So-net無料ブログ作成

はとバスツアーに行ってきました [┣ デジタル一眼“α”]

hato01.jpg

今日は念願だった「はとバス」ツアーに行ってきました。今週届いたばかりの新型VAIO Pを持って。

 

hato02.jpg

さて、まず最初に説明しますが、今日は新型VAIO Pを持っていって、これを使っていつものVAIOでの旅の実況生中継をしようと思っていたんですがやめてしまいました。

GPS、ワイヤレスWAN機能を内蔵していれば、VAIO P単体でいろいろなことができるところなんですが、それが非搭載でGPSユニット、イーモバイル回線を使ってそんなことをやっても先代のVAIO type Pと、なにも違いがないんですよ。

それと、はとバスツアーなんですが、これがのんびりとバスツアーになるものだと思っていたら、これがそうでもなくて、結構ハード。というか体力的には全然楽なんですが、イベント目白押しでVAIOをいじっているのがなんかもったいなくて。。。

ということで、今回は新型VAIO Pのお話はちょっとで、旅のレポートが中心になってしまうんですが、ご了承くださいませ。いつもの話ですが、こうやって気合を入れてレビューレポートをしようとしても失敗することって、私はしょっちゅうですから。

ちなみに、バッテリーのスタミナテストだけはしっかりとやってきました。今回は2本のSタイプバッテリーを持って行っています。1本はGPSのbluetoothもイーモバイル回線もフル活用しているときの動作状態。さらにフォトストレージとしてメモリースティックからのデータ取り込みもしています。解析作業も加わって、Z550+SSD 128GB仕様のVAIO Pはフル回転状態でした。

PS098.jpg

ま、これは大体の目安と言うことにしていただきたいんですが、3回ほど行った再起動を含んでもスタミナは約2時間20分くらい。フル回転状態とまではいかなくても屋外での利用をしていてい液晶の輝度はかなり高めでこんな結果です。

最大スタミナ性能はSバッテリーで5時間半ということになっています。これは液晶の輝度を最低に落として、なにも計算させずに放っておいた場合のスタミナ性能。それのほぼ半分くらいが実際のスタミナ性能とは言われていますが、実際に使ってみてバッテリーの減り方をみていると、もっとそれ以上、バッテリーがもつ感覚です。

液晶の輝度を下げる照度センサーが搭載されているんですが、これがあると実時間にかなり近いスタミナ性能を実現してくれるんですが、それにしては2時間20分ではちょっと短いですね。

PS103.jpg

こちらは2本目のバッテリーです。帰宅してから取り込んだ写真を選別してリサイズしてblogに送信。で、その後、テレビを見ながらダラダラとながら入力でこのblog記事を書いている状態でのバッテリーの減り方です。

ワイヤレスLANを使って夜の室内なので液晶の輝度も低め。ただし、写真を閲覧するときは輝度を最大にして作業しているわけですが、それでスタミナ性能は3時間ちょっと、ということでした。

Sバッテリーで4時間のスタミナ性能だった旧型VAIO type Pよりは明らかにスタミナ性能が上がっています。以前のモデルではSバッテリーとLバッテリーの購入をお勧めしていましたが、今回はSバッテリーを2本という感じで良さそうですよ。

ZFU103.jpg
★ソニースタイル 新型「VAIO Pシリーズ」のご案内はこちらから

ZFU151.jpg
☆当店ホームページ 新型 VAIO Pシリーズ オーナーメードレポートはこちらから
 
☆当店 blog 10.5.20「新型VAIO Pシリーズ開梱とVAIO Location Search」 
☆当店 blog 10.5.21「新型VAIO Pで『Evernote for VAIO』を使ってみました」 

 

hato03.jpg

さて、ここからは旅のレポート。

今日は朝9時に東京駅にいました。ニュースにもなっているようでしたが、通勤にも使っている副都心線が信号機事故で今日に限って全線止まってしまっていてあわてたんですが、ゆとりをとっておいたので遅刻はなし。

9時20分出発のバスに間に合いました。

hato04.jpg

初めての「はとバスツアー」ということで、おっかなびっくり、未知の世界をのぞくことになるんですが、集合場所はこんなところでした。東京駅の丸の内側の出口へ出て、そこから有楽町方向に線路沿いに進んだところ、というと大体の場所がわかるでしょうか?

