So-net無料ブログ作成

ネット動画対応の新型BDプレーヤー『BDP-S190』が販売開始 [┣ BRAVIA & Home AV]

DSC00007.jpg

ソニーストアにて新型BDプレーヤー「BDP-S190」の販売がスタートしました。

9月1日発売予定となっていましたが今日から出荷がスタートするようです。

 

DSC00003.jpg

ブルーレイディスクの録画はできず再生のみのプレーヤーデッキですが、いろいろな特徴があります。まずは通常のBDレコーダーなどと比べると非常に小型のボディになっています。幅が29cmとかなりの小型ボディになっています。

DSC00002.jpg

さらに、これも大きなメリットになると思うんですが、インターネットに接続することで、Youtubeなどの動画サイトにアクセスをすることができて、お手持ちのテレビの画面でYoutubeが楽しめるようになります。

2009年モデルのブラビアからはハイビジョンでのインターネット動画再生ができるようになりましたが、2008年モデルまでは別途アダプターを購入しないとSD画質でしか見られない、というモデルがあります。我が家のブラビアX1もそうなんですが、当時はソニーさんが動画サイトを自分で運営していたこともありYoutubeにはSDでも非対応。

そんなちょっと早めにハイビジョンテレビを購入している方には、このBDP-S190をシステムに追加することで、インターネット動画を楽しめるようにすることができます。単純にBDソフトを再生するだけではないところが良いですね!

DSC00004.jpg

さらに高速ローディングで、レコーダーの様に起動に時間がかからないのもプレーヤーの特徴。高速起動モードにしておくと電源オフから約3秒でトレイを開くことができるそうです。

DSC00005.jpg

USBメモリーに入れたハンディカムの動画再生にも対応。PS3があれば同等のことはできますが、ゲームはしないし。。。と言う方には「BDP-S190」の方が操作もわかりやすそうです。

DSC00001.jpg

かなり割り切った作りにもなっていて、背面を見るとHDMI端子の他はRCAコンポジット端子、それと同軸音声端子しかありません。S映像端子、D端子などは搭載していませんのでご注意を。

 

この秋には上位機種として「BDP-S590」も10月20日に発売されます。違いは下記の通り。

・ホームネットワーク経由でBDレコーダーの録画番組をmmいるDLNAクライアント機能
・無線LAN機能
・ブルーレイ3D再生機能
・コンテンツ情報提供サービスGracenote”との連携機能
・スマートフォン、“Sony Tablet”連携でのリモート操作

これらの機能が上位機種BDP-S590には搭載されているんですがBDP-S190には用意がありません。上位機種「BDP-S590」の販売予定価格は23,800円となっています。価格差は9,000円ほどしかないんですが、上記の機能を不要とお考えでしたら「BDP-S190」で決まりです!

8月31日まではまだ「購入宣言」ができますので、今なら購入宣言をして製品登録をしてソニーポイント1,500円分をゲットすることも可能です。 

 

DSC00006.jpg
★ソニーストア BDプレーヤー「BDP-S190」のご案内はこちらから

DSC00001.jpg
発売前日までに購入宣言でソニーポイント1500円分

☆ソニーマーケティングプレスリリース「YouTubeなどのネット動画もより手軽に楽しめるブルーレイディスクプレーヤー2機種発売」 

 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。