So-net無料ブログ作成

ナブユー『NV-U77VT』フル装備レビュー 2泊3日で使ってみました! [┗ SonyApp『スポット便利帳』]

DSC00001.jpg

全2回の連載でレビューするソニーのポータブルナビ最新機種「NV-U77VT」レポートの第2話です。

前回は出発前のガイドブック作成、ルートマップ作成の様子をレポートしましたが今回は実際に2泊3日で行ってきたドライブ旅行の様子をレポートしたいと思います。

機能の紹介がメインなんですが、前回作ったガイドブックデータのおかげでちょっとしたアクシデント?もあったので、それらの話も包み隠さずお話したいと思います。

 

前回はゴールデンウィーク直前ということもあり、お持ちのナブユーの活用をしていただけるよう、ソニーの地図コミュニティサイトPetaMapからスポットデータを集めて自分でガイドブックを作って、ナブユーにデータをインストール。それを使ってルートガイドを作るということをやってみました。

☆当店blog 12.4.18「ナブユー『NV-U77VT』レビュー 自分でガイドブックを作ってみよう編」 

今回はソニーさんからお借りしたナブユーの最新機種「NV-U77VT」のセッティング、そしてドライブ利用をしてみての様子を紹介したいと思います。 

DSC00002.jpg

まずは「NV-U77VT」ですが、こちらは昨年発売モデルの上位機種。このモデルの他に「NV-U77V」というモデルがあるんですが、上位機種のこちらには「FM VICS」というFM放送から交通情報を取得する機能が搭載されており、走行しながらより精度の高いルート検索をすることができます。

ちなみに私が自宅で使っている私用のナビは「NV-U2」というモデルで2007年発売のモデルです。それから5年の歳月が経っているわけで、最新機種のナビってどんな進化をしているんだろう!?という目線でのレポートになります。

まずは自宅へ持ち帰ってクルマにセットアップするのに必要なパーツだけを箱から抽出しました。これら以外に家庭内でナビを使うためのACアダプターなども入っているんですがドライブに必要なパーツは上記のものだけ。

電源はシガーライターからとり、GPSアンテナは本体に内蔵。昔のカーナビだとCD-ROMを読むための本体と液晶画面がセパレートになっている機種がほとんどでしたが、今はデータはメモリーに入れていて液晶画面本体にGPSアンテナも内蔵。本体だけで動作するのであとはクレードルと電源だけで利用ができるようになっています。

FM VICS機能搭載の「NV-U77VT」では、他にFM VICSのパーツと、FMアンテナなども付属するので、こうして並べて見るとややパーツ点数は多くなります。

これを実際にドライブするときの状態にパーツをつないでみると。。。

DSC00003.jpg

こんな感じになります。クレードルにFM VICSパーツがドッキングするようになっていて、そこにクレードルからのコードも接続できて、あとはFMアンテナを窓枠にそって付属のシール付きガイドを使って留めておく、ということをします。

DSC00004.jpg

写真の中央のものがFM VICSのパーツになります。これがまた2分割になるというか上部のカバーを外すことができるようになっており、そこをはずすとなにやら端子が出てきます。

これはFM VICSではなく、別売りの光&電波ビーコンを受信するためのVICSビーコンユニットを接続するための端子なんだそうです。

VZ002968.jpg
★ソニーストア VICSビーコンユニット「NVA-VB8」のご案内はこちらから

こちらはNV-U2の時から販売されている別売りパーツで、これをナブユー本体に接続すると一般道、高速道で光ビーコン、電波ビーコンと呼ばれる信号を受信することができて、それで近距離の道路状況を受け取る、ということをします。