そこにはとバスの基地みたいなところがあって、ここにバス停が10個くらいあり、朝9時過ぎの出発ラッシュの時間帯には広い歩道は乗客でいっぱい状態。はとバス、すごい流行っています!!

そうか、ここからスタートするのか! ガード下には休憩スペースが無数にあって、当日券の販売所やお土産屋さんなどもあります。

 

今回、私が選んだツアーはもっとも「はとバス」らしさを味わえるであろう「東京1日Cコース」おとな一人8,400円というもの。9:20出発でお昼ごはんもセットになっていて16:50に終了する予定のものです。

ゴールデンウィーク前にはとバスのツアーパンフレットをゲットしてきて、VAIO PがやってきたところでJTBトラベルに行って2日前に予約をしてきました。

はとバスに乗ってみたい!と、思ったきっかけはドラマ「結婚できない男」を見たときに、主人公と隣人が偶然、一人ではとバスの観光ツアーに参加しているというエピソードを見たこと。東京に住んでいて、その地元をバスで観光するなんてありえない話に思えるんですが、一度はやってみたいなぁと。

それと昨年秋に当店で開催させていただいた、α撮影会、ハートバスツアーなんですが、本当のプロのバスツアーというのも体験してみたくて、そういう勉強的な意味合いもあることはあるんですが、手軽に旅行気分を味わいたい、というのが一番の理由。

さぁ、楽しんで行ってみましょう!

で、今回、JTBさんから申し込みをお願いしていたんですが、やってくれたんですよ。JTBさん。

なんと、取れたチケットがこんな席なんです!

hato05.jpg

1号車の1番AB席。2階建てバスではありませんが、高さは優に2階建てバス並の高さになっていて、それで前方視界がご覧の通り開けているじゃないですか! すげー! JTBさんで予約をするとこんなすごい席を保有していていつでも取れるんでしょうか!?

そういえば、2006年に尾瀬にバスツアーで行ったときも指定席だったんですが、あのときも1番AB席でした。もしかしたら単なる偶然かもしれませんが、はとバスツアーの申し込みは次の時もJTBしか考えられません。

hato06.jpg

そんなわけで135度パノラマくらいのノリで左方向と前方に視界が開けたバスツアーの始まり!

東京一日Cコースの内容はこれから旅の進行とともに紹介していきますが、おそらくこのコースが一番人気があるんだと思います。バスは5台組での出発でした。

まずは皇居一周ドライブに出ます。東京駅を出た瞬間から可愛らしいバスガイドさんが車窓風景に写る観光名所をガンガン説明してくれます。皇居の二重橋から時計回りに一周していくんですが、地元なのに知らない話ばかり。これは楽しい!いきなりテンション最高潮!

二重橋とか絵になりそうなところなので、また後日、ここだけの見学に遊びに来たいと思います。

hato07.jpg

その後、桜田門、国会議事堂、警視庁、最高裁判所、国立劇場などを矢継ぎ早に案内してもらいながら、おなじみの新宿通りも通り過ぎます。3年前まで通勤していた麹町の街角がこうなると完全に観光地に見えるから不思議。

それはテンションのせいばかりではなく、この非常に高いアイポイントがそうさせてくれているみたいです。いつもの乗用車よりも2m以上高いところから見る街は、普段では見られない景色にしてくれているみたいです。

