So-net無料ブログ作成
検索選択

多摩動物園でα体験会に参加してみませんか? [☆テックスタッフ店舗情報]

DSC00001.jpg

当店では7月29日に多摩動物公園でαショップセミナー「多摩動物公園でアフリカ体験」を開催します。参加者募集中!なんですが、振り返って見ると多摩動物公園の紹介を当店blogではまだちゃんとやっていませんでした。

先日、下見に行ってきたときの写真を使って、多摩動物公園ってどんなところなのかを写真中心で紹介したいと思います。

 

DSC00002.jpg

多摩動物公園には私も2回ほど下見に行っているし、ソニーさんのスタッフも先日下見にいってきたそうなんですが、まぁ、なんせ広いんです。

昨年2月に上野動物園でαショップセミナーをしていますが、上野動物園と比べると多摩動物公園は広さが3倍以上あり、さらに山にできているのでアップダウンもある、非常に冒険のしがいのあるところ。(調べてみたら上野動物園が14ha、多摩動物公園が52.3haあるそうで、本当に面積も3倍以上ありました。)

この広大な敷地にゆったりと動物たちが過ごしているので、写真撮影に関しても上野動物園以上に撮りやすく良い写真がたくさん撮れそうなんです。

場内は「昆虫園」「アフリカ園」「オーストラリア園」「アジア園」の4つにテーマが分かれているんですが、とりあえず、中に入ってみましょう。

DSC00003.jpg

こちらが多摩動物公園の入り口です。この日はあいにくの雨だったんですが、午後からは晴れてきます。

入場券、大人一人600円でチケットを買って入場します。

DSC00004.jpg

入場したらすぐに目的の動物を見に行きたいところですが、まずは入り口近くにある情報掲示板に注目です。ここに、その日のイベント予定が掲載されているので、ここで最初に見所をチェック。特に大人気のコアラですが、彼らは本当に1日寝て過ごすので、ここでエサ時間をチェックしてその時間に行かないと同じ姿しか撮れないんです。

これを撮りたい!という動物について、ここで情報があったら、それを第一優先にしてスケジュールを立てましょう。

DSC00005.jpg

さらに奥に行ったところには飼育員さんが日記をつけてくれているような、動物の見所ニュースの掲示もあります。これ、見てください。フラミンゴにヒナが生まれているそうです。秋頃には大人の大きさになってしまうとありますが、逆を言うとそれまでは小さい赤ちゃんサイズでいるわけです。

これは見逃せません。動物の赤ちゃん写真ゲットはこういうところでの情報収集が大事なんです。偶然見つけられたときの喜びもわかりますが、せっかくなんですから、こういうので情報収集して、残らずチェックしていきましょう。

DSC00006.jpg

まずは反時計回りに昆虫園を目指すんですが、いきなりすごい坂が待っています。これを登るのか。。。と、いうところですが、これはうまい演出です。地面にこんなプリントがありました。

「だれのあしあと?」ということで坂道をトコトコ登っていった動物の足跡がマーキングされています。

DSC00007.jpg

この足跡にそって歩いていくと、坂の上に答えが書いてある、という仕組み。これが坂道に延々と続いていて、これを追っていくと知らないうちに坂を登り切れてしまうんです。

こういう演出、楽しい!

DSC00008.jpg

で、目的の昆虫園に到着したんですが、昆虫生態園というところがあり、ここの評判がやたら良いんです。

動物園にせっかく来たのに昆虫園でもないだろうし、普通は飛ばしてしまうところなんですが、気になって最初にやってきてしまいました。

中に入って私もビックリでした。

DSC00009.jpg

写真だとわかりにくいと思うんですが、中にドーム状の植物園があって、そこの中を縦横無尽にチョウチョがヒラヒラと飛びまくっているんです。動画で見るとわかりやすいかも。

ね!ね! すごいんですよ。小さい女の子の頭の中ってきっとこんな感じになっているんだろうな?という世界がそこには広がっていて、目の前をなんの警戒心もなくチョウチョがフラフラ飛んでいて、それを写真で撮り放題状態。 