これは私もNV-U2に接続して使っています。 

DSC00005.jpg

装着の仕方は説明書に書かれているので、これで迷わず装着が可能。

ちなみに私もこれは使ってみるまで知らなかったんですが、VICSって何!?という話。

これは国が提供している道路情報システムで、高速、一般道の渋滞を無くし交通事故を減らすことを目的にリアルタイムに情報提供を行うシステム。これは見ても探すのが難しいんですが、道路の上に設置された光、もしくは電波の発信機などから信号を受信してカーナビが渋滞情報をドライバーに提供するということをやっています。

信号の受け渡しには3種類あって、一般道では光ビーコン、高速道では電波ビーコン、そして放送局がある都道府県別にFM放送での情報提供をしているんです。この機会に違いを調べてみると。。。 

  FM VICS 電波ビーコン 光ビーコン
 受信エリア 放送エリア内 主に高速道路 主に一般道
 データ容量 50KB 25KB or 8KB 10KB
 伝送速度 16Kbps 4Mbps or 64Kbps 下り 1Mbps
 上り 64Kbps
 通信エリア 10~50km 20m or 70m 3.5m
 提供される情報 ・その放送局がある都道府県の情報
 ・約100km先までの高速道の情報
 ・ビーコン設置地点の前方、合計約1,000kmの広域な高速道の情報
 ・ダイナミックルートガイダンス
 ・安全運転支援(図形、画像、音声の組合せ)
or
 ・ビーコン設置地点から約200km先までの高速道の情報
 ・ビーコン設置地点から前方約30km、後方1kmの一般道の情報

VICS公式ホームページより抜粋しました。

実際に光ビーコン、電波ビーコンを使ってみるとわかるんですが、これらの情報提供場所は固定で決まっているところにあるので、そこを通らないと情報を得ることができないんです。FM VICSの一番の特長はそういう情報の受け取り場所を選ばず、広域にどこででも情報を受信できる点。

情報提供は5分間で2回の放送をしているそうなので、FM受信さえできる場所であれば、エンジンをかけて5分後には周辺の道路情報が得られるということになります。

DSC00006.jpg

電波ビーコン、光ビーコンでは信号を受信するたびにお知らせのアラームがなって一瞬だけ情報表示が行われます。特に操作をする必要もなく利用ができるんですが、さて、FM VICSはどんな具合なんでしょうね。

ルートガイドをしてもらいながら出発。走行中はやはりなるべく操作をしないようにするのが安全運転のコツです。最初のサービスエリアで、いろいろ操作を試してみました。

DSC00008.jpg

まずはメニューから交通情報を選択すると、ご覧の様に画面表示で、そのときに受信している最新の交通情報を文字と図形で表示できるようになっていました。

DSC00007.jpg

これはFM図形情報。FMで受信した交通情報をこうしたメニュー画面で用意をしてくれます。

3.東北道の枠を直接タップしたいところですが、ここでは数字の「4」をタップしないといけません。ちょっとガイドが古めかしいのはVICSがずいぶん歴史のあるシステムだからなんでしょう。

DSC00009.jpg

「FM図形情報」から東北道を選んだところがこちら。なるほど、これは今までのVICSでは表示がありませんでした。上り線で車線規制があるのと、IC間のおおよその走行時間がここでわかるようになっています。

DSC00010.jpg

こちらは従来の電波ビーコンの画面かな。受信するたびにこの画面が10秒くらい表示されるんですが、サービスエリアでじっくりと見られる図形情報としてはFM VICSの方がわかりやすいですね。

ま、大体こんな感じでビーコンはプッシュ型、FM VICSはプル型というか情報を引っ張り出して使う、というものの様です。

往路は特に渋滞もなく、VICSのお世話になる必要があまりなかったというか、渋滞はしていません、というのも一つの情報なので、それはそれでありがたかったですが帰りはちょっとした渋滞などがありました。

DSC00001.jpg

通常は隠れたまんまのFM VICSなんですが、先で渋滞しているところがあるとこうして赤いアイコンでお知らせをしてくれます。赤だと渋滞情報、黄色だと警告というかお知らせ、注意なのかな?

