So-net無料ブログ作成

Sony Tablet 店員の声 [┣ Xperia & Tablet]

DSC00956.jpg

本日9時40分に発表された「Sony Tablet」ですが、勉強会や実機見学で皆さんよりちょっとだけ情報をもっています。電子書籍「Reader」もそうでしたが、今回もソニーとしては新しいジャンルの製品。

正直「タブレットいかがですか?」って言われても何に使えばよいのかもわからない方が多いと思うんですが、私もそうでした。今ではすっかり洗脳されてしまって、製品の到着が待ち遠しくなってしまっているんですが、その様子をここで簡単にお伝えしたいと思います。

今回は長期計画で、実機がきたら毎日blogネタを書かせてもらうつもりでいます。今回は当店の「Sony Tablet 日記」第1話です。

 

DSC00001.jpg

さて、最初にお話を聞いたときに言われたのが「4つのディスプレイ」の話でした。

ソニーマーケティング社長の栗田氏がインタビューなどで今年語っているのがソニーの4つのディスプレイの話で、一つはブラビア。二つ目はVAIO。三つ目がXperiaなどのスマートフォンで、四つ目にくるディスプレイが「Sony Tablet」になる、ということでした。

家庭内にあるディスプレイ、というかメディアの窓ですが、テレビは昔からあるので想像がつきますよね。放送を見るモノ、メディア再生で楽しむモノ、情報を受け取るモノ。

VAIOを初めとするPCはインターネットを介して情報を受け取ったり、こちらから発信したりするツール。

Xperiaはおそらく携帯電話のコト、PSPなどのことも含むんだと思いますが、外に持ち歩いて使うためのもの。画面サイズは小さく不便はあるけれども携帯性が高く、このサイズでなければ使えないモノ。

というイメージでいました。

ところが4つめの窓、タブレットは今までの家庭内に存在しなかった新しい窓になるんです。どんな使い方をすればいいのか、果たしてそれは便利なのか? 必要のあるものなのか? が、あまりイメージできないと思います。

私もそうです。

ソニーがこの秋に「Tablet」を製品として出します、という予告を出してから、ことある毎に「タブレットって何に使うの?」と、iPadをお持ちの方に聞いたりしていたんですが、みなさん、答えはばらばら。「こうやって使ってる!」という話はあるんですが、どれもそのスタイルが違うんです。

ということは、これってもしかすると、それだけの可能性を秘めた、新しい窓、新しいディスプレイとして利用ができるみたいです。

DSC00002.jpg

今日届いたカタログも非常にユニークで、普通であれば機能説明、ソフトウェア説明にページを割くところが、利用シーンをイメージできる、使い方提案がメインのカタログになっています。

で、ふと、ここで思い出しました。

DSC00003.jpg

今年の夏休みですが、サンシャイン水族館に始まり、那須登山などを楽しんできて、最後は実家へ里帰りまで楽しませてもらってきました。年甲斐もなく旅行が楽しかったモノで、親にそれを伝えたくて写真をプリントして持って行くんです。いつも。

最近は↑こんなフォトアルバムを作って持って行っています。

DSC00004.jpg

写真がこういう風にぱらぱらめくれる卓上カレンダー風に収納ができて。。。

DSC00005.jpg

立てるとフォトフレームになって、毎日めくって違う写真を楽しめる、という風なものなんですが、写真がバラバラにならなくて便利で、一度写真を見せるだけで終わらなくて、あとでずーっと楽しめるというもの。

昔はVAIOを持って行ってそこに入れた写真を見せたりしていたんですが、両親にはPCの経験値が全然ないもので、矢印キーで写真を見るのが面倒みたいなんですね。なので、こうして紙モノのしていたんですが。。。そうか、こういうことにタブレットって使えるのかも。

DSC00006.jpg

その気になればXperiaなどのスマートフォンに写真を入れて、それで見せることもできるんですがサイズが小さすぎるんですよね。それよりは写真パネルらしいサイズになり、画面をなぞるだけで写真送りができて、そしてなおかつ、自分で使うときにはそれがデジタルフォトフレームとして利用ができる。