DSC00010.jpg

こんな風に昆虫図鑑にでも出てきそうなチョウチョの写真がいとも簡単に撮影可能。

これはすごい。

最初に様子を見るためだけに寄ったはずの昆虫園ですが、ここだけで1日過ごすことができそうです。

多摩動物公園ってすごいところだなぁ。

DSC00011.jpg

で、多摩動物公園の目玉といえば、こちらのライオンバスです。サファリパークなどがあるので、こうして動物の近くをバスで通るのはとくになにも珍しいものではなく思えますが、1964年にできた当時は、ここが世界初だったらしく、近隣住民の方からは事故が起こったらどうするんだ?という反対運動もあったそうです。

実際にはライオンはみんな昼寝していて平和そのもの。

ライオンの飼育エリアの中を350円で乗車できるバスに乗って何周りもしてくれます。

DSC00012.jpg

ライオンはお立ち台に登ってバスに寄ってきてサービスしてくれるんですが、どうやらおいしいものがバスの窓枠についているみたいで、それを食べたくて近寄ってきてくれます。

ガラス越しではありますが大迫力!

DSC00013.jpg

バスが終わったら、このライオンエリアを外からぐるっと一周できます。外からもライオンの撮影ポイントがいくつか用意されているので、ここで望遠レンズを使って撮影することもできます。

DSC00014.jpg

タイミングが合えば、こうしてアスファルトなどの人工物のないところを歩いているライオンの姿を撮影することもできます。

動物の動きは予想ができないので、すぐに撮れるように準備をしておくのと、臨機応変に撮影をすることができるようにする準備が大事ですね。

DSC00015.jpg

こちらはアフリカゾウの展示エリア。2カ所の運動場があり別々に1頭ずつのゾウが歩いています。ここも広いし、背景もぼかすことができるので、チャンスを待てば良い写真が撮れそう。

DSC00016.jpg

ドアップで撮るとこんな姿が見られます。保湿してあげたいですね。この肌。

DSC00019.jpg

アフリカゾウとライオンゾーンの間にはフラミンゴのゾーンもあります。いました、いました。赤ちゃんのフラミンゴが。あんなに小さくても1本足で立つんです。

ここは柵越しに撮影するしかないんですが、なるべく柵によって手前をぼかすことで自然な写真が撮れるようにします。上野動物園で教わったテクニックをフル活用。

DSC00017.jpg

さらにアフリカ園は続きます。こちらはキリン、シマウマ、ダチョウ、シロオリックス、ペリカンなどがいるエリア。

DSC00018.jpg

こうしてシマウマを狙っているといかにもアフリカっぽい写真が撮れます。時間が経つのも忘れてしまい、もう13時です。

DSC00021.jpg

お昼は園内レストランを利用します。レストランとしてはアフリカ園に1カ所しかないんですが、ご覧の様なカフェ売店は園内に3カ所あります。うち2カ所では多摩動物公園限定販売の「レッサーパンダのシッポ」があります。

DSC00022.jpg

前回はタイミングが悪く食べられなかったんですが、今回はゲット! 380円でした。中身は食べてみてからのお楽しみです。とてもおいしかったですよ。

DSC00023.jpg

さて、入り口のカフェ売店まで戻ってきているので、ここからは無料のシャトルバスを使ってオランウータンゾーンまでの上り坂を登り切ってしまおう、という作戦です。

体の不自由な方、お子様を優先して、どなたでも乗ることができます。

DSC00024.jpg

そしてついたのがオランウータンの展示ゾーンです。ここは11時半にやってくるとスカイウォークと言って、ここからロープを渡した先にあるオランウータンの森までの旅を見ることができるそうです。

今回は昆虫園に夢中でくることができませんでした。

DSC00025.jpg

この子の目、かわいいですよね。目の縁が肌色になっているのはまだ若い証拠で、この子は女の子なんだそうです。私の中ではミス多摩動物公園です。

DSC00026.jpg

ここからコアラ館を目指して移動。こちらはオオカミの展示ゾーンです。

DSC00027.jpg

怖い怖いオオカミのイメージですが、実際にはこんな風にみんなで昼寝の時間。こうなるとオオカミだか犬だかわかりません。(^_^;) オオカミらしい写真を撮るのって難しそうです。

DSC00028.jpg

その先にいるのがアジアゾウです。耳のサイズが違っていて、こちらは全体に小振りです。前回きたときもそうでしたが、楽しそうにリズムを取りながら体を左右に揺らしています。

