So-net無料ブログ作成

夏休み後半戦 [★店員佐藤の写真日記]

DSC00001.jpg
NEX-5N+SEL50F18 F2.5 1/200秒 ISO100 WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

8日間いただいた夏休みの後半戦に入りました。1日目に谷川岳に登ったまでは良かったんですが、その後、風邪をひいてしまったらしく3日間家で寝てました。昨日の夕方になってから調子が戻ってきたので「夏休み」らしい写真を探しに近所をぶらぶらしてきましたので、その日記です。

 

1枚目の写真が今回のお気に入りです。NEX-5Nに50mm単焦点レンズを装着して絞りF2.5にちょっとだけ絞って撮影。背景に点光源があるので絞りを変えることでモニター上でボケ具合が変化していくのを確認しながら撮影できるのがNEXシリーズの特徴。

気に入ったボケになったところで1枚シャッターを切ってくればよいわけですが比較用に、絞りの数値を前後させて撮ってきたのが次の写真です。

DSC00002.jpg
NEX-5N+SEL50F18 F1.8 1/640秒 ISO100 WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑これは絞り開放のF1.8にしたときの写真。ボケ過ぎちゃって点光源って感じではなくなっているかな?

DSC00003.jpg
NEX-5N+SEL50F18 F4.0 1/125秒 ISO100 WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑こちらはF4.0今度は点光源が小さくなってうるさく感じられる、と思ってやっぱりベストはF2.5って事に落ち着いてみました。

DSC00023.jpg

ちなみに、今回は50mm単焦点対決と言うことで標準ズームレンズ18-55mmと、オールドレンズでライカ・エルマー50mm F3.5というのを一緒に持ってきています。

DSC00024.jpg

ライカ・エルマーは今から50年以上昔のレンズです。社外製のマウントアダプターを使うことでNEX-5Nに装着することができます。

DSC00025.jpg

もちろんAFなどが使えるわけもなく、絞りもフォーカスもすべて手動。NEXの設定はマニュアルか、プログラムオートにして、シャッタースピードを操作する形にします。レンズ先端につまみがあるんですが、これが絞り。そして根本付近にあるレバーみたいな形状のものがありますが、このレバーがフォーカスになるので、これを自分で操作してピントを合わせます。

ソニーのSEL50F18と同じ焦点距離のレンズだし、これが実際にどんな写りになるものなのか撮り比べをしてみたかったので、この機会に実験です。

DSC00004.jpg
NEX-5N+SEL1855 F5.6 1/100秒 ISO100 WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑こちらは標準ズームレンズの18-55mmをズームいっぱいの55mmで撮影したもの。

蝉の位置が変わってしまっていますが、生き物ですのでじっとはしてくれないんです。ちょっと移動してしまいました。

DSC00005.jpg
NEX-5N+Leitz Elmar 50mmF3.5  F3.5 1/100秒 ISO100 WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑こちらはライカ・エルマーで撮影したもの。最短撮影距離がこのレンズはかなり長くて1m以上はあるんだと思います。被写体に近寄れないので、こんな写真になってしまいました。

なかなか使うのが難しいんです。レンズの味とか、これでわかるのかな?

DSC00009.jpg
NEX-5N+SEL50F18 F2.0 1/1250秒 ISO100 +0.7EV WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑変わってこちらはヒマワリの写真。最初は50mm単焦点レンズで絞り開放にしています。奥にあるヒマワリがそんなに距離が違わないのにここまでぼけてくれます。

DSC00011.jpg
NEX-5N+SEL1855 F5.6 1/640秒 ISO100 +0.7EV WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑こちらは標準ズームレンズSEL1855で絞り開放にしている写真。ズームレンズではこれが限界。これだけの背景のぼかしをするために、単焦点レンズを皆さん、ゲットしてしまうわけです。

DSC00010.jpg
NEX-5N+Leitz Elmar 50mmF3.5  F3.5 1/2500秒 ISO100 +0.7EV WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

↑こちらはライカ・エルマーです。やはり近寄れなくてこんな写真になってしまうんですが、えーとこれで気づかれたことあります?

