So-net無料ブログ作成

大人のための『45th Sony Aquarium』レポート [★店員佐藤の写真日記]

DSC00001.jpg
DSC-RX100 F5.6 1/500秒 ISO125 プログラムオート 焦点距離28mm DRO lv.6

今日から銀座ソニービル全館が夏仕様に変身しました。毎年恒例の沖縄・美ら海水族館モード「45th Sony Aquarium」がスタート。今日からいろいろなイベントがあるので、それを見学しつつ、私も遊びに行かせてもらってきました。

大人のためのSony Aquariumイベントの紹介です。

 

DSC00002.jpg

Sony Aquariumと言えば、ソニービル正面のイベントスペースに出現するこちらの大水槽です。自由に水槽の見学ができて、中には沖縄の海にいる魚のお友達がいっぱい。ソニービルに着いたらまずはこの大水槽をのぞきたいところなんですが、今日はまず我慢。

先にビルの中で情報収集をします。

DSC00003.jpg

入り口のスペースにもこんなに大きなシーサー様がいらっしゃって来館者さんをお迎えしてくれています。小さな子供たちにはどんな風に目に映るんでしょう。

DSC00004.jpg

入り口にはいると1FのイベントスペースではなにやらSony Tablet Sを持ったお姉さんがいっぱい。何をしているのかというと。。。

DSC00005.jpg

こちら、初の銀座ソニービルショールーム公式アプリとして13時に発表された「x-FLOORSCOPY」と「x-COROCORO INFO」の体験イベントをしています。

これに合わせて今日は13時に銀座ソニービルショールームへお邪魔してきたんです。

DSC00006.jpg

この2つのアプリですが、別々に二つのアプリとしてAndroid端末にインストールする必要があるんですが、連携する機能があるので、二ついっぺんにインストールしないと意味がありません。

「x-FLOORSCOPY」は3D表示でソニービルのらせん階段状のフロアの案内をしてくれるアプリで、「x-COROCORO INFO」はそれに連動して各種イベント情報などを見せてくれる演出方法のちょっと凝ったアプリです。

DSC00007.jpg

↑こちらが「x-FLOORSCOPY」です。銀座ソニービルって1フロアが1/4に区切られていてそれぞれがちょっとずつ高さの変わった作りになっていて、どこからどこまでが同じ階なのか説明が難しいんですが、これでみるとそういうのをわかりやすく説明してくれます。

すごいのはそれぞれのフロアをタッチしたときに、ちゃんとその階の説明の写真が出ること。

え?何言ってんの?そんなの当たり前じゃない、とか思われる方はちょっと事情を考えて見てください。この美ら海のイベントって今日から始まっているんです。夜中を通して改装をしていて今朝になってようやく会場が完成していて今日からオープンしているんですよ。

それなのに、連動したアプリに実際の風景写真が掲載されているって考えて見たらすごくないですか? CGで作っているわけでもなんでもなく、実際のショールームの写真が使われているんです。

聞けば、昨夜改装を行って、今朝6時から館内の撮影をαコミュニティ銀座の大西講師が撮影をされたそうで、それをすぐにWEBにアップ。アプリに組み込んでそれで速攻でPlay Storeにアップロードして公開ということになっているんです。

今日の13時にアプリ公開というのは珍しい(普通は平日の朝とかにするものだと思うんですが。。。)なぁ、とは思っていたんですが、そういう事情があったんです。各フロアの写真をみるとそれを感じさせない、ちゃんとテーマのある写真が並んでいて、そういうところもこのアプリの見所です。

DSC00008.jpg

「x-COROCORO INFO」は、それに連動してイベント情報を紹介するアプリなんですが、こちらの写真も大西さんが撮られているみたいで、これらの魚の背景を見ると、これもソニービルの内装なんです。