写真プリントの必要もなく印刷代がかからないメリットもあります。

こういう使い方一つ見つけられると、そこを糸口にいろいろな利用方法が考えられます。

DSC00007.jpg

そんな糸口をたくさん用意してくれているのが「Sony Tablet」なんです。

勉強会で話を聞いての第一印象はさすが後発なだけあって、非常に考えられた製品になっているということ。

たとえばタッチパネルなんですが、ノイズキャンセリングの技術を使いタッチパネルで発生する6~7割のノイズをカット。正確なタッチ検出をするとともに、遅延予測という指の動きを予測して先回りして描画をするという技術も織り込んでいるそうで、関係筋の方の話によると、まるで指に吸い付くような操作感が味わえるんだとか。

DSC00010.jpg

他にもブラウザも独自のものを開発していて、javaスクリプトを見つけるとそれを後回しにして先にWEBページの表示を優先させる、ということをしているそうです。WEBサイトのロード完了にかかる時間が短くなるわけではないんですが感覚的に表示を早くしてストレスをかけない工夫などをしています。

ソフトウェアキーボードも独自開発をしているそうですが、これらを合わせて「サクサク・エクスペリエンス(Sakusaku Experience)」と呼ぶそうです。この「サクサク(Sakusaku)」なんですが、全世界共通語にするそうで、海外でも「Sakusaku」のまま押し通すそうです。

Sony Tabletがブレイクしてくれると海外でもスムーズに動く様を「Sakusaku」って言うと通じてしまう日が来るかもしれません。

DSC00008.jpg

オリジナルのソフトウェア、ソニーのネットワークと絡んだ話は山盛りあります。まずはPlayStation Certifiedにタブレットとして初めて対応。初代プレイステーションのタイトルがソニータブレットで楽しめるようになるそうです。

プレインストールされているゲームも2本あり「みんなのGOLF 2」とピンボールが付属します。

それだけしか遊べないわけではなくアンドロイド・マーケットで販売しているAndroid用ゲームソフトウェアも楽しめるんですがPlayStationクオリティのゲームソフトが楽しめるのはかなり大きなアドバンテージじゃないですか?

DSC00009.jpg

標準のミュージックプレーヤーの他にソニーオリジナルのミュージックプレーヤーを搭載。またDLNAプレーヤーも搭載しているので、VAIOなどに貯めた音楽ファイルの再生も可能。

残念ながらATRACと著作権保護されたファイルの再生には対応しないそうですが、このあたりはAndroid OSの仕様によってしまうんだとか。

DSC00011.jpg

ホームネットワークにある写真、音楽にもアクセスが可能、それをタブレットで再生したり、そこから対応したホームネットワーク機器へ転送することも可能。

こういうのって自分で試してみないと、実感がわかないんですが、私もたまにやるんですよ。ブラビアからホームサーバー「VAIO HS1」にアクセスしてバックアップしている音楽ファイルにアクセスしてテレビをミュージックプレーヤー替わりにするとか。

そういうコントロールをタブレットで一元的にできるといいなぁ。

 

さて、そういう商品コンセプトの話よりも、ちょっと実機の話を。

DSC00012.jpg

初期導入の方法だけレクチャーしてきています。本日「Sony Tablet S」を反射的にオーダーしてしまっている方にはこのあたりの話は見なくてもおわかりになることとは思いますが、私みたいなAndorid初心者にはすごく助かる話を聞いてきました。

まずは初期設定。電源を入れると言語選択をすることになります。ここではもちろん「日本語」を下の方にスクロールさせて選択します。

DSC00013.jpg

続いて日時設定をするんですが、標準設定ではグリニッジ標準時になっているそうです。なので、タイムゾーンをまず最初に設定することが大事なんです。グリニッジ標準時で時間を合わせても意味がないですから。

DSC00014.jpg

その後、googleアカウント、無線LAN設定を行えば、これであとはアプリをインストールして使うだけ。googleアカウントをお持ちでない、と言う方は「Sony Tablet」がやってくる前にとりあえずIDを作ってカレンダーとGmailを使うようにされると良いと思います。

