So-net無料ブログ作成

ワイヤレス接続&6角柱デザインの新型ホームシアターシステム『HT-CT260』発表 [┣ BRAVIA & Home AV]

DSC00001.jpg

どうやら今日から始まったソニーの秋の新製品発表ラッシュ。

6角柱のサウンドバーとワイヤレス接続ウーファーを採用した新型ホームシアターシステム「HT-CT260」が発表になりました。

 

DSC00002.jpg

従来もウォークマンポートを搭載するなどウォークマンとの親和性の高かったソニーのホームシアターシステムですが、ニューモデルではBluetooth対応になりスマートフォン、ウォークマン、PCなどの音声を鳴らすことができるようになりました。

また設置の自由度を高める「ワイヤレスサブウーファー」の採用により、割と置くところを選ぶサブウーファーの設置場所の自由度を上げているのもポイント。低音は広域の音と違ってそれほど方向性が高くないのでテレビの正面に置かなくてはいけない、などの制約がもともとありません。部屋の隅やソファーセットの後ろなどに置いても良いかも。

DSC00003.jpg

6角柱のサウンドバーもスタンドを使えば正立し、スタンドをはずすと30度上向きに設置ができるとのこと。どちらが正しいではなく聞きやすい方をチョイスして楽しむことができます。

10月20日発売予定でソニーストアでは29,800円の販売予定。ホームシアターシステムと言っても今やテレビのためのスピーカーではなく、リビングのサウンドシステム全てをまかなうことができます。

 

DSC00004.jpg
★ソニーストア ホームシアターシステム「HT-CT260」のご案内はこちらから

☆ソニープレスリリース「スマートフォンからのワイヤレス音楽再生やサブウーファーのワイヤレス接続により、利便性と設置の自由度を向上させたホームシアターシステム発売」 

 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。