この状態で赤いアイコンを押すと音声で文字情報を読み上げてくれます。まだ仙台の辺りを走行中に、60km先で工事による渋滞が発生しています。約6kmの渋滞になっています。という様な内容を話してくれていたんだと思います。(運転中なので撮影、録音などができません。ナビのレビューって難しい。)

高速道路のETCを使っていると土日は割引サービスがあって全日50%オフにしてくれます。ですが帰ってくるときは平日の月曜日。平日だと通勤割引サービスというのがあって最大100km分の高速料金を30%オフにしてくれる、というのをやっています。300km走行しても割引対象になるのは100km分だけなので、理論的には100km走るたびに高速を下りて精算し直した方がオトクということになるもので、そういう渋滞情報も実はありがたかったりしました。

渋滞情報があると、その手前のICで下りて、一区間だけ一般道を走行。渋滞を抜けたところで高速に入り直すというのを2回行って、300km分の割引をしてもらってきましたが、これもFM VICSならでは。(^_^)v

こんな先の情報はそれほど早くでないので、道に詳しくない私たちでも作戦を立てて行動をすることができました。

 

DSC00003.jpg

そして、わが家のナビについていなくて、最新モデルのNV-U77VTに搭載されている目新しい機能と言えば、ワンセグです。これはNV-U77VにもNV-U77VTにも搭載されています。ナビ本体にアンテナがついていてバッテリーも内蔵していることから、まさに見かけはワンセグテレビとして利用することが可能。

そういえば、そにーさん、ちょっと前まではワンセグテレビ、ワンセグラジオを製品として販売していましたが、今はラインナップがありません。ワンセグテレビが欲しい場合はナビ機能を使わずにナブユーをワンセグテレビとして利用することができそうです。

DSC00004.jpg

さて、実際に使ってみるとこんな風にナビとワンセグ画面を両方出しておくことができます。ナビ画面はずいぶん小さくなってしまっていて見づらくなっていますが、こういうことをするときって大体渋滞にはまっているときでトロトロと止まったり走ったりを繰り返しているときになると思います。

ゆっくりしか進まないので、曲がるときは余裕をもって全画面表示にすることができます。

それと当たり前の話ですが走行中はワンセグテレビは画面表示が消えてブラックアウトします。走行中はテレビ画面は見られないようになっています。

DSC00005.jpg

で、面白かったのは録画機能、録画予約機能が搭載されているところです。なるほど、帰ってきてから気がついたんですが、走行中にどうしても面白そうで見たい番組が放送されていたら録画してしまうという方法があったんでした。

走行中は画面を見られませんから、こういう楽しみ方を用意してくれているとより安全運転ができそうです。

DSC00006.jpg

ワンセグ放送では半日先くらいまでの番組表しか送信されていませんので予約録画は難しいところなんですが、日時指定での録画機能もありました。なるほど、ドライブしないときはワンセグテレビとして使えますね。

メモリースティックスロットがあるので、ワンセグ録画を利用される方は大容量のメモリースティックDuoも一緒にどうぞ。

 

DSC00007.jpg

その他、メニューをいろいろいじってみると、これもわが家のナブユーにはついていません。「Bluetooth機能」です。ハンズフリー設定なるものまであります。

これもちょっとだけ試してみました。

DSC00008.jpg

Bluetoothの設定方法をここで説明し出すとえらい長い話になってしまいそうなので、全部割愛。詳しくは説明書をご覧いただくとして、特に難しいことはなく、機器登録をして使うだけ。

DSC00009.jpg

まずは手元にあるBluetooth機器ということでワイヤレススピーカーの「RDP-NWV25B」を登録してみたんですが、これでナビの音声も、ワンセグの音声もワイヤレススピーカーから出力することが出来るようになりました。

