So-net無料ブログ作成
検索選択

30mmマクロレンズ『SAL30M28』プチ店員の声 [┣ デジタル一眼“α”]

sal30-01.jpg

ソニーさんから新発表のマクロレンズ「SAL30M28」もお借りすることができました。

作例出しが不可能ですので、レンズ作例はお見せできませんが、このレンズの様子を簡単にレポートしてみたいと思います。

 

sal30-02.jpg

えーと、作例無しでレンズのレビューをしろ、と言われてもそんなことは私もさすがにやったことがありません。(^_^;) ですが、発売前に試作機の画像をWEBで掲載することは禁じられていますので、そこは仕方がないところ。

レンズ外観だけのレポートになりますが、ご了承ください。さて、1枚目の写真ですが、これは09年のエントリーモデルで標準レンズとして搭載されるようになった「SAL1855」というレンズになります。それと比べると写真左のものが新発売の30mmマクロレンズになるわけですが、小さいこと小さいこと。

sal30-04.jpg

APS-Cサイズ専用の「DT」レンズになるんですが、ソニーのαマクロレンズではこのDTでのマクロレンズは初登場ということになります。

従来は50mm、100mmというマクロレンズがあったわけですが、より広角な画角のレンズとなります。

30mm画角というと35mm判換算では45mm相当になります。50mmの標準画角に非常に近い画角になるわけで、これ1本でスナップ写真からマクロ写真まで、身近なものを撮影するときになんでも利用ができそう。しかもF値も2.8ということで、標準ズームレンズよりもかなり明るめになります。初めての単焦点レンズ的な使い方もできそうです。

sal30-05.jpg

重量は実測で152gでした。標準レンズが約210g、従来最軽量レンズだった「SAL28F28」で185gあったので、それよりも軽いレンズということになります。

レンズ内にAFモーターを内蔵するようになってしまったため、レンズの外径はやや大きくなってしまったため、最小レンズとは言えないんですが、それでもこのコンパクト&軽量なマクロレンズは常用レンズにしてしまうのにはかなり手頃で良いかも。

sal30-03.jpg

コンパクトカメラに比べてしまうと、やはりやや大きめになってしまうデジタル一眼レフ“α”ですが、こういうコンパクトなレンズを装備することにより、コンパクトカメラちっくな取り回しの良さにして、散歩、ハイキングのときなどに気軽なスナップ撮影ができるようになるのもメリット。

さすがにポケットに入るサイズにはなりませんが、ズームレンズの半分くらいの長さしかありませんから、肩からぶら下げてもそれほど邪魔にはなりません。

このスタイルが気に入って、昨年あたりまではSAL28F28という、α最小最軽量レンズを常用してスナップばかり撮っていたわたしなんですが、これからはSAL30M28がその代わりになりそう。

3066344
DSLR-A350 SAL28F28 F2.8 1/100秒 焦点距離28mm ISO:100 絞り優先 WB:太陽光

作例はSAL28F28のモノになりますが、この画角だと、食べ物とかが本当に美味しそうに撮影ができるんです。 

2363806
DSLR-A350 SAL28F28 F2.8 1/640秒 焦点距離28mm ISO:100 絞り優先

普通にスナップ風に撮ってみても、50mm単焦点ほど「切り取る」という感覚がなく、より広角なので撮りたいモノが大体なんでも入ってくれる感じ。50mmの標準レンズですが、昔、まだズームレンズの機構が複雑で価格も高かったときは、50mm単焦点が標準レンズとして、まず最初に一眼レフカメラに付属していたレンズなんだそうです。

なので、この50mm近い画角というのは写真撮影にとっては基礎とも言えるものなのかもしれません。自然な画角だからなのか、私にはとても撮影しやすいレンズなんです。SAL28F28が。

SAL28F28の場合は約42mm相当、SAL30M28では約45mm相当となりより50mmの標準画角に近くなるので、これはより撮りやすい画角のレンズになるのかも。


SAL100M28 F2.8 1/100秒 焦点距離100mm ISO:400 絞り優先

私にとっては最強スナップレンズとも言えそうな30mm画角の単焦点レンズですが、これ、さらにマクロレンズとして使えます。というか、マクロレンズです。こんなやたらめったらと寄った撮影もできてしまうんです。

28mmでも50mmでも単焦点レンズの欠点はちょっと寄ってみようとすると、すぐにフォーカスが合わなくなってしまうところ。マクロレンズの場合はレンズ前数センチのものでもフォーカスを合わせることができるので、映したいモノにより寄ることが可能。

ただ、100mmや50mmなどの望遠系マクロレンズと違って距離が離れてしまうと被写体が小さくなってしまうため、マクロレンズとして見ると、昆虫などの警戒心が強いものの撮影は難しいかも。寄っても逃げていかない、お花とか小物撮影のためのマクロレンズって使い方になるでしょう。

 

そうそう、知らない人のために追記しておくと、デジタル一眼レフの「マクロレンズ」って別にマクロ撮影専用レンズではないんです。遠くにもちゃんとピントが合うので、マクロ撮影もできる単焦点レンズという位置づけです。