そうしておくと「Sony Tablet」の存在価値が2倍くらいありがたくはなると思います。

DSC00015.jpg

私はXperiaで使っているGoogle IDを登録。そうしておくと、スマートフォンXperiaで使っていた有料のアプリなども追加ソフトウェア代なしに、Sony Tabletにインストールすることができるんです。

頭ではできることはわかっていましたが、実際にこうして借り物のTabletでも、Google IDだけ設定しておけばアプリを共通で使えるのがわかると楽しくなりますねぇ。まだ、私がお金を払って買ったアプリって4つくらいしかないんですけど、こうやって利用できるシーンが増えるならどんどん買い増しちゃいたくなるかも。

ちなみにスマートフォンでいつも使っているゲームアプリとかですが、それをTabletで遊ぶとどうなるのか試してみると。。。

DSC00016.jpg

まず、タブレットに対応していない、要するに高解像度になる大画面表示を想定していないアプリを使うとご覧の通りになります。まさにでっかいXperiaです。

なるほど、タブレット利用を想定していないアプリだとこんなことになってしまうのか。。。単に画面がでかくなっているだけです。ちなみに解像度はXperiaが832×480ドットで、Tablet Sは1280×800ドットです。画素数で比較すると2.5倍くらいになります。

※アプリによっては拡大表示されずにタブレット画面の一部に小さい窓ができてそこにしか表示されないものもあります。

DSC00017.jpg

こちらは有名なゲームアプリで「Angry bard」というソフト。パチンコに挟まっている鳥を引っ張ってぴょーんと飛ばして画面右側にある障害物を全部壊していく、というゲーム。

Xperiaでは画面の一部を表示してプレイする岳になるんですが、Tabletではズームを操作して解像感はそのままにより広く表示をすることができます。タブレット対応というか高解像度対応のアプリだとこうして遊ぶことができるようになるわけです。

DSC00018.jpg

こちらも有名なゲームアプリで「Robe Defense」というゲームになります。これは私もかなりやりこんでいます。レベル400くらいまでがんばりました。

このアプリもある日突然バージョンアップでグラフィックがすごく綺麗になっちゃったことがあるんですが、どうやらそれがタブレット対応になったきっかけだったみたいで、これもズーム率を変更することで画面の一部しか見えなかったモノが全体表示をすることができるようになっています。

Androidスマートフォンの画面の狭さを克服するのに、こうしてズーム機能を使ったモノがいくつかあるんですが、それを解決してくれるようなイメージ。使ってみるとまさに「でっかいXperia」な感じがします。

 

イメージとしては2年くらい前にヒットした「ネットブック」の代わりになるものなのかな?で、あればプリント機能とかないと家庭内では使いにくくないですかね? たとえば料理のレシピとか探して、それをいざ料理しようとするときに印刷してからキッチンに持って行く、とかいうシチュエーションで使いにくいじゃないですか?

って、思ったらそういう機能ってそもそも必要がないんですよね。

DSC00019.jpg

これは、Andoridの無料アプリ「COOKPAD」を使ったところなんですが、材料と調理方法までが全部一画面で表示できてしまうんです。これを印刷したいとは思えず、タブレットがあったらこれをそのままレシピシートとして使いますよね。

バッテリーのモチについてもWi-Fi利用で約6時間程度というのがカタログ数値。で、パソコンなどと違い、タブレットを使いっぱなしにすることはないそうなので、感覚的には1日使えるくらいのスタミナだと思って大丈夫ですよ、と言われてきました。

家庭内メモ帳としても使えそうです。

DSC00020.jpg

あとはデメリットというか、ネットブックだと思って使おうとするとやや制限があるのがメモリーカードの扱いです。Windows PCでは外部メモリーを読みに行く、という感覚なのでカードを挿したら中身をすぐに閲覧することができるんですけど、Android OSでは、本体メモリーと外部メモリーという2つの認識しかしないんだそうです。

Sony Tabletは内蔵メモリーで16GB、32GBを積んでいますが、それを2分割して本体メモリー、と外部メモリーとして扱うそうです。なのでそこにさらにもうひとつ、外部メモリーを加えることができないため、メモリーカードのデータを読む際は一度、内蔵されている外部メモリーにデータをコピーして読み込む必要があるとのこと。