DSC00001.jpg
★ソニー ウォークマンドックスピーカー「RDP-NWV25B」のご案内はこちらから

WS3315.jpg
★ソニーストア スマートフォン対応ワイヤレススピーカー「SRS-BTV25」のご案内はこちらから

☆当店blog 11.10.5「ワイヤレススピーカーシステム『RDP-NWV25B』開梱レポート」 

うちのクルマに搭載しているヘッドユニットはちょっと古いモデルなのでBluetooth機能などはついていないんですが、今時の新車にはBluetooth機能が搭載されているんですかね?それがあるとこれ一発でクルマのスピーカーから音が出せるようになるというのはすごい魅力。

DSC00010.jpg

Bluetoothの音声出力は上記の3通りから選べます。ワンセグやAV機器の再生音声のみ、もしくはナビの音声案内のみ、もしくは全部。

ナビの音声案内だけはナビから聞こえて来た方が自然という感じはするかも。なお音声ボリュームですが、ナビの音声案内とワンセグは別々に制御することができるので、そういう音量のバランスについては自分で好きな様に調整ができます。

うーん、ますますクルマにBluetooth機能が欲しいところなんですが、そうだ、こんな製品がありましたね。

VZ002970.jpg
★ソニーストア ウォークマンドックスピーカー「RDP-NWV600B」はこちらから

これだったらクルマのドリンクホルダーに入れて、それでシガーライターから電力ももらえるし、耳元で音を鳴らすことができます。

これ、カーナビと合わせて使うとより便利かもしれません。

 

DSC00011.jpg

そして、もうひとつのBluetooth接続機能、ハンズフリー設定にも挑戦。私はXperiaをすでに通信契約無しで契約の終了しているSIMカードで使っているので実際には通話ができないんですが、接続方法だけの実験です。

DSC00012.jpg

ナブユーとXperiaを行ったり来たりしながらbluetooth設定を確認しているといつの間にか接続できてしまいました。

DSC00013.jpg

まずはbluetoothの機器認証でつないで、その後、ハンズフリー設定で電話選択をする、という流れです。

DSC00014.jpg

Bluetooth機能を使って電話から電話帳データを受け取ることもできるようになっているんですが、私のやり方が悪いのか、Xperiaではできないのか、電話帳転送はできませんでした。

DSC00015.jpg

ナブユーから直接電話番号を入力してみると、Xperia側でアプリケーション選択の窓が登場。なるほど、電話機能を使うか、Skype通話をすることもできるんだそうです。

ということは、Skype機能を搭載しているSony TabletでももしかしてBlutoothハンズフリー通話ができるのかな?

DSC00016.jpg

ということでSony Tabelt Pを手元に用意して実験してみます。

DSC00017.jpg

Bluetoothの機器設定まではできるんですが。。。

DSC00018.jpg

あいにく電話選択にSony Tabletが登場しません。ちなみにSony Tabletをスピーカーとして利用することもできませんでした。

ま、そんなわけでTabletを利用するのは無理でもスマートフォンとの連携などを考えている方はハンズフリー通話などの利用はできそうです。

 

というところで、NV-U77VTならではの機能紹介はこれくらいなんですが、前回のお話で東北旅行のガイドブックを作って、それでお花見ツアーをしてこよう!ということを企画しました。

おかげさまで、三春の滝桜がまだつぼみだったので出発直前に目的地を変更。1日目は「船岡城址公園」と「白石川堤一目千本桜」へ行って、2日目にゆっくりと「花見山」へのガイドをしてもらってきました。

☆当店blog 12.4.24「デジタル一眼“α”でお花見『船岡城址公園』」 
☆当店blog 12.4.25「デジタル一眼“α”でお花見『花見山』」 

無事に事故も違反もなく帰ってきていますので2泊3日のドライブ旅行は満点のガイドをナブユー「NV-U77VT」にやってもらってきているんですが、ほんのちょっとだけ計算がずれたところもあったので、それのレポートも。