背景の青い色なんですが、エルマーの背景はずいぶん青いですね。1枚目に撮った50mm単焦点レンズの背景も青いんですが、これは理由があります。偏光フィルターを使っているんです。2枚目の18-55mmには偏光フィルターを付けていないので、青い色に深みが出なくなっているんですが、ライカ・エルマーはなにもしていなくても青い色がこんなに出ています。

NEX側の設定はなにも変更していないので、これ、もしかしたら古いレンズの特色なのかな?

DSC00006.jpg
NEX-5N+Leitz Elmar 50mmF3.5  F3.5 1/80秒 ISO100 -0.7EV WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

3カット目はライカ・エルマーで最短撮影距離の被写体を見つけてそれに他のレンズを合わせてみることにします。1枚目はライカ・エルマーでの撮影。背景のボケが二重線っぽくなっているのが見えます。こういうのを2線ボケっていうんですかね?

手前の葉っぱは綺麗にじんわりとぼけてくれていてこれはとても綺麗。

DSC00007.jpg
NEX-5N+SEL50F18 F1.8 1/400秒 ISO125 -0.7EV WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

と、思っていたらSEL50F18の方がもっとじんわりとぼけてくれているし、背景のボケもさらに自然なボケになってくれています。

最新設計のレンズ、新素材を使ったレンズの威力ってこんなにあるものなんですね。

DSC00008.jpg
NEX-5N+SEL1855 F5.6 1/100秒 ISO250 -0.7EV WB:太陽光 クリエイティブスタイル:風景

最後は標準ズームレンズのSEL1855の撮影。

ズームレンズはだめ、って話ではなく被写体を浮き立たせる技を使おうとすると単焦点レンズってこんなに威力を発揮するんですよ、っていう話でした。

オールドレンズも単に使いにくいレンズっていうわけではなく、独特の写りが楽しめるみたいなので、これ、もうちょっと使ってみます。

どんなものを被写体にすると良い感じになるのかなぁ。

 

α cafeのマンスリーフォトコンの締切が8月16日に迫ってきていますが、夏休みらしい写真をなんとか撮ってきたいと思います。

 

SVZ00825.jpg
☆ソニー α写真投稿サイト「α cafe」はこちらから

 

VZ002929.jpg
★ソニーストア Eマウント単焦点レンズ「SEL50F18」のご案内はこちらから

☆当店blog 12.7.21「想像力をひろげる写真」 
☆当店blog 12.3.10「『SEL50F18』開発者トークショーレポート」

☆当店blog 12.3.9「Eマウント単焦点レンズ『SEL50F18』の開梱レポート」 
☆当店blog 12.3.5「『SEL50F18』が歴代ナンバーワンEマウントレンズに」 

☆当店blog 12.3.2「単焦点レンズ『SEL50F18』の先行予約販売が開始になりました」 
☆当店blog 12.3.1「単焦点レンズ『SEL50F18』を見てきました」 
☆当店blog 12.2.27「Eマウント単焦点レンズ『SEL50F18』の情報収集中」 

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア Wレンズキット「NEX-5ND」のご案内はこちらから

DSC00002.jpg
★ソニーストア ズームレンズキット「NEX-5NK」のご案内はこちらから

DSC00003.jpg
★ソニーストア ボディのみ「NEX-5N」のご案内はこちらから

DSC00004.jpg
★ソニーストア Wズームレンズキット「NEX-5NY」のご案内はこちらから

 


☆当店ホームページ デジタル一眼「NEX-5N」店員の声はこちらから

☆当店blog 11.9.14「NEX-5Nのレンズ補正機能の話 part.2」 
☆当店blog 11.9.12「NEX-5Nのレンズ補正機能の話 part.1」 
☆当店blog 11.9.11「NEX-5Nで撮ってきた筑波山の11枚の写真」 
☆当店blog 11.9.10「NEX-5Nで撮ってきた2つの動画」 
☆当店blog 11.9.10「NEX-5Nで最初に撮ってきた18枚の写真」 