その後、九段下から神田を通り抜けて浅草へ。途中で今や東京の一番の見所でもある「東京スカイツリー」の見学ポイントも2カ所ほど教えてもらいます。今や日本で一番高い建物ですからね。

hato08.jpg

そして、最初の自由散策ポイントに到着。浅草観音です。これが私たちの載っているバスです。これと同じものがあとから4台やってきていました。

hato09.jpg

浅草観音まではガイドさんが旗を振って先導してくれます。バスの場所を覚えさせてくれて、集合時間を言われて、それまでは自由に散策してください、おトイレはどこどこにありますのでご用をすませてからご乗車ください、では出発します。

と、あこがれのお上りさん気分。こんな風にガイドさんについて歩くのなんて、高校の修学旅行以来じゃないでしょうか? 超久々の気分でなつかしー。

hato10.jpg

昨年の暮れの東京一人メトロ観光ツアー、春のスカイツリーサイクリングに続き、3回目の浅草見学になりました。仲見世は朝から人出がいっぱい。雷門だけ見たら、あとはちょっとコースを外れて裏道を見学。

hato11.jpg

自由時間は50分くらいしかないので、一回りしたらおわりなんですが花屋敷の入り口くらいは見ていこうと探してみます。

hato12.jpg

こんな飲み屋さんの一角も発見。ここはずーっと全部のお店が飲み屋さん。お店の人に「モーニングビールはいかがですか?」なんて言われたんですが、モーニングビール。。。なんて、魅力的な言葉の響きでしょう。初めて聞きました。(^_^;)

すぐにお昼ごはんなのでここではすべての誘惑を断って、花やしきも入り口だけ見学してバス乗り場に向かいます。花やしきのパンフレットだけもらってきましたが、65歳以上は載ることができない乗り物がいっぱいあるんですね。65歳になる前にまたやってきたいと思います。

hato13.jpg

お昼ごはんは新宿でいただくそうで、ここからは首都高速を使ってワープします。すでに東京駅を出てから皇居を一周しているんですけど、さらにまたここから東京を半周。

休日の空いている都内の交通量だからできることであって、こんなこと平日は絶対に無理なプランですよね。

これで11時すぎには新宿についてしまうんですからすごい。

hato14.jpg

途中、見慣れた赤坂見附の交差点も一番高いところから見学できました。首都高でここは何度か通ったことはありますが、ここを走行する時って私はドライバーなので前方視界しか見ていません。こんな風に助手席側の窓からじーっと外を見ていることなんてできないので、それだけでもう嬉しくて嬉しくて。。。

わかりますよね。もう、このあたりからVAIO Pをいじっている場合ではなくなってきているんです。

hato15.jpg

ということで到着したのは新宿高層ビル街にある住友ビル。通称三角ビルというところです。

私が小学4年生の時に自転車でここにやってきたことがあって(当時は世田谷に住んでいました)、それで友達とこのビルに入って展望室に行こうとしたら警備員の方に止められて入れなかった、ということがあります。それから30年くらいの時を経て、そこで食事ができるとは。。。感無量です。

hato16.jpg

お昼ごはんはその三角ビルの51階にある欧風レストランでのお弁当ごはん。ライスと味噌汁付きでライスはおかわり自由となっていたんですが、おかわりしていたのは私一人だけでした。

そう、参加している方の年齢層なんですが、やはりかなり高く、子供連れで参加している人たちをのぞくと、夫婦での参加は私たちが一番若かったはず。外人さんの参加とか多いのかな?とか期待していたんですが、私たちの乗っていた1号車は全員日本人だったようです。

2号車以降の様子はまったくわからないので、もしかすると外国の方はひとつのバスに集めているのかもしれませんね。(あとは東京一日コースってCコースしかないんです。AコースとかBコースが別に用意されているのかも。)

食事はグループごとに分かれてテーブルに座らせてもらえるんですが、一人で参加されている方が3人いらして、その3人の方は結局グループで行動されていました。そうか、純粋に本当に一人で参加したい、ということであれば、結構、そういう努力を自分でしないといけないのかも。