頭の中ではどんな音楽が流れているんでしょう。

DSC00030.jpg

大きなアップダウンもなくコアラ館の下にある売店に到着。食事メニューはこんな感じで結構そろっているし、値段もリーズナブル。

DSC00029.jpg

その売店からちょっと登ったところにあるのがコアラ館です。

順路に沿って歩いていくと、半円型のドーム状のところに人だかりができていて、みんなで固まってコアラを見ているんですが、最初の集団を抜けてしまえば奥の方は空いています。

みんな、コアラを見るとそこで足が止まってしまうみたいです。

DSC00031.jpg

こちらのコアラ館にも赤ちゃんがいます。手前にいる「パピー」ちゃんというのがその子で、昨年の6月23日に誕生。今年の1月1日までお母さんのお腹の袋で育って今年、ようやく出てきたんだそうです。

サイズがわからないと思いますが、パピーちゃんはひときわ小さく人間の手のひらに載ってしまうくらいのサイズなんです。かわいー!

DSC00032.jpg

コアラも危険な動物で、見ていると時間が立つのを忘れてしまいます。ここでコアラ撮影に没頭すると、おそらく平気で半日失ってしまうと思います。要注意動物です。

DSC00033.jpg

こちらはケナガワラルーというカンガルーの仲間。見るとお腹のところに大きめの穴がありますよね。どうやらこの中に赤ちゃんがいるらしく、たまにお母さんがお腹の袋を広げて、穴の中をのぞいたりするんです。

決定的瞬間を撮影すべくずーっと見ていたんですが。。。

DSC00034.jpg

あまりにも短い一瞬で穴に何かを入れてしまうので、中にいるであろう赤ちゃんを写すことはできませんでした。

DSC00035.jpg

再びアジア園に戻って「ユキヒョウ」です。スリムで頭も小さいのに手足の太さが異常。やけにかっちょいいんです。

ナンバーワンイケメン大賞。

DSC00036.jpg

こちらも大人気のレッサーパンダです。七夕の日だったので、飼育員さんが笹の木にリンゴをつけてくれたものをプレゼントでもらっていました。

DSC00037.jpg

昼寝してばかりの動物が多い中、このレッサーパンダはすごく行動的でせわしなくずーっと動き続けています。

写真撮影の被写体的にはすごくありがたく、ここにいると一気に写真の撮影枚数が増えます。

DSC00038.jpg

先ほど食べたレッサーパンダのしっぽです。うーん、さわってみたい。

DSC00020.jpg

さて、これでもまだ多摩動物公園の園内を1/3も回っていません。とにかく広いんです。多摩動物公園は。欲張って、1日で全部回るぞ!というのをやると、多分、歩くだけで疲れてしまって終わります。

3回か4回に分けて回るつもりでやってくるのが正解で、体力が切れた、と、思ったらそこまでで終了してあとは帰り道に向かいます。

DSC00039.jpg

上野動物園では大人気のヒグマですが、ここではちょっと裏道っぽいところにあるせいか、あまり注目を浴びていません。

ここでじっくりと1日かけて熊につきあうというのも楽しいかも。

DSC00040.jpg

ニホンザルもいました。高尾山の猿山では「ネッシン」というボスが写真付きで解説されていたんですが、ここではそういう案内が見つけられませんでした。猿山を見るとどれがボスかな?と、すぐに探し始めてしまうんですが、それよりも今は元気な子供の猿がたくさんいるので、彼らの動きを見ている方が楽しいかも。

あれは絶対に大人の猿をいらつかせているな、という悪ガキとかもいて、そういうのを探すのが楽しいところです。

DSC00041.jpg

ということで、ダーッと回ってきた多摩動物公園の下見の旅でした。

写真を見てもわかるとおり、上野動物園よりも撮影に関して制約が少ないというか、邪魔になるものがあまりなく、撮りやすいんです。動物が。

それと、展示ゾーンの広さも上野動物園より広いため望遠レンズの重要性はさらにあがるかも。

今回のαショップセミナーにご応募された方の中に、NEXで参加するんですが、SEL55210と、LA-EA2+SAL70300Gだったらどっちが良いですか?というご質問があったんですが、どちらか1本だけでしたらSAL70300Gをマウントアダプター付きで使うのをおすすめします。

というか、荷物にならなければ両方持ってきて撮り比べするのも楽しいんですけどね。

 

DSC00042.jpg

そして、今回のショップセミナーの最終目的はこちらのフォトブック撮影になります。20~30程度の撮影テーマを用意して、それを参加していただく方々にカードで分けて、それぞれ全員でオーダー通りの写真を撮ってくる、というミッションをこなしていただきます。