ということはこれらの写真も今朝6時に撮影された撮って出しの写真ばかり。。。恐るべしソニーアプリになっています。

DSC00001.jpg
☆ソニービルショールーム公式アプリ「最新情報を片手に銀座ソニービルを探検しよう!」

実際にアプリを体験させてもらってきましたが、あれですね、どちらかというと、このアプリを実際に使いながら銀座ソニービルショールームを歩くというよりは、事前にダウンロードインストールして、銀座ソニービルショールームの疑似体験をして楽しんで、それからやってくるためのアプリという感じ。

すでに今日の夕方くらいから普通にダウンロードしてインストールすることができるようになっています。会場ではSony Tablet Sでデモをしていましたが、Sony Tablet Pでも動作します。

対応OSはAndoroid OS 2.3以降となっているので、SO-01Bは使えないんですが、アンドロイドスマートフォンやタブレットで利用が可能。是非、試してみてください。

DSC00009.jpg

で、アプリを試したあとは何食わぬ顔で銀座ソニービルショールウ-無へ行き特設体験コーナーでアプリを改めて体験。アンケートに答えるとノベルティをもらうことができます。

私もくじを引いてボールペンをいただいてきました。

8月19日までの土日に体験イベントを開催しているとのことです。是非最初にここにお立ち寄りいただき、グッズをいただいてからソニービル見学へ出発しましょう。

DSC00010.jpg

階段で上にあがっていくと館内はすべて今日から美ら海モードに改装されています。展示されているソニー製品はすべて海に関わるコンテンツで展示されています。

まさにソニーのアトラクション、テーマパーク状態です。こういうのを企画するお仕事って楽しいだろうなぁ、と、思わせてくれます。

DSC00011.jpg

4FのVAIOコーナーへ立ち寄ると見慣れないモノが展示されています。2Fのウォークマンコーナーにnasneの実機がPS3で操作できるように設置がされていますが、今度はVAIOコーナーにVAIOで操作できる状態で展示がスタート。

DSC00012.jpg

「VAIO TV with nasne」のソフトウェアを初めて見ることができました。展示は今日からスタートしたんですって! 思わぬお宝にびっくり!

思う存分、使わせてもらってきました。

なんと、ソニービル全館で同じネットワークを使っているそうで、この4FのVAIOから2Fのnasneにアクセスして、PS3で録画したコンテンツにVAIOからアクセスすることとかもできるんです。

これだけで話が長くなりそうなので、これはまた別の機会に詳細をレポートしたいと思います。(明日、急ぎのニュースがなければレポートします。)

DSC00003.jpg
★ソニーストア ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」はこちらから

※現時点でソニーストアでは入荷未定になっています

DSC00001.jpg
★ソニーストア nasneの設定に自信のない方は「ナスネおまかせ設定パック」

☆当店blog 12.7.13「nasneが発売日にいきなりアップデート予告」 
☆当店blog 12.7.12「ソニーストア『nasne』のオープン先行予約販売がスタート」 

☆当店blog 12.7.4「銀座ソニービルショールームで『nasne』の展示がスタート」 
☆当店blog 12.7.3「nasneの出荷開始まであと2週間!」
 
☆当店blog 12.6.28「『nasne』はそろそろ予約販売開始かな!?」 
☆当店blog 12.6.19「PS3用テレビアプリ『torne Ver.4.0』が本日リリース」 
☆当店blog 12.5.31「RECOPLAがバージョンアップしました!」 
☆当店blog 12.5.17「ネットワークレコーダー『nasne』が予約不可になりました」 
☆当店blog 12.4.24「ネットワークレコーダー『nasne』のここが知りたい!」 
☆当店blog 12.4.20「【緊急速報】ネットワークレコーダー『nasne』の予約受付開始!」 
☆当店blog 12.4.18「ネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne』のQ&A」 
☆当店blog 12.4.17「PS3、VAIO、Tablet、PS Vitaで地デジ、BS、CSの録画試聴ができる『nasne(ナスネ)』発表」 

 