欧風レストランとは言いつつも、そんなわけで4つのお重になっていたんですが、欧風になっているのは一皿だけ。あとはお刺身など日本食になっているのも納得でした。

hato17.jpg

ここでの滞在時間は50分。バスの出発時間は12時10分ですので遅れないでください、とだけアナウンスされています。団体行動の基本で指定時間には絶対に遅れないようにしなくちゃ、と、5分前にはバスに乗っているように心がけるんですが、それまではどこに行ってもよし。

レストランでの展望席からの眺め、展望ルームでの展望を楽しんでからゆっくりバスに戻りました。

hato18.jpg

新宿高層ビル街を出発したら、続いては明治神宮です。

なんか旅の移動がずいぶん早いなぁ、と思っていたら下からガイドさんと運転手さんの打ち合わせが聞こえてきて「超早くないですか!?」と、かなり順調に行程を消化していることがわかります。で、観光スポットでの滞在時間を延ばすかどうか、という話をしているんですが、運転手さん曰く、これが1号車で、あとから4台のバスが時間差でやってくる関係上、時間を延ばすと後ろとかぶるため、それもできないとのこと。

なるほど、順調に旅が進むのは良いんですが早く終わってしまうともったいない気もします。ガイドさんの話がこれまた楽しくて、もっと話を聞きたい気分になっているし、うーん、なんか切ないなぁ。

hato19.jpg

明治神宮も、考えてみたら私たちはきたことが一度もないところでした。すごい広い参道にびっくり。こんなすごい観光スポットがまだ都内にあったとは。はとバスに乗車してよかったです。

ここでもガイドさんが中を案内してくれます。野鳥の声もたくさん聞こえるし、ここにもまた別の機会にやってきて1日遊んでみたくなりました。

hato20.jpg

途中、ちょっと長い行列ができていたので写真を撮っておきました。で、バスに乗ってからVAIO Pを開いてググってみたら、なるほど、それで行列ができているのか。。。簡単に説明するとテレビとかが発信元みたいなんですが、ここの中に有名な井戸があってその写真を携帯電話の待ち受け画面とか、壁紙にするとご利益があるんだそうです。それで30分待ちの行列ができていて、整理券を配っていました。

話題になったのは今年のお正月くらいなんでしょうか? また来ましょう。

hato21.jpg オートHDR使用

いろいろ興味深いものもあるんですが、こういうバスツアーではじっくり見ることができないのが唯一の欠点ですね。

hato22.jpg

明治神宮を出発して原宿、六本木を車窓から観光。ここは原宿にあるナイキショップらしいんですが、3階にあるスニーカーの陳列とかすごくないですか?と、バスガイドさんに紹介してもらいました。

あの3階のディスプレイはさすがに歩行者からはまったく見えないし、走行している車からも見えません。背の高いはとバスの車窓だからこその観光スポットなんですよ、とのこと。

この調子でバスの移動中は絶対になにかしら話してくださっているんです。自然にそういう話ができるようになるわけもなく、努力してこういう話をできるようにしているんでしょうけど、名人芸です。なんか、こんなに感動してて良いんでしょうか?私は。

hato23.jpg

表参道ヒルズの次は六本木ヒルズなんですが。。。六本木ヒルズは遠くに車窓からみるだけ。高いビルがあると必ず解説が入ります。それらのビルの見所、ポイントも絶対に教えてくれるんですが、このバスガイドさんと都内をクルマでデートしたらすごく楽しそう。

hato24.jpg

こちらは赤坂の乃木将軍の家。明治天皇と一緒に殉職されたとの話から、馬小屋が自宅よりも立派になっている理由まで信号停止の間に全部を語ってしまうんですから、すごい。思わずシャッターを切ってしまいました。

hato25.jpg

現在、東京一の高さを誇るビル。ミッドタウンの前も通過。こういうのってルートをわざと選んでくれているんですかね? まさに東京都内の高いビルを全部巡っている感じ。行っていないのは池袋のサンシャインくらいじゃないでしょうか?

