So-net無料ブログ作成

写真のチカラで東北を救おう! [がんばろう日本!]

DSC09852.jpg

ゴールデンウィーク直前のイベントレポートです。

4/25(月)~5/7(土)まで新宿西口のヨドバシフォトギャラリーで開催している東北地方太平洋沖地震被災者支援チャリティー写真展「写真のチカラで東北を救おう!」へお邪魔してきました。

 


PetaMapで詳細を見る

場所はこちらJR新宿駅の西口を出てすぐのところ。高速バス乗り場のあるビルでヨドバシカメラさんのすぐ隣のビル、といえば場所はすぐにおわかりいただけると思います。

こちらで4/25から5/7の期間中、ヨドバシカメラさんの写真ギャラリーでチャリティー写真展を行っているとのこと。会場で展示している写真を一律15,000円で買っていただくと、その金額が全額、募金になるというイベントです。

syasinnotikara.jpg 

賛同している写真家の方の数がすごいことになっていて、しかも見ると普段雑誌やフォトイベントなどでお見かけするお歴々の方ばかり。

ソニーITエンタテインメントセミナーの講師をされている桃井さん、清水さん、吉住さんのお名前も見つかるしどんな写真が飾られているのか見てみたい! ということで、今日の営業終了とともにすっ飛んで行ってきました。

20時まで開いているので会社帰りにも立ち寄り可能。

DSC09834.jpg

で、こちらがその会場が入っている「MY新宿第二ビル」なんですが、ここを1周してみても入り口が見つかりません。これどうやって入るんだろう?と、思ったら。。。

DSC09836.jpg

1Fには入り口はなく地下から入るという、ちょっと難しいビルになっていました。最初にして最大の難関が待ち構えていました。(2カ所ほど入り口はあるようですがいずれも地上から階段でくだっていきます。)

地図をよくみると入り口って書いてありますね。その通りに行けば確かにこの地下の入り口に行き着くわけです。

DSC09856.jpg

で、こちらがヨドバシフォトギャラリーの「インスタンス」です。今回はチャリティ写真展に賛同して場所を無料で提供しているんだとか。

DSC09841.jpg

会場は2部屋用意されていて、こちらがまず最初の一つ目のギャラリー。ずらっとぎっしり写真が並んでいますがすべてA3サイズのパネルになります。一列で一人の作品となっていて、どれがどなたの作品かはプレートで紹介されていて、さらに今回の被災に向けたメッセージも書かれていました。

DSC09838.jpg

販売価格は一律で15,000円。一人最大5点までの購入となっています。

聞いたところ、この場ですぐに買って帰ることができるわけではなく、受付で購入したい旨を告げると案内用紙が渡されて、銀行振り込みで代金を支払い、その後、宅配便で写真パネルが送られてくるという仕組みになっているんだそうです。

クレジットカード払いや、ヨドバシポイントの利用はできません。あくまでもこれはヨドバシさんは場所だけ貸してくださっているチャリティイベントです。

DSC09854.jpg

作品によってはセルフプリントをしているものもあり、そういう1点ものは早い者勝ちですぐに終了。実際にソールドアウトになっている札は開催からまだ3日目なのにかなり多かったです。

それ以外の作品はオーダーが多ければその分をプリントできるので何人でも購入可能。後日送られてくる写真は展示品と同じ仕様のもので同じ額装にして送られてくるそうです。

うちもラボがあるのでわかるんですが、これ、だいたいプリントだけで4,000~5,000円はします。それに額装をすると+7,000円前後。それを考えるとこれって原価が12,000円くらいになるんです。たった3,000円でプロカメラマンのお気に入りの作品が買えてしまう計算。

一律15,000円ってなっているんですが、これ、実はものすごく安くて、それでおそらく「お一人様5点まで」とかになっているんでしょう。

そのプリントにかかる費用を協賛してくださっているメーカーさんが負担をしてくださっているそうで(ソニーさんも名を連ねています。)、購入金額の15,000円からプリント代を差し引くこともなく、いただいたお金は本当に全部復興支援のため全額日本赤十字社に送られるそうです。

当然カメラマンさんも無料で写真を提供してくれているわけで、関わっている方全員がボランティアになっているというものすごいイベントになっています。だいたい、参加されているカメラマンの数がすごいことになっています。こんなにたくさんの60名以上のプロカメラマンさんが足並みをそろえてそろうなんてCP+でも実現しないはず。

いわば日本の写真界の「We are the World」状態なわけです。買い占めたくなっちゃう人が本当にいるかも!?

 

うちも自分の写真でA3ノビプリントの写真を部屋に飾っていますが、A3サイズは迫力ありますよ。これをきっかけにプリントの購入をする、というのを初めて体験する人も大勢いらっしゃるんでしょうね。

 

DSC09843.jpg

写真右は今回の写真展の事務局をつとめられている山田久美夫氏です。非常に気さくな方で今回のイベントの趣旨を丁寧にご案内してくださいました。ご自身の作品も展示されています。

写真左は私をここに誘ってくださった桃井一至氏。4月になってから動き始めてそこから1ヶ月もないうちに開催になった写真展です。雑誌広告などをすることはもちろんタイミング的にできるはずもなく、告知はほぼすべてWEBだけで行っているとのこと。

当店blogでも是非取り上げて、一人でも多くの方にご来場いただきたい、というお話で今回は取材をさせていただいてきました。

※会場内は撮影禁止になっています。今回は特別に許可をいただいて写真撮影、blog掲載をさせていただいています。

DSC09858.jpg

写真展はゴールデンウィーク期間中、休日なしで開催しています。入場料も資格なども特に必要なものはなくどなたでも自由に入場して写真を楽しむことが可能。その場で運命の写真と出会ってしまったら、あとから銀行振り込みで購入することができるので軍資金を持って行かなくても大丈夫です。

15,000円をただ募金する、というと、ちょっと勇気がいりますが、こうして形に残る記念品がもらえると思うと、しかも言ったとおりこれはプリント物の販売としてはかなり安く価格設定されていますからそういう意味でもチャリティーでお金を出しやすいと思います。

私ですか? いやぁ、私も運命の写真を10枚くらい見つけてしまって、どれにしようか悩んでいるうちに20時になってしまいました。GW中にもう一度行ってきたいと思います。

 

新宿にお越しの際は是非、お立ち寄りになってみては!!

 

☆東北地方太平洋沖地震被災者支援チャリティー写真展「写真のチカラで東北を救おう!」公式ホームページはこちらから

☆facebook「写真のチカラで東北を救おう」

期間/2011年4月25日〜5月7日 11:00-20:00
(入場無料 会期中無休 最終日18:00まで)

会場/ヨドバシフォトギャラリー「INSTANCE」(インスタンス)

 


nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。