そのためのファイル転送ソフトもオリジナルで用意しているそうですが、ここでワンクッション入ることを知っておいた方が良いようです。

あと、できそうでできないことの筆頭にあがるのがAVCHDの動画再生なんですが、これもAndroid OSの制約があってできないとのこと。

そういうところがVAIOとの違いになります。

DSC00021.jpg

その他、これは使えそう!と思えたのがリモコン機能で、赤外線リモコンの学習機能を搭載しているので、DLNAを使ってのコントロールの他、普通に家電製品のリモコンとして使うこともできるそうです。

スタッフの方が試したところではほぼなんでも行けるんですが、赤外線通信を双方向で行うモノだけは対応できなかったそうです。何が使えなかったかというとトイレにある温水便座。そんなところまで実験しているのか!?と、思いました。

DSC00022.jpg

ということで、タブレットって何に使うの!?という話でしたが、私のイメージではこんな風な自宅のリビングの周りに置いてあるモノのすべてを集約したものになるのかな?という感じ。

今回は紹介し切れていませんが、Reader Storeとの連携もするので、今まで電子書籍Readerで買った書籍データがそのまんまSony Tabletにも入れることができるんです。

XperiaとSony Readerが全部一緒になっちゃうっていうだけでもわくわくしてしまいます。

DSC00023.jpg

で、ここまで話したのはほとんどSony Tablet Sの方の話が中心。シングル液晶のSシリーズにも、ダブル液晶のPシリーズにも両方ともそれぞれ特長があり、Sだけ、Pだけにしかインストールされないアプリなどもあります。

自宅の中だけで使う分にはSシリーズを買えばいいや、とか思っていたんですけど、Pシリーズがどうしても欲しくなってしまうアプリを見つけてしまいました。

それがこれ。

DSC00025.jpg

「PetaMap ガイド&ナビ」です。

DSC00026.jpg

これのデモも見せてもらったんですが、これ、すごいんですよ。画面の左に地図、右にスポット名が並んでいますが、これがまさに手帳みたいに使えるようになっていて、地図からスポットを見つけてきてそれを右の項目に並べていき、並べ終わったらそれでルート検索をして、地図にルート表示をしてくれるんですって!

しかも並べた項目はデートルートみたいに保存しておくことができて、そのスポットの評価とかコメントを入れておくことができるんだとか。

それこそ「いついつのデートの思い出」みたいにルートを残しておくことができるみたいで、私みたいに年がら年中、駅からハイキングをしている人間には超使ってみたい感が満点なんです。

2分割画面を利用するためのオリジナルの機能なども搭載しているんですが、そんなのよりも、このPetaMapガイド&ナビにもう目が釘付けです。見せてもらったのはまだ開発中の画面で固まることも多いみたいでしたが、10月中旬のSony Tablet Pシリーズ発売までにはきっとなんとかなっていることでしょう!

このPetaMapガイド&ナビのためだけに、Sony Tablet Pシリーズも予約です~!

 

ということで、今日のところは「タブレットって何に使うの?」というところの簡単なイメージの話をしてみました。

製品担当の方からお話を聞く前は全然使い方がわからなかったんですけど、一通り内容を知ってみると、未知の世界に突入できる楽しみでワックワクです。次回はもうちょっと具体的にどんなアプリが搭載されていてどんなことができるのかを詳しく見てみたいと思います。

 

DSC00027.jpg
★ソニーストア「Sony Tablet Sシリーズ」のご案内はこちらから

DSC00028.jpg
★ソニーストア「Sony Tablet Pシリーズ」のご案内はこちらから

 


nice!(27)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 27

コメント 10

sss

Sony Tabletの話じゃ無いのですが、「卓上カレンダー風フォトアルバム」ってどこで入手できますでしょうか?
by sss (2011-09-01 15:56) 

akki@moebile

こんばんわ。S1の発売にキター!と喜んだのですが、なんとDTCP-IPに対応していないので、レコーダーで地デジ録画したものをネットワーク経由で見れない・・・。
これが一番やりたかったのですが、残念。現状、iPad2もDTCP-IPに非対応ですから、SONYで対応すれば、売り上げ上昇すると思うのですが・・・対応を待ちます。
by akki@moebile (2011-09-01 19:52) 

みゆぱぱ

積立預金提携クーポンはタブレット端末に使えないんですね・・・

S1はDLNA対応との事ですが、BDレコーダーに撮った番組の
視聴は可能でしょうか?

