC-RX1」の撮影サンプルはこちら

そして、こちらは実は発表から数日後には掲載されていたんですが、撮影サンプルの写真も数点掲載されています。

 

ついでなので、CEATEC JAPAN 2012でのサイバーショット「DSC-RX1」の展示状況はこんな感じ。

DSC00007.jpg

ガラスのショーケースに入って、やはりさわれない状態のままでの展示でした。最初の特別展示会から展示状況に進化はありません。

銀座ソニービルの方でも“α99”特別体験会が終わっており、その後、どうなっているのかというと。。。

DSC00008.jpg

3Fあたりにあるサイバーショット、“α”コーナーの壁にご覧の通りの立派な展示がそのまま移動していました。

こちらもDSC-RX1の展示だけはガラスショーケースに入っていてさわることはできません。

 

さて、10月に入って、まもなく“α99”の先行予約販売もスタートするし、もうそろそろ展示状況に変化が出てこないですかね!?

 

☆ソニー デジタルスチルカメラ「サイバーショットDSC-RX1」の仕様変更のお知らせ

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア デジタルスチルカメラ「DSC-RX1」メール登録はこちらから

☆ソニープレスリリース「世界初、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載のコンパクトデジタルスチルカメラ“サイバーショット”最上位機種を発売」

 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。