hato26.jpg

そして散策ポイント4番目は東京タワーです。ね、これで都内の高層建築は全制覇気分です。

hato27.jpg

ここでは降りたところで記念写真を撮影します。欲しい人、買うかもしれない人はカードをもらっておいて、あとでバスの中で1枚1300円で購入というシステムになっていました。

これが会社の人たちととか、たくさんの知人がいるなら買うんですが、さすがに夫婦二人で参加していて、あとは知っている人はバスガイドさんだけというのでは。。。と、思っていたんですが、かなりの数の方が後でバスの中で買っていました。

そうか、私たちはカメラを持ってきていますが、多くの人がカメラを持ってきていないので、記念に写真が残るのはここでの写真だけということになるんですね。

hato28.jpg

この東京タワーでも散策時間は50分の予定だったんですが、バスを降りるときには出発時間の案内がありませんでした。エレベーターに乗るときに時間の案内をします、ということだったんですが、なるほど、東京タワーの混み具合を見て時間を決めるようです。

エレベーターの列に並んでいる最中に時間案内をしてくださっていました。

で、この集合時間が毎回微妙なんですよ。2時30分とか12時00分とかにはならずに、こうして中途半端な時間の指定に必ずなるんです。この時点で1時半くらいなので2時30分の方が覚えやすいんですけど、そうはしてくれないんです。

妻の推測ではこうして半端な時間の指定にすることによって心理的に時間を守る様になるのではないかと。なるほど、2時00分という時間指定だと「大体2時くらいだな」とか思ってしまう人がいそうですが「2時05分出発」とかにされると2時くらいではなく、きっかり2時5分になります。

こういうところでノウハウがあるなぁ、とか、計算された行動に感心するばかりだったんですが、最後の集合地点での時間していが4時00分だったので、あっけなく、妻の推測は覆されました。

たまたまだったみたいです。

hato29.jpg

ということで東京タワーに二人でやってくるのは初めて。私も妻も会社の人たちとか友達とやってきたことがあってそれぞれバラバラに経験があるんですが、そういうスポットってなかなかないので、なにかおもしろいですね。

いろいろ知っていることを話して情報共有。

hato30.jpg

そうそう、ここでもVAIO Pが活躍しました。地磁気センサーがあるじゃないですか? それと地図ソフトのプロアトラスを搭載しているので、こうして風景を見ながら地図をみると、どれがどの建物なのかチェックをすることができるんです。

そんなのXperiaでもできるよ、って言ってしまうと元も子もないんですが、1600×768ドットの高精細液晶で見る地図データはやはりハンパではありません。

明治神宮での井戸の情報と、この東京タワーでの空中散歩が一番活躍していました。

hato31.jpg

これは第一展望台にあるシースルー床。いつでもここは人だかりで、のぞいて写真を撮ったりする人たちの人だかりになっています。隣のちびっ子もお父さんからカメラを借りて撮影しているようですが、よく見たらDSC-HX5Vですね。

ふむふむ、良いカメラを使っているじゃないですか。そういえば、バスツアーもそうだし、この東京タワーでもそうだったんですが、私が今日、気がついたところではサイバーショット比率がかなり高かったんです。

メーカーさんからそういう話は聞いていませんが、もしかして、この春モデルでソニーのサイバーショットのメーカーシェアってかなり変わってきているんでしょうか?

hato32.jpg

ソニーネタで行くと、現在東京タワーではマイケルジャクソンの展示会をやっています。お土産売り場でもマイケルジャクソンコーナーができていて、マイケルグッズがいろいろ買えるようになっていました。

hato33.jpg

BADのキャップとかかなり欲しいんですが、これをかぶる機会が思いつかないんですよねぇ。

hato34.jpg

で、タワーの上から見ても気がついたんですが、ここ、東京タワーははとバスさんの中継基地か?と、思えるほど黄色いバスの台数が多いんです。そうか、東京観光と言うと東京タワーは今のところ絶対にはずせませんからね。