まずは、楽しみにしていたこちら。

DSC00001.jpg
☆PetaMap スポット情報「有限会社光月堂」

「うわさのプリンパンを作っているところ。福島市の高校生で知らないものはいないぐらい有名。」という、地元ネタならではのスポット。

「プリンパン」というネーミングも良いですよね。まさにこれは地元ならではのグルメスイーツです。場所は福島駅の近くと言うことで、旅行1日目の夕方、ホテルに入る前に立ち寄ってみたんですが。。。

DSC00002.jpg

残念ながら閉店していました。

うーん、高校生の間で有名なパン屋さんみたいなので、もしかしたら昼間しか営業していないのかなぁ、と思ったら実際にそうでした。

しかも到着したのは17時20分だったんですが、後で調べてみたところ閉店は18時なんですって。残念ながらこの日は早じまいをしていたようです。超残念。(>_<)

DSC00003.jpg

ちなみに「うわさのプリンパン」が商品名だったみたいです。(^^;) プリンパンが噂になっているわけではなくて、「うわさのプリンパン」が有名ってことらしくて、これはガイド情報を作られた方のうまいコメント情報って感じで楽しませていただきました。

よし、ここもまた、来年、花見山にくるときは絶対にチェックします。

 

DSC00004.jpg
☆PetaMap スポット情報「白石温麺」

続いてはこれも1日目の話。白石方面に行くと言うことになり、調べてみたらこの辺りは「温麺(うーめん)」というのが有名なんだそうです。

PetaMapのガイドマップ情報「全国ご当地自慢」マップに「白石温麺」というスポットがあり、せっかくだし、これは本場で食べてこなくては!ということで、これもガイドブックに掲載。白石城の刊行の時に一緒に行ってみました。

PetaMapのスポット情報を元に。

DSC00005.jpg

クルマを降りるときにもナブユー「NV-U77VT」を持って歩きます。徒歩モードに切り替えてから持ち出すと駐車場の場所にフラッグが立つので、だだっ広い駐車場で「どこにクルマをとめたっけ!?」と言うときにも助けになるんです。

土地勘のないところではこれ、結構便利。

で、スポット情報があるところまで徒歩で行ってみると。。。あれ?そんなお店ないんですけど。

スポット情報があるはずの場所には「温麺協会事務所」というのがあって、お店はここにないんです。しまった、そういう案内か。(>_<) よく読んだら「各施設にお問い合わせください」という一文があり、名所案内スポット的な扱いになっていることが判明。

がーん! ま、ちょっと歩けばいろんなお店があるから温麺を出してくれるお店はあるだろう、と、思ったら。。。

DSC00006.jpg

その反対側にものすごいお店がありました。龍亭という名前で電話番号は4桁だけの看板になっています。どうやらここも食堂で営業中の様子。入っていくお客さんも多いので、きっと、ここも温麺を出してくれるお店なんだろう、ということで入ってみたんですが。。。

DSC00007.jpg

残念ながら温麺はなくラーメン屋さんとのこと。ただ、お店の作りがすごすぎませんか!? チャーシューメンではなくチャシューメンと書いてあるところにただ者ではない気配を感じます。

DSC00008.jpg

壁を見てもすごいことになっていて、このクーラーなんですが、これ自宅にある結婚当初に買ったクーラーと同じモノ。ということは20年近く前のモデルですよ。

おそらく、これがこのお店の最新家電。

DSC00009.jpg

きっとなにか意味があるんだとは思いますが5つカレンダーがあって、そのウチのひとつだけは3月のままになっています。

せっかくだし、ここで食事をしていこう、と、昭和30年代を思わせる不思議なお店で普通に「中華そば」をいただいてきました。

DSC00010.jpg

こちらが中華そば500円。こんなレトロなのに、魚介系のダシの味で味は今はやり風。この日はちょっと寒かったのでとてもおいしかったです。

食事中も頻繁にお客さんが訪れるので、これ、きっと地元では有名なお店なんだろうなぁ、と、思っていて、あとで食べログを見てみたら、確かにたくさんの方達のコメントが入っているお店でした。