DSC00013.jpg

そして、本日のメインイベントがこちら。αコミュニティ銀座の大西講師によるα無料体験会の「夏を撮る」で、水族館・お祭り撮影の撮影講座です。

これもタイムリーじゃないですか? 今日から銀座ソニービルで美ら海モードに入って大水槽とかが公開されていて、αコミュニティではそれに合わせたかのように水族館写真の撮影講座をやってくれているんです。

もう、これはセットで楽しむしかありません。

内容は20分くらいが水族館、20分くらいがお祭り撮影、そして最後はいつもの質問コミュニティコーナーという内容。最初の20分に集中、集中。

DSC00014.jpg

水族館での撮影で失敗する理由をまずは考えて、その対策をまずは考えていこう、という流れになります。

DSC00015.jpg

動物園での撮影と一緒で、動物園の時は柵や檻、ガラスなどの障害物をいかに避けるか、という方法を考えますが、水族館も同じで水槽のガラスをどうやって意識させないように撮るのか、という方法が必要になります。

そこではスペシャル技法を教えてくださるんですが、私は失敗してしまいました。大西さんのスペシャル技法はデジタル一眼“α”やNEXでないと使えない技なんです。今日はサイバーショットの「DSC-RX100」しか持ってきていないもので、実際に今日は試すことができません。やっぱりαセミナーにはαを持ってこないとだめです。

水族館撮影で失敗をしない方法を3つ案内された後は、スペシャル技法をはじめ、いかに海の自然らしい写真に仕上げるのか、という技の伝授になります。失敗しない方法に加えて、より綺麗に撮る方法を教わって、これで完璧。

とても短い時間でしたが、要領よくポイントを抑えた話になっていて、これを聞いたらすぐに1Fに降りて大水槽にへばりつくしかありません。

7月いっぱいはこの講座をしているそうです。この後、行かれる方は広角の使えるレンズ、ある程度望遠が使えるレンズ、できればズームレンズを「フード」付きで持って行きましょう。スペシャル技法は必見です。

DSC00016.jpg

後半はお祭り、イベントなどでの撮影技法。イベントに誰か知り合いが参加していてそれを撮影する、というものではなくお祭りやイベントなどを自分の思い出として記録するときに印象的な切り取り方ができる作例をいくつも見せてくれます。

大西さんのお話は「こうしなさい、こうしないとだめですよ」ではなく、あくまでも初級者目線で「私はこうやっているんですけど、いいでしょう?」と、リードしてくれるような感じ。

お話を聞くと、もう写真欲が高まるというか、カメラを持ってどこかに出かけたくなってしまいます。特にフィッシュアイコンバーターに関しては、もう「魚眼レンズの魔術師」とでも呼ぶしかないですね。あの使いにくい魚眼レンズが大西さんにかかるとナンバーワンレンズになってしまい、これも写真欲が高まる、高まる♪

大西さん、x-アプリ用の写真撮影から始まって今週末はたくさんのドラマチックな事があったそうですが、お疲れ様でした。またお邪魔します!

VZ002859.jpg
☆αコミュニティ銀座 デジタル一眼“α”体験会開催のお知らせはこちらから

★ソニーストア「動画でセミナー&イベント」のご案内はこちらから

 

DSC00024.jpg

ということで、大西講師からいただいたアドバイスを実践すべく、1Fのイベントスペースに戻ってきて大水槽での撮影に挑戦! 返す返すも今日はサイバーショットDSC-RX100ではなく、デジタル一眼“α”を持ってくれば良かった。。。んですが、レンズフードを使えない以外は、RX100ならすべての技が使えます。

チャレンジしてみたのがこちらの写真です。

DSC00017.jpg

まずは、ソニービル大水槽定番の裏に入って、マリオンを背景にした魚群撮影。1枚撮ったところで、お魚さんたちのモグモグタイムが始まるとのことで、ここに立ち入ることが出来なくなってしまいました。