これがあと1年ちょっと経つと東京スカイツリーが開業するわけで、このはとバス軍団が皆、あっちに行ってしまう可能性があります。東京タワーがこんなに混雑している状況を楽しめるのもあと1~2年だけ、とか思うとちょっと切ない気がします。

東京タワー、しばらく行かれていない方は早めに行かれた方がよいかも。

hato35.jpg

東京タワーを出発したら、最後の目的地へ出発。え?まだどこか観光できるの?ってところですが、まだ、これからお台場に行くんですよ。これで5カ所目の立ち寄りどころです。

たった1日のバスツアーなのに、これだけのスポットを観光できるってすごくないですか?

大満足の充実度です。

hato36.jpg

ここ、お台場ではバスが止められる駐車スペースがないことから乗降スペースで人を乗り降りさせるだけ。集合時間の10分前に来てもバスは止まっていないので集合時間ぴったりにお越しください、と案内されました。

ま、それで4時00分集合、となっているのかも。予定では50分の散策時間でしたが、ここまで旅が順調に進んだので1時間以上の時間を散策時間に充ててくれました。そうか、もう後が詰まる、ということもないんでしたね。

hato37.jpg

ということで、たっぷり時間をもらってお台場観光です。思えば昨年夏前までは1ヶ月に1度くらいの割合でお台場にやってきていたのに、私は昨年6月以降、一度もお台場に来ていません。1年ぶりのお台場でした。

なぜ、そんなにお台場にこなくなってしまったのかというと。。。

hato38.jpg

ソニースタイルショールームが昨年6月でなくなってしまったからです。最後に見た姿のまま心に残しておけば、いつまでもその風景しか知らないので自分の中ではソニースタイルのショールームがそこにある、という感覚を残せていて、それでわざとお台場には来ないようにしていたというのもあるんです。

ですが、こうして縁があって来てしまったのでのぞいてみると。。。4階スペースはまだなにもテナントが入っていないみたい。シャッターが閉まってなにかのお店がある風になってはいますが、この中にはなにもテナントさんが無いようです。

hato39.jpg

3階スペースは洋服屋さんになっていました。このお店から上を見上げると4階の吹き抜けがそのままになっていて、すぐに4階につながる仕組みになっていました。

そうか、本当にソニースタイルショールームってなくなっちゃったんですね。現実を認識しました。楽しかった夢の後です。

hato40.jpg

その後、なかなか行けなかったフジテレビさんにお邪魔してみます。

ソニースタイルショールームに来るときはたいてい新製品の発表があったときとかで、急いでやってきて急いでレポートする必要があるし、一応勤務時間にやってきているので、フジテレビとかの遊びスポットに入ることはできないんですが、せっかくですので見学。

番組グッズショップとかを見学して集合時間まで時間をつぶすことができました。

hato41.jpg

再びレインボーブリッジを渡って、解散場所の東京駅を目指します。レインボーブリッジは歩いて渡ることもできるそうで、その解説を聞くことができました。よし、それもやろう。これで都内遊びのヒント3つめです。

hato42.jpg

銀座も平日に仕事で来ることはありますが、土日にくることは滅多にありません。歩行者天国ってまだあったんですね。

hato43.jpg

皇居に戻ってきました。都内を2周分くらい回ってきた感じですが、いよいよ旅の終わりです。

hato44.jpg

東京駅は外装の工事中。現在はこうして全部覆いがついていて、その姿をみることができません。ちょっと残念。

hato45.jpg

その東京駅のちょっと有楽町よりのところにはとバスの基地があるので、ここに到着して終了しました。

はとバスの旅ですが、すごい楽でした。なにも旅のプランを考える必要がなく、連れて行ってもらって現地である程度の自由が与えられて、で、また次の場所へノープランで運ばれて、で、また遊んで。。。これが自分たちで移動することになると、次の場所までの交通手段を計算しなくてはいけなかったり、クルマだったら駐車場探しをしなくてはいけなかったりするんですが、そういう面倒を全部なしにして遊ばせてもらえるわけです。

