So-net無料ブログ作成

Xperia Tablet用ドッキングスタンド『SGPDS3』開梱レポート [┣ Xperia & Tablet]

DSC00001.jpg

Xperia Tablet用のアクセサリー製品でドッキングスタンドの「SGPDS3」という、非常にデザインのよいスタンドが用意されています。今回のアクセサリーの中でも、カバーキーボードと同じくらい印象的な製品で、こちらを今日は開梱してみましたので紹介してみたいと思います。

 

予定では今日はXperia Tabletの発売前日ですし、まとめ記事というか最初から統括するような製品レビューをお届けしようと思っていたんですが、なんせ、今週はありがたいことにお客様が多くて、今日もそういう時間が取れませんでした。

Xperia Tablet Sのアピールしたいポイントってもっといっぱいあって、S-Masterの音質が意外にも非常によかったり、バッテリーの保ちもかなり良くなっていたり。。。。バッテリーに関しては開梱レポートをお届けした一昨日から一度も充電をしていないんですが、それでもまだ40%も残量があるんです。Sony Tablet Sの時は1日使うとほとんどアウトだったのに、48時間経過してもまだ全然余裕。

どうしちゃったの!?というところなんですが、そのあたりの話はまた今度。

ドッキングスタンドの「SGPDS3」を使ってみます。 

DSC00002.jpg

パッケージに入っているのはこちらのもの。スタンド本体とACアダプターがついてきます。ACアダプターは10.5Vのものなので、VAIO XやVAIO PといったAtomプロセッサー搭載のVAIOと同じ要領のものみたいですね。

DSC00003.jpg

ショールームレポートでもお伝えしたとおり、このスタンドにはHDMI端子がついているのですが、これは出力のみ。HDMI端子がついているので「ここをPS3と接続すればXperia Tabletの画面でゲームができるのか!?」と、にわかに喜んでしまいそうですが、それはできません。

このHDMI端子は出力専用となっています。Xperia Tabletの画面をブラビアなどに映し出すのに利用します。

USB端子はサイバーショットやハンディカムと接続してファイル転送をするための端子になっているそうです。

DSC00004.jpg

さて、このドッキングスタンドですが、装着方法は要注意です。これ、説明書を読まないと操作はできません。ちょっと変わったギミックになっていて、知らないで使うと壊してしまう恐れがあります。

でも、このblogエントリーを見ていただければ大丈夫。簡単に説明します。

DSC00005.jpg

まずはスタンドのタブレット保持部分の下部を裏から見ているところなんですが、ここに出っ張りがあってこれが下に下がった状態になっています。このつまみを上に上げると。。。

DSC00006.jpg

これがタブレットを載せているときにロックをしている状態になります。

DSC00007.jpg

で、接合部の上を見るとなにやら爪が出ていますね。これは下部のつまみを上下することで爪が出たり引っ込んだりします。下部ではなく、こうして上部のところでロックをしているんです。

DSC00008.jpg

装着するときはこの接合部の上部をタブレットの折り返し部分の中に差し込んで、そして下部でロックをさせるという、ちょっと複雑なドッキングをするのでご注意ください。

なんで、こんな強力なロックをするのかというと。。。

DSC00009.jpg

これが通常のスタンド利用をしているところなんですが、このままタブレット本体を回転させることができるんです。

DSC00010.jpg

こちらは縦位置にしたところ。左右どちらにでも回転して縦位置にすることが可能。見た目にも超小型テレビというか、有機ELテレビの「XEL-1」に見えなくもないような近未来的なデザインになっています。

DSC00011.jpg

この状態でnasneやソニーBDレコーダーと連携してテレビ放送を映したり、ビデオ再生をすることができるので、まさに使い方はテレビ的になります。

DSC00012.jpg

さらに! HDMI接続をすると、ご覧の通映像出力ができるので。。。

DSC00013.jpg

こんな風にブラビアにHDMI経由で映像再生をさせることが出来るんです! 映像は今週BSデジタル放送の民放5局でリレー放送している3Dロンドンオリンピックダイジェストです。

会社にBSデジタル放送の信号が来ていないため、自宅でしか楽しめなかったんですが、自宅でnasneからXperia Tabletに転送。それをもってきてお店のブラビアにHDMI出力で映すことができてしまう、というわけです。

あいにくTabletに転送されるのは720×480ドットのSD画質の映像になるので、さすがにブラビアに映し出すと解像度が荒くなって見えるんですが、それでもサイドバイサイドの映像をシーケンシャル方式の3Dで見ることができました。

DSC00014.jpg

nasneなどのテレビ映像だけではなく、Tabletの映像をそのまま表示することもできます。家庭内プレゼンというか、WEBを家族で一緒に見るときに利用ができそうです。

DSC00015.jpg

なお、HDMI出力中は縦回転をしてもXperia Tabletの画面は追従しません。HDMI出力中は横位置で画面固定になります。

DSC00016.jpg

ということで設置場所はやはりリビングの脇とかにこうして置いて、ACアダプターとHDMIケーブルをつなぎっぱなしにして設置。

非常にスタミナ性能があるので、電池が切れそうなときだけここに載せて充電する充電スタンド風にしておくと良いかも。

AV機器に詳しい方だと、HDMI接続されるたびにテレビが起動してしまうのでは?入力がタブレットに切り替わってしまうのでは?と、心配されると思いますが、どうやらこれは電源連動とかしていないみたいなんです。

タブレットを接続してもオートで入力切り替えとかにはならないため、テレビのリモコンでテレビの入力切り替えをする必要があります。なので、充電スタンドとして利用しても問題はないかと思います。

DSC00017.jpg

今週はTabletの話と、nasneの話が多かったです。これも開梱してご案内に加えられればよかったなぁ。

週末にXperia Tabletを持ち帰って、またいろいろ遊んできて勉強してきます。来週もXperia Tabletレポートを続けますので、おつきあいくださいませ!

 

SVZ01797.jpg
★ソニーストア Xperia Tablet用ドッキングスタンド「SGPDS3」のご案内はこちらから

 

DSC00053.jpg
★ソニーストア 新型タブレット『Xperia Tablet S』スペシャルコンテンツはこちらから

☆当店blog 12.9.13「Xperia Tabletの新アプリ『スクラップブック』」 
☆当店blog 12.9.13「Xperia Tablet用カバーキーボード『SGPSK1』開梱レポート」 
☆当店blog 12.9.12「新型『Xperia Tablet S』の開梱&初期セットアップレポート」 

☆当店blog 12.9.11「『PetaMap ガイド&ナビ』にTablet Sバージョンが登場」 
☆当店blog 12.9.10「みんなのXperia Tablet S 最新オーダーレポート」 
☆当店blog 12.9.7「当店から『ワイド保証』についてのお知らせです」 
☆当店blog 12.9.5「ソニーディーラーコンベンション2012 レポート」 
☆当店blog 12.9.5「Xperia Tablet Sのオーダーレポート」 
※Xperia Tabletのご購入前にこちらのエントリーを是非ご覧ください

☆当店blog 12.9.4「新型タブレット『Xperia Tablet S』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 12.8.28「【完全解説】ソニーストアのお買い物方法が変わりました」

DSC00004.jpg
☆「電子書籍5万円分」「原寸大チョコレート」などのプレゼントキャンペーンのお知らせ

※先着10,000名様にXperia Tablet 原寸大チョコをプレゼント! 早い者勝ち!

DSC00001.jpg
☆Reader Storeキャンペーン 先着10万名様に「ハリーポッターと賢者の石」プレゼント

 


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。