ここでじっくり撮るのはまた次の機会にしたいと思います。

DSC00018.jpg
DSC-RX100 F5.0 1/100秒 ISO125 プログラムオート 焦点距離28mm WB:白熱灯+マニュアル

大西講師の技をフルに使って撮影。どうですか!? 先生! 言われた通りの技を使って写真を撮ることができました。

DSC00019.jpg
DSC-RX100 F3.2 1/100秒 ISO125 プログラムオート 焦点距離28mm WB:太陽光+マニュアル

こちらはちょっと光が入ってしまいましたが、それでも狙った魚さんがこうして何とか捕らえられるように。

たった20分のセミナーでしたが、もう写りは今までとは全然違うレベルになっています。

本当はこういうスペシャル技法を自分で発見して行くのがエライわけで、人に教わって身につけていくのってラクなんですよね。でも人に教わって頭で理解するだけではだめ。理解したらすぐに実践で試してみないと自分の技にはなりません。

今日はとても良い機会を得ることができました。

DSC00020.jpg
DSC-RX100 F4.0 1/100秒 ISO125 プログラムオート 焦点距離28mm WB:太陽光+マニュアル

ちなみに、ソニービルの大水槽のベストアングルはここ。水槽の正面ではなくて、脇からの撮影です。こうすると正面と裏のアクリルが鏡の様になってくれて横に水槽がつながっているような感じになり、一番広く感じられる写真になるんです。

DSC00021.jpg

それと、休日と言うこともあり小さなお子さんもいっぱいいらしています。彼ら、彼女らの邪魔にならないように撮影するのもテクニックのひとつです。

小さなお子さんの魚を見てのリアクションはとてもユニークで、彼らの発する言葉からいろいろなイマジネーションをもらうことができるので、彼らには是非、場所を譲って言葉を聞いてみましょう。楽しいアイデアがもらえるに違いありません。(すぐに飽きてどこかに行ってしまうので、いなくなってからまた撮影がすぐにできますし。)

DSC00022.jpg
DSC-RX100 F2.2 1/100秒 ISO125 プレミアムオート 焦点距離28mm WB:オート

「x-COROCORO INFO」で紹介されていたイロブダイの撮影にも成功。

ご一緒いただいていたKさん、Noirさんに教えていただきました。自分一人で参加しているのではなく、知り合いと一緒だと撮影している最中にいろいろな事を教えてもらえるのがとてもありがたい。ひとりで参加しているときの何倍もの知識を後から得られる気がします。

ちなみにKさん、Noirさんとはすごく気が合うというか、一緒に見に行こうという約束をしているわけでも待ち合わせをしているわけでも、Twitterで動向を見て動きを合わせたわけでもなく、普通に銀座ソニービルショールームで出会うのが不思議。

最後のカットもお二人に教えてもらって撮らせてもらってきました。

DSC00023.jpg
DSC-RX100 F5.6 1/100秒 ISO125 プログラムオート 焦点距離28mm WB:太陽光+マニュアル

太陽の角度によるのかもしれませんが、水槽をある角度でみると虹が出現するんです。タイミングを待ってお魚さんが目の前にやってくるのを待つと、こんな幻想的な写真が撮ることができました。

うわー、これ、デジタル一眼カメラ“α”で撮っていたら、超速攻でソニーの写真投稿サイト「α cafe」にアップロードするのになぁ。サイバーショットDSC-RX100で撮ってしまったのでα cafeに投稿ができません。(^_^;)

せっかくドラマチックな写真が撮れたのに残念。

 

よーし、また来週も行ってこよっと。8Fのオーパスの美ら海水族館の上映とか、あと飲食店でも沖縄フェアをしているみたいなんですが、全部、見逃してきてしまったのでリベンジしに行かなくちゃ!

 

DSC00001.jpg
☆銀座ソニービルショールームの公式ホームページはこちらから

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア 直営店のご案内はこちらから

☆カラーテックからソニーストアさんへのご案内状プリントはこちらから 

 

DSC00021.jpg
★ソニーストア サイバーショット「DSC-RX100」のご案内はこちらから
 
※発売記念キャンペーンは7月31日まで!