こんなに楽な思いができるとは思っていませんでした。

座らせてもらった席も良かったんですが、想像していた以上の、期待の10倍くらいは楽しい旅を満喫できて幸せ気分。なるほど、はとバスってすげー。でした。

妻もはとバスツアーのパンフレットをもらってきて、次はどれに参加するのか物色を始めています。

PS100.jpg

こちらが今日の移動コース。途中でGPS-CS3Kを落っことしてしまって電源がオフになったのに気づかなかったもので、一部切れているんですが、ま、こんな感じの移動をしています。約8時間のツアーだったんですが、適度な疲労感が味わえてちょうど良い長さでした。

こういう、はとバスのツアーって東京だけにあるものなんですか? 地方にもこういうシステムって用意されているんでしたら、積極的にツアーを利用してみたい気がします。

 

 

で、ここからが実は本題なんですが、今日はVAIO Pと一緒にα550を持って行っています。

hato46.jpg

本当はNEXとかをお借りして作例写真を撮ってきて、なんてことをしたかったんですが、実機を使っての屋外撮影の作例掲載はできませんからね。

なので、α550を使ってきたんですが装着したレンズにちょっと注目。

hato47.jpg

今日は16-105mmのズームレンズを持って行っています。

お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、このblogに掲載している写真ですが、全部広角16mm(24mm相当)での撮影したものだけで構成しました。(2枚ほどサイバーショットの25mm相当写真も使っていますが、誤差の範囲内と言うことで。)

なんかスナップ写真だけで物足りないんじゃない!?と、思った方はやはりズームレンズが必要になると思いますが、別に普通にスナップ写真が撮れているじゃない、と思った方、そんな方はNEXに装着するレンズは16mm単焦点レンズだけで良いかもしれませんよ。

 

そんなわけで今回のblogエントリーですが実は16mm単焦点レンズだけで写真遠足をしたときの様子をシミュレーションしてきてみたって話でした♪ NEX購入予定の方の参考になれば幸いです。

 

F11A080.jpg
★ソニースタイル Eマウント16mm単焦点レンズ「SEL16F28」のご案内はこちら

ZFU176.jpg
★ソニースタイル デジタル一眼「NEX-5」のご案内はこちらから

ZFU177.jpg
★ ソニースタイル デジタル一眼「NEX-3」のご案内はこちらから

 

ZFU222.jpg
☆当店ホームページ デジタル一眼カメラ「NEX-5/NEX-3」店員の声
 
☆当店blog 10.5.21「デジカメ雑誌のNEX特集 Part2」 
☆当店blog 10.5.21「デジカメ雑誌のNEX特集」 
☆当店blog 10.5.15「ソニーα『NEX-5/NEX-3』特別体験会レポート」 
☆当店blog 10.5.13「デジタル一眼『NEX-5』の実写レポート『オートHDR編』」 
☆当店blog 10.5.11「デジタル一眼『NEX- 5/NEX-3』の写真レポート」 
☆当店blog 10.5.11「ミラーレスα『NEX-5』『NEX-3』発表!」 
☆当店blog 10.3.14「『CP+』レポート ミラーレスα 詳細編」 

 


nice!(26)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 26

コメント 10

たぁ

長編レポご苦労様です。
はとバスツアー、すんごく面白そうです。
こういう不景気の時は「安・近・短」なコンセプトがニーズにマッチしているんですかね。
それにしても入場料だとか、ランチだとか含めると8,400円は格安ですね♪
by たぁ (2010-05-23 09:35) 