とりあえず、おうちデモに応募しました!
いろいろと確認してから購入しようと思っていますが、VAIOのように
店頭購入キャンペーンやりませんよね?
by みゆぱぱ (2011-09-01 20:47) 

S1

こんばんは。
Sony Tabletをアクセサリーとあわせて
ソニーストアで注文しようとしたのですが、、、
本体だけでなくアクセサリー類のすべてで、
AV10%や13%のクーポンがグレーアウトして使えませんでした。
3年ワイドは大丈夫でしたが。
本体が割引クーポンの対象外、とは赤字で記載がありましたが、
関連商品については何もなかったのですが。。。
Sony Tabletは、本体だけでなく、関連製品も
全て割引クーポンの対象外なのでしょうか?
もしご存じでしたら、お手数ですが教えていただけますか?
by S1 (2011-09-01 21:08) 

店員佐藤

♪sssさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そっちですか!? えーと、これはどこだったかなぁ。。。
たぶん、ニトリさんで見つけたモノだったと思うんですが
ニトリさんのWebページを探しても見つかりませんでした。
通販ではなく、実際にお店で買ってきて、値段は200円
とかだったと思います。
by 店員佐藤 (2011-09-02 00:14) 

店員佐藤

♪akki@moebileさん、こんにちは。
そうですねぇ。コントロールだけではなく番組そのものが
見たいですよねぇ。ま、そのあたりはOSに依存するところも
あるみたいでMPEG-2がだめらしいのでDTCP-IP対応
以前の問題でもあるんですが。

そういう制約もありつつ、でっかいXperiaが家にやってくると
どうなるのか私はすごく楽しみです♪
by 店員佐藤 (2011-09-02 00:19) 

店員佐藤

♪みゆぱぱさん、こんにちは。
お買い物クーポンであれば普通に使えると思うんですが
利用ができませんでしたか?

DLNA対応の件ですが、著作権保護技術に対応をして
いないのでデジタル放送の録画番組については対応は
しないはずです。またDRモードで録画した場合、MPEG-2
記録になるのでフォーマット自体が対応できないと思います。

店頭購入キャンペーンですが、ソニーさんからなにか応援が
あったらすぐにはじめまーす。
by 店員佐藤 (2011-09-02 00:36) 

店員佐藤

♪S1さん、こんにちは。
Sony TabletはIT商品カテゴリーになるみたいで
VAIO同様、通常のAV商品割引クーポンは利用が
できません。Readerも同様なんですが、Readerの
場合は周辺機器はAV商品扱いなんですよね。(^_-)

またPC関連商品としても扱われていないみたいで
So-netさんから配られているPC関連商品割引
クーポンの利用もできませんでした。

今のところご利用になれるのは3年ワイド保証のクーポン
だけのようですので、これの期限を迎える前に使って
しまうのが良いと思います。
by 店員佐藤 (2011-09-02 00:41) 

みゆぱぱ

おはようございます♪

三井住友の積立預金提携クーポンの注意書きに対象商品という
項目があり、タブレットや電子書籍端末、ゲーム関連商品などは
対象外と明記がありました。

9月発売を睨みクーポン化していた私には落とし穴でした・・・
(自分の確認ミスですが)

また、BDレコーダーの件、ありがとうございます。
残念ですが、それでもS1は購入しようと考えています。

店頭キャンペーン期待しています!
(いつも、頂いてばかりですが)
by みゆぱぱ (2011-09-02 08:17) 

店員佐藤

♪みゆぱぱさん、こんにちは。

http://www.jp.sonystyle.com/Partner/Bank/Smbc/index.html
こちらのページですね。9月1日に改訂があってタブレットが
すぐに対象外指定されていることがわかりました。
情報ありがとうございます。

あとは3年ワイドクーポンが使えるのと、本体購入時に
クレードルセットを購入すると1,500円安く購入ができます
ので、そちらのお得を是非ゲットしてください。
by 店員佐藤 (2011-09-03 01:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。