☆インプレス デジカメWatch「ソニーサイバーショットDSC-RX100【第1回】 ステップズームのまねごとをしてみる」

☆当店blog 12.6.27「NEX-7を超えた!? サイバーショット『DSC-RX100』店員レビューレポート」 
☆当店blog 12.6.22「手持ち夜景モードで露出を変える方法」 
☆当店blog 12.6.21「DSC-RX100のRAW現像に挑戦」 

☆当店blog 12.6.18「DSC-RX100の試し撮り(汐留編)」 
☆当店blog 12.6.16「DSC-RX100の試し撮り(東京ソラマチ編)」 
☆当店blog 12.6.16「DSC-RX100の試し撮り(東京スカイツリー編)」 
☆当店blog 12.6.15「サイバーショット『DSC-RX100』開梱&セッティングレポート」

☆当店blog 12.6.9「『DSC-RX100』特別体験会レポート」 
☆当店blog 12.6.8「『DSC-RX100』の当店経由オーダーレポート!」 
☆当店blog 12.6.8「『DSC-RX100』購入レポート!」 
☆当店blog 12.6.8「『DSC-RX100』は13時から先行予約販売開始!」 

☆当店blog 12.6.7「『DSC-RX100』ショールーム特別先行展示レポート」 
☆当店blog 12.6.7「新型サイバーショット『DSC-RX100』のカタログ到着」 
☆当店blog 12.6.6「大型センサー搭載の新型サイバーショット『DSC-RX100』発表!」 

 


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 16

コメント 4

K

おじゃまします

今日はいろいろありがとうございましたm(_ _)m。おかげで中身の濃い時間を過ごせました^^。

水族館の撮影のコツはホンとタイムリーでしたね^^。おかげでいろいろ撮る時に活かせる事ができて助かりました♪。


最後の写真nice!&bravo!ですね^^/。ホンとαだったら、、、ですね。

しかし、すごいですね~^^、DSC-RX100でこんな写真が撮れるんですね\^^/。




また機会があれば、その時もよろしくお願いします~^^。







by K (2012-07-16 22:16) 

店員佐藤

♪Kさん、こんにちは。
今日はおつきあいいただきありがとうございました。
たくさんのアドバイスがとても助かりました。(^_^;)

一緒に写真を撮りに行くとバトルモードに入ってしまい
良いアングルとか教えっこしない方とかもいるんですが
Kさんは逆なので、ご一緒していただくと、いつもよりも
レベルの高い写真が手元に残る感じです。

DSC-RX100でこうしてイベントレポートをするのは初めて
なんですが、私もびっくりです。こんなに綺麗に撮れて
いるので、作品作り以外はもう全部RX100で良いんじゃ
ないかと!?

28mm単焦点レンズを1本買うつもりでDSC-RX100を1台!
おすすめです!
by 店員佐藤 (2012-07-16 22:54) 

Noir

さっそくアップされていらっしゃいますね!
その文筆の早さはさすがとか言えません(^^ゞ

いやぁ~ホント奇遇でしたね。
お声をかけていただくまで気づきませんでした(笑)

楽しい時間をありがとうございました<m(_ _)m>

例の件、前向きに検討させていただきます。
調整したいと思いますので確定までしばらくお時間ください☆

あ、たまにはNEX-7も使ってあげてくださいね~~♪
by Noir (2012-07-17 00:05) 

店員佐藤

♪Noirさん、こんにちは。
今日もアドバイスありがとうございました。

ホワイトバランスで白熱灯モードだとどこかやりすぎている
感じがあったんですが、アドバイス通り太陽光に変更して
自分でカラーフィルターを使ったら、より緑っぽいイメージ
通りの写真になっています。

ご都合がつきましたら、是非、多摩動物公園にも
ご参加を!

NEX-7は直前まで持って行くつもりで用意をしていたんです。
Sony Tablet Pを置いてNEX-7を持って行けば
良かったです。(^_^;)
by 店員佐藤 (2012-07-17 07:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。