そのミッションをこなしていただき、集まった写真を講評会で選抜させていただき、最終的に全員でフォトブックを完成させたいと思います。

DSC00043.jpg

イベントは7月29日の午前9時30分に多摩動物公園入り口で現地集合です。

参加費は無料なんですが、ご昼食についてはこちらで用意がありません。各自ご用意をお願いします。(園内にはレストランが3カ所あります。)

ソニーのデジタル一眼カメラ“α”をお使いの方でしたらどなたでもお申し込みいただけます。

また、サイバーショットしか使ったことがなくて、“α”を使ったことがないんですが。。。という方も歓迎します。たくさんは用意できませんが“α”ボディも数台は用意できますので、カメラレンタルをご希望として、お申し込みください。

 

フォトバトル、という感じではなく、いつも通りわきあいあいと、撮影して回るような感じになると思います。

30名様の募集になっているんですが、まだ空きがあります。望遠レンズでの撮影にご興味がある方は是非、ご参加ください! ご応募お待ちしています♪

 


☆カラーテックホームページ “α”撮影会「多摩動物公園でアフリカ体験」のご案内はこちらから

※お申し込みは締め切らせていただきました

【当店の以前の“α”ショップセミナーのレポート記事はこちらから】 

☆当店blog 11.2.7「αショップセミナー『α55と上野動物園』レポート」  
☆当店blog 10.8.29「αバスツアー『東京タテヨコマル』開催」 
☆当店blog 09.11.1「α550体験ハートバスツアー」 

 

【予行練習はこちらにて】

DSC00004.jpg
★ソニーストア PS3ソフト「AFRIKA」のご案内はこちらから

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア デジタル一眼“α77”スペシャルコンテンツはこちらから 

☆当店blog 11.12.2「Aマウント16-50mmレンズがソニーストアで受注開始」 
☆当店blog 11.11.29「デジタル一眼“α77”ファームウェアアップグレード発表」 
☆当店blog 11.10.17「“α”プレゼントキャンペーン 応募受付中」 
☆当店blog 11.10.14「α77用縦位置グリップ『VG-C77AM』開梱レポート」 
☆当店blog 11.10.14「液晶保護シート『PCK-LS9AM』開梱レポート」 
☆当店blog 11.10.14「デジタル一眼“α77”開梱レポート」 

☆当店blog 11.10.7「デジタル一眼『α77』のオーダーレポート」 
☆当店blog 11.10.7「本日受注開始になったもの、ならなかったもの」 
☆当店blog 11.10.7「当店のα77購入記」
 
☆当店blog 11.10.7「デジタル一眼“α77”受注開始速報」 
☆当店blog 11.10.6「デジタル一眼『α77』先行予約販売は明日11時から」 
☆当店blog 11.10.6「新型『α77』『NEX-7』購入特典変更のお知らせ」 
☆当店blog 11.9.22「α77、α65、NEX-7のソニーストア購入特典が発表!」 
☆当店blog 11.9.9「クイズチャレンジ77&クイズチャレンジ7」 
☆当店blog 11.9.3「銀座ソニービルショールームのα特別体験イベントレポート」 
☆当店blog 11.8.27「ソニーストア名古屋のα体験イベントレポート」 
☆当店blog 11.8.25「α77、α65の銀座ソニービルショールーム 先行展示レポート」 
☆当店blog 11.8.24「『α77』『NEX-7』2011年秋のデジタル一眼“α”新製品発表」

ソニーα77スーパーブック (カメラムック)

ソニーα77スーパーブック (カメラムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研マーケティング
  • 発売日: 2011/10/31
  • メディア: 大型本

 

WS3688.jpg
★ソニーストア 望遠ズームレンズ「SAL70300G」のご注文はこちらから

ZG2963.jpg
☆ソニー製品情報 メーカー作例「レンズ特集」はこちらから

☆当店blog 11.10.20「α77発売記念キャンペーン終了繰り上げのお知らせ」 
☆当店blog 10.11.19「Gレンズ『SAL70300G』店員の声」
 
☆当店blog 10.11.14「Gレンズ『SAL70300G』で撮る東京スカイツリー」 
☆当店blog 10.11.10「Gレンズ『SAL70300G』開梱レポート」 

 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。