確かにこんなに雰囲気のあるお店って今時ないですからねぇ。

DSC00011.jpg

スポットデータの私の読み違えではあったんですが、これもナブユーとPetaMapがあったからこその縁だと思って、楽しませてもらってきました。

お店の方も「温麺はありますか?」と最初にうかがってしまい、後から気を遣わせてしまったんです。「温麺はないけど、ラーメンはあるよ、あとカレーも人気があるよ」「温麺じゃなかったけどお口に合いましたか?で、あれば良かった」などと声をかけていただいたのが嬉しかったです。

このお店で食事ができて、よかった。


PetaMapで詳細を見る

 

DSC00867.jpg

最終日はあいにくの雨。予報通りではあるんですが、思っていたほど雨足は強くないので、帰りがけに、ナブユーで即席でルート編集をします。帰り道にあるスポット情報からあまり遠回りせずに立ち寄れる展望スポットをチョイス。

宿の中で帰り道のプランを立てて、それから出発しました。

クルマの中にナビを置きっぱなしにしているわけではなく、こうして宿にも自宅にも持ち出すことができるので、クルマの中ではないところでドライブプランが立てられるのもメリット。

DSC01048.jpg

おかげさまで、素敵な松島の景色を2カ所、旅の最終日にくわえることができました。

いやぁ、やっぱり、いいですね。最新型のナブユー。

 

ただ、最新型と言っても発売されたのは昨年の春になります。搭載されている道路地図データは2011年4月(高速、一般道は1月)のものとなっており、データがちょっと古くなります。

というか、2012年の今年は関東近県でも大きな道路が2カ所開通しています。一つは「東京ゲートブリッジ」です。今年の冬に開通になりました。

そして先週の話になりますが新東名も開通。さらに言うと東京スカイツリーが5月に開業するし、今月もお台場にダイバーシティー、渋谷にはヒカリエなどもオープンしているので、今年はそういう地図の情報変更がものすごく多い年になります。

それが地図データに記載されていないのはなぁ。。。というところですが、ご安心を。現在、ソニーのナブユーでは最新の地図データ無料ダウンロードキャンペーンというのを開催しています。

VZ002793.jpg
☆ソニーナブユー最新地図データ無料ダウンロードキャンペーンのご案内はこちらから

2012年4月2日以降、2013年3月31日までに購入されたナブユーには2012年秋に登場するはずの最新地図データを無料でプレゼントする、というキャンペーンを行っています。

これがあるので、今買っても今年の年末には2012年4月締めの最新地図データを利用できるようになるんです。

毎年年末になると最新版の地図データが販売されますがディスク代は約2万円前後します。これが無料で使える様になるのは大きいですね。

 

それとGPS、カーナビ絡みのニュースをもうひとつあげるとすると「準天頂衛星 みちびき」の存在も知っておきたいニュース。

VZ002966.jpg
☆JAXA 準天頂衛星 初号機「みちびき」のご案内はこちらから

GPSというのはアメリカが打ち上げている位置情報の衛星の信号を捕捉して、それで地球上のどこにいるのかを計算するシステムになっています。山岳部の谷の部分や、都市部の高層ビルの下などでは地平線に近い衛星の信号が受信できず位置情報の精度が低くなるんですが、それを補うために、日本で独自に常に日本の天頂部分にいる衛星を打ち上げているんです。