店員佐藤

♪たぁさん、こんにちは。
はとバスツアー最高です。こんなに楽に遊びに集中ができる
システムだとは思いませんでした。おっしゃるとおりすごい
安いですし、はとバスでないと見られない視界ってあるんですよ。

コースには東京タワーの入場料と昼食代が含まれていました。
かなりお得な気分です。

団体行動の基礎が学べるので、小さなお子さんとかも
ルールを教えてあげるために家族で参加してみると
よいと思いますよ。次はどこにいこうかなぁ。。。
by 店員佐藤 (2010-05-23 11:19) 

ピンキィモモ

こんにちは。
何年も前になるのですが、両親が東京に遊びに行った際、はとバスツアーをしてきました。
地方からも、予約が出来ます。
楽しかったと言ってました。
その時のおみやげは、「リカちゃんのはとバスガイドさんバージョンストラップ」でした。
私も、去年の秋アクアシティに行きましたが、テナントが空いていたり人が少なくて、寂しかったです。

うちのほうにも(金沢)、観光地を巡るバスツアーがありますよ。
他に、観光客の方には、文豪バス(ボンネットバス)が人気があります。
by ピンキィモモ (2010-05-23 11:26) 

カモさん

こんにちは!盛り沢山なのですねー。
はとバスのガイド方法には、きっと何十年にもわたるノウハウが
ぎゅーっと詰まっているのでしょうねー♪

そういえば会議の時間など「2時~」とするとだらだらと遅れてくる
人がいて5分経っても始まらなかったりすることありますが、
「1時58分~」とかにすると緊張感を持ってちゃんと集合したり
するそうです~^^
by カモさん (2010-05-23 11:45) 

店員佐藤

♪ピンキィモモさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

今はリカちゃんではなくて、キューピーさんと、リラックマが
キャラクター製品になっていました。非常に欲しかったんですが
我慢我慢。

金沢も行ったことがないので、いつか行きたいんですが
そのときには是非、こういう観光コースを回ってくれる
バスを利用したいと思います。なんせ、東京でこれだけ
充実した内容で回ってくれるんですから、これは利用しないと!
by 店員佐藤 (2010-05-24 00:51) 

店員佐藤

♪カモさん、こんばんわ。
集合時間の指定の仕方一つとってもノウハウなのかも
しれませんね。最後の集合時間はゆとりがあったので
ダラダラしてもらっても構わなかったということで。
実生活でも、このコツは役に立てようと思います。

駐車場探しとか、余計な気を使わないで済むのが楽なのと
さらにこれだけみっちりしたスケジュールをくんでくれるのも
プロのなせる技。今回は参加させてもらった本当によかった
です。
by 店員佐藤 (2010-05-24 00:59) 

sundayblue

読み応えあった!
それにしても大人気だね~。

サトウケル・ジャクソン、笑った!


by sundayblue (2010-05-24 11:07) 

店員佐藤

♪sundayblueさん、こんにちは。
こんなに長いblogエントリーにおつきあいくださり
本当にありがとうございます。

東京タワーがなぜかマイケルジャクソン名所になっているのが
面白かったです。また、週末にはとバスに乗りたいです~。
by 店員佐藤 (2010-05-24 15:14) 

K

おじゃまします
はとバス旅行楽しそうですね^^。

そういえば私が以前見かけたピンクのキティちゃんはとバスは、どのコースを走っているんでしょうね^^?
by K (2010-05-24 22:05) 

店員佐藤

♪Kさん、こんばんわ。
はとバスのツアーですが、いろんなコースがあるようです。
食い倒れツアーという朝からバイキングを含む3食付きの
ツアーとかもあるので、それに挑戦してみたい。。。

キティちゃんのバスはお台場で見かけたことがあります。
あれも特定のコースでたぶん走っているんだと思いますが
うーん、あまり乗りたくはないかも!?
by 店員佐藤 (2010-05-24 23:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。