単焦点レンズの最短撮影距離を思い切り短くしているため、これを常用するとフォーカスを合わせる範囲が広くなりすぎてしまい、フォーカスが合うまでの時間が長くなってしまう欠点があるんですが、デメリットはそれくらい。これ1本あれば、かなり撮影範囲が広がると思います。

sal30-06.jpg

ちなみに100mmマクロが73,920円。50mmマクロが50,400円となっているんですが、今回の新発売30mmマクロレンズ「SAL30M28」は驚異の20,160円になっています。

春に発売された「SAL50F18」(18,480円)と一緒に「エントリーレンズ」という新しいジャンルのレンズ群シリーズを作ろうとしているみたいですが、5万円前後していた、いままでのステップアップのためのレンズと比べると、猛烈な安さになっていて、これからデジタル一眼レフを始めようという方にはかなり魅力的なオプションになっていると思います。

α本体をとりあえず購入。標準ズームレンズだけでまずは撮影してみて、その後、単焦点のSAL50M18、マクロレンズのSAL30M28を2万円程度で買い足せば、それでデジタル一眼レフカメラならではのボケのある写真、思い切り寄ったマクロ写真が楽しめるようになります。

うーん、良い世の中だなぁ。。。

sal30-07.jpg

ということで、30mmマクロレンズをお借りしていたのは3泊4日だったんですけど、こんな風に飲み屋さんとかに行って、肴写真の撮影も精力的にやってきました。

このレンズ1本だけつけて、春の山にハイキングに行って、普通にスナップ撮影しつつ、春の花を見つけたらクローズアップ撮影して、途中の茶屋でキノコ汁とかも写真に収めて。。。なんていう写真遠足に行くのも楽しいかも。

sal30-08.jpg 

ということで、ハンバーグの載っていないハンバーグステーキ定食みたいなレビューレポートになってしまいましたが、手軽なスナップ撮影のためのレンズに良いかも。

是非、APS-Cサイズのαをお使いの方、価格も超手軽ですし、お試しになってみてください! ソニースタイルなら元々定価の1割引き、AV商品10%オフクーポン利用可能で、さらに落下、水没にも対応するワイド保証サービス付きでの販売となっています。

αレンズはソニースタイルの購入がオトクです!

 

ZDS2224.jpg
★ソニースタイル マクロレンズ「SAL30M28」のご案内はこちらから

ZDS2283.jpg
★ソニースタイル MCプロテクター「VF-MPAM」のご案内はこちらから

 ※SAL30M28用のフィルターは49mm径でご購入ください。

 


nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 6

かつぽん

うぅ、良いですねぇ・・・
標準レンズのノリでスナップにも良し、
マクロ撮影にもモチロン良し・・・
早く届いて欲しいです(^O^)
by かつぽん (2009-10-05 16:07) 

ベータ

初歩的な質問ですみません。
SAL30M28とSAL50F18の大きな違いは何でしょうか。
先日、α230でデジイチデビューしたばかりで、
まだまだ詳しいことはわからない初心者です。
SAL50F18のレポートを読んで我慢できなくなって、併せて買ってしまい
コンデジでは出せない作例が好きになって、今はこのレンズしか使っていない状態です。
SAL30M28でも違ったよさがあるのであれば、
ボチッといってしまいたいと思います。
よろしくお願いします。。。
by ベータ (2009-10-05 17:50) 

店員佐藤

♪かつぽんさん、こんにちは。
かつぽんさんみたいに腕のある人なら、このレンズも
すぐに使いこなすことができそう。私は凝ったマクロ撮影とか
あまりしたことがないので、これで挑戦してみたいです。
by 店員佐藤 (2009-10-05 19:40) 

店員佐藤

♪ベータさん、こんにちは。
お気持ちはよーくわかります。単焦点レンズははまり
ますからねぇ。(^_^;) SAL30M28とSAL50F18の違いは
画角と最短撮影距離です。SAL50F18ほど画角が狭く
ならないので、普段使いのスナップに使えるのと
レンズ前2cmくらいまで寄れるはずなので、クローズアップ
撮影ができるようになります。

F2.8の単焦点レンズとしても使えますので、これも
揃えると、50mm単焦点とはまた違った味の写真が
楽しめると思います。

こんな手軽なレンズ、買わないと損です!(^o^)
by 店員佐藤 (2009-10-05 19:43) 

たぁ

食べ物撮るの好きなんですが、まだお店で撮ったことはありません。
が、これはぜひ欲しいレンズです♪
by たぁ (2009-10-05 23:11) 

店員佐藤

♪たぁさん、こんにちは。
blogが増えてきて、デジカメでパチリと写真を撮っている
人はよく見かけますが、デジタル一眼をごぞっと持ち出すと
お店の方も身構えますからね。(^_^;)
たぁさんにも、このレンズ、超おすすめです。
by 店員佐藤 (2009-10-06 08:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。