VZ002967.jpg
☆JAXA プレスリリース「準天頂衛星初号機「みちびき」測位信号の提供開始について」

昨年の6月からその衛星の信号が一般でも利用できるようになり、一部のメーカーさんからは準天頂衛星「みちびき」に対応したGPS機器が発売されはじめています。

もちろん、ソニーでもこれに対応した機器の開発を現在行っているはずで、それでこの春はナブユーの新製品が発表されていないのかもしれません。

なんだ、じゃあ、みちびきに対応したナビが出るまで待った方がいいな、ということになるかもしれませんが、これ、まだ打ち上げられている衛星は1機だけなんです。1機だけだと、まだ1日のウチ8時間ほどしか利用ができないそうで、4機の準天頂衛星がそろってようやく24時間の利用ができるようになるんです。(まだ初号機のみでこれからの衛星打ち上げは検討中)

それと、ナブユーの場合、マップマッチングをしてくれるので、都市部でもほとんど道を外れることはありません。正確に道をトレースするので個人的にはあまり「カーナビ」では必要はないのかなぁ。。。とも思えます。(まだ実際に私も使ったことがないので、その精度についてはよくわかっていないんですが) 恩恵を受けるのは徒歩ナビ、山岳ナビとかのハンディタイプのモノになるんじゃないかと予想されます。

 

そんなわけで、ソニーのナブユーを取り巻く現状の話でした。

2008年にNV-U2を買ったときは確か59,800円とかしていたと思います。それがワンセグがついて、FM VICSがついて、Bluetoothもついて、それで44,800円。。。

さらに言うなら当時はまだ新カテゴリーの製品ということで、3年ベーシック保証もついていなかったんです。現在はワイド保証こそ選べないモノの、3年ベーシック保証もついてます。お買い得になりました。

さらに最新版の地図データも1枚、年末にもらえるわけで、結構お買い得だと思うんですよ。

 

見ての通りでセッティングは自分で出来ますし、シガーライターソケットだけ使えれば到着当日から利用ができます。

ゴールデンウィークにドライブの予定があるようでしたら、ちょっと新しいモデルに買い換えて見ませんか!?

 

VZ002794.jpg
★ソニーストア ポータブルナビ「NV-U77VT」のご案内はこちらから

※FM VICS搭載モデル

VZ002795.jpg
★ソニーストア ポータブルナビ「NV-U77V」のご案内はこちらから

VZ002793.jpg
☆ソニーナブユー最新地図データ無料ダウンロードキャンペーンのご案内はこちらから

☆当店blog 12.4.18「ナブユー『NV-U77VT』レビュー 自分でガイドブックを作ってみよう編」 
☆当店blog 12.4.2「ナブユー最新地図データ無料ダウンロードキャンペーン」 
☆当店blog 12.2.28「ナブユーで交通規制情報の提供がスタート」 
☆当店blog 11.6.16「ポータブルナビ『NV-U77VT』が受注開始になりました」 
☆当店blog 11.4.28「ゴールデンウィーク向けに特製マップを作ってみました!」 

 

【サイクリング・徒歩ナビにはこちら!】

VZ002045.jpg
★ソニーストア限定販売 「NV-U37」自転車専用クレードルキットのご案内はこちら

VZ002046.jpg
★ソニーストア パーソナルナビ「NV-U37」のご案内はこちらから

☆当店blog 12.3.16「サイクリングナビ『NV-U37』が2度目の値下げ」 
☆当店blog 11.8.15「那須平成の森 ガイドウォーク体験記」 
☆当店blog 11.7.19「ナブユー『NV-U37』に山岳ルートを表示したい」 
☆当店blog 11.6.29「ナブユー『NV-U37』実機サイクリングレポート」 
☆当店blog 11.6.23「ナブユー『NV-U37』開梱レポート」 
☆当店blog 11.5.27「サイクリングナビ『NV-U37』ファーストインプレッション part3」 
☆当店blog 11.5.26「登山ナビ『NV-U37』を実際に使ってきました」 
☆当店blog 11.5.25「サイクリングナビ『NV-U37』ファーストインプレッション」 
☆当店blog 11.5.17「新型ナブユーのカタログが到着」 
☆当店blog 11.3.25「新型ナブユー『NV-U37』発表のお知らせ」 

 


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。