☆当店blog 11.9.9「電子ビューファインダー『FDA-EV1S』開梱レポート」 
☆当店blog 11.9.9「新型デジタル一眼『NEX-5N』開梱レポート」 
☆当店blog 11.9.8「ショルダーストラップ『STP-XS3』開梱レポート」 
☆当店blog 11.9.8「ボディケース『LCS-EB50』開梱レポート」 
☆当店blog 11.9.8「マクロレンズ『SEL30M35』が売り切れました」 

☆当店blog 11.9.6「NEX-5Nのカタログが到着しました」 
☆当店blog 11.9.5「デジタル一眼『NEX-5N』のオーダーレポート」 
☆当店blog 11.9.3「銀座ソニービルショールームのα特別体験イベントレポート」 
☆当店blog 11.8.27「ソニーストア名古屋のα体験イベントレポート」 
☆当店blog 11.8.25「NEX-5用ボディケース『LCS-EB50』店員の声ミニ」 

 


nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 16

コメント 6

こうざえもん

佐藤さん、体調の方はいかがですか?

きっと6月からのお疲れが出たんですよ。

ソニー・フェアやら多摩動物公園撮影会で、お休みも十分とられていなかったですしね。

ご自分では「カメラの初心者」と謙遜されていますが、なかなかどうして。

オールド・レンズ使いなど、堂に入った感じです。

私自身6月にRX-100を購入してから、NEX-5の出番がすっかり減ってしまいましたが、やはりレンズ交換式にはそれなりのアドバンテージがありますよね。
by こうざえもん (2012-08-13 16:05) 

moto_mach

一枚目の写真は凄く良いですね
タブPで見ると、まるで3DSで見ているような立体感が素晴らしいです。
NEX5Nが益々欲しくなって来ました
更に単焦点レンズと言うのも欲しくなってくるのか~
by moto_mach (2012-08-14 05:26) 

PC

最近ブログ更新少ないですね
by PC (2012-08-14 21:29) 

店員佐藤

♪こうざえもんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。風邪のせいもありますが
オリンピックのおかげで単に寝不足になっていただけ
なのでは?という説もあります。(^_^;)

オールドレンズですが、私の場合はたんに同じ条件で
撮影比較をしているだけなんですが、これが腕の良い方だと
レンズの特徴がわかるようなシーンでの撮影をしっかりと
されてくるんですよね。

レンズの良さを引き出せるような撮影方法が見つけられるような
努力がまだまだ私には必要みたいです。

この夏はNEX-5Nを持ち歩くようにしているんですが
このモデルもボタンの少なさをカバーするような操作性が
しっかりと用意されていて、使い方を思い出すとおもしろい
カメラです。
by 店員佐藤 (2012-08-15 07:54) 

店員佐藤

♪moto_machさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
3DSみたいな立体感というのは新しいですね!
私もそれ、ちょっと体験してこなくては。

記事にもあるように、こういう立体感を強調した写真は
NEX-5Nというよりも単焦点レンズの威力になります。
普通のカメラだと、こういうボケの具合を調整しても
ファインダーではそのままで確認ができないんですが
NEXシリーズの場合、リアルタイムに画像に反映されます。

とてもこういう撮影がわかりやすいカメラだと思います。
まだデジタル一眼デビューをされていないのでしたら
是非、ソニーNEXシリーズで!
by 店員佐藤 (2012-08-15 08:00) 

店員佐藤

♪PCさん、こんにちは。
嬉しいコメントありがとうございます。

今年は春に旅行を集中させてしまい、夏は自宅で
休ませていただいています。来週からはソニーさんの
新製品発表ラッシュが予想されますので、更新頻度も
あがると思います。

またおつきあいのほど、よろしくお願いします。
by 店員佐藤 (2012-08-15 08:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。