So-net無料ブログ作成
検索選択

ネットワークTVボックス『BRX-NT1』開梱レポート [┣ BRAVIA & Home AV]

nx31.jpg

こんばんわ、店員佐藤です。我が家のブラビア用に別途オーダーしておいたネットワークTVボックスの「BRX-NT1」が到着しました。先にこちらだけ、ちょっと開梱してみましたので、簡単なレポートをお届けしたいと思います。

ちなみに、このネットワークTVボックスですが、どうやらブラビアの専用オプションではないみたいです。ハイビジョンテレビをお持ちの方でしたらどなたでも利用ができます。という、今回はそのあたりのお話をちょこっとしてみたいと思います。

 

nx30.jpg

昨年秋に発売された製品で、ブラビアX5000などのハイビジョン液晶テレビのオプションだとばかり私も思っていました。対応機種がX5000、W5000などで、ソニーのブラビアをインターネットに接続すると「アクトビラ」サイトへのアクセスはブラビアだけでもできて、ブラビア単体ではSD画質のストリーミング動画しか再生できず、ハイビジョン画質のコンテンツを再生するためだけにBRX-NT1が必要なんだと。

なので、自分でブラビアX1を購入することになったので私もようやく購入検討をすることができた、というところだったはずなんですが、どうもパッケージを開いてみると、ブラビア専用ということではないみたいですよ。

nx29.jpg

まずはこれが同梱品一式です。右上の小さな黒箱が本体で、手前の黒い箱がACアダプター。そのほかもろもろです。

nx28.jpg

同梱品の中に1.5mのHDMIケーブル、有線LANも入っています。ブラビアと接続するのであれば同梱品のケーブルだけで全部まかなえるようになっています。

nx27.jpg

こちらはスタンド類、左がBRX-NT1を本体だけで自立させるためのスタンド。真ん中のクリアアダプターは対応ブラビアの背面につけるアタッチメントで、写真右の本体をスリットに入れるとブラビアの裏に設置が可能、ということになっています。

nx26.jpg

で、これがBRX-NT1の背面なんですが。。。あれ?HDMI端子のほかにD端子も装備してるじゃないですか? って、ことはブラビアリンクが必須ではなくて、これで普通にD端子搭載のハイビジョンテレビだったらなんでも接続できるんじゃないですか?

nx25.jpg

取扱説明書を読むと、特にブラビアの接続専用とかではなく、D端子での接続もできるむねの説明があります。

nx24.jpg

しまいには、付属リモコンなんですが、他社製テレビの操作が可能な登録メーカー番号の一覧まであります。(^_^;) なんだ、これ、ブラビア専用ではないんですよ。

ただ、後からわかるんですが、出力される映像信号はD3(1080i)とD4(720p)のみです。ハイビジョンテレビでないと接続はできないんですが。。。AIWAさんからハイビジョンテレビって出てましたっけ? ま、いっか。

nx23.jpg

念のためブラビア以外のテレビでも使えるものなのか試してみたいと思います。当店にはブラビアしかありませんので、ここではあえてHDMIケーブルを使わずにD端子ケーブル、音声ケーブルを用意してブラビアM1に接続します。

この場合、D端子ケーブルも音声ケーブルも付属しないので別途ケーブルを用意する必要があります。音声ケーブルは普通のRCAピンではなく、ステレオミニプラグが必要になります。ちょっと注意ですね。

nx22.jpg

BRX-NT1をD端子につないで電源を入れると。。。あら、見事につながってしまいました。メニューはクロスメディアバーになっているんですが、かわいらしく2列のみです。

nx21.jpg

では、早速「アクトビラ」サイトにつないでみようとするのですが。。。

nx20.jpg

いきなりアップデートが始まりました。なるほど、昨日、ソニーさんからBRX-NT1のソフトウェアアップデートのお知らせがあったんですが、早速、最新機能にアップデートされます。待つこと10分くらいで一度電源が切れて、電源を再投入すれば、これでアップデートは完了です。

nx19.jpg

さっきまでは3つしかなかったビデオ列が5つに増えています。さらにインターネット列ができたので、これで3列表示のクロスメディアバーにパワーアップです。

nx18.jpg

さっそく、アクトビラにアクセス。アクトビラというのはテレビ向けのポータルサイトで、ドコモの携帯電話で言うところのiモードのトップページみたいな働きをするところ。ここからホームページや動画配信サイトにアクセスができるようになっているとか。

アクセスが確認できたので、ほかのチャンネルも見てみましょう。

nx17.jpg

こちらは「ギャオ」という無料の動画サイト。アクトビラもそうですが、BRX-NT1のネットワーク機能は基本的に料金は無料で利用できます。月額いくらとかの設定はなく、無料視聴できる番組を見続ける限りは完全無料。

有料番組もあるんですが、それらは番組課金になっているらしく、番組ごとにお金を支払うことになるそうです。

nx16.jpg

ここでは完全無料をうたう「ギャオ」のサイトをぶらぶら見てみるんですが、あ、この年末にロードショーの「ウォーリー」のプロモーション映像とかありますね。

nx15.jpg

再生してみるとこんな感じ。PCで動画サイトを開いている感覚でテレビでインターネット動画を楽しめます。ちなみに、ここで情報表示すると見ている動画の解像度とかがわかります。このウォーリーの動画は640×480ドットのWindows Media Videoの動画なんだそうです。

SD画質であれば、こんなBRX-NT1でなくてもブラビアの基本機能だけで見られるんですよね。ほかにハイビジョン動画はないかな?

nx14.jpg

ということで続いてはソニーの動画共有サイト「eyeVio」へ入ります。先日のソニーハイビジョンフェアで最新版のBRX-NT1を遊ばせてもらったんですが、このeyeVioのアクセスができるというのが、私がBRX-NT1を買いたくなった、かなり大きな理由のひとつ。

eyeVioは夏からハイビジョン動画の投稿、配信に対応しています。ここで無料のハイビジョン動画はかなり見られますよ。

無数にある投稿動画ですが、ここで検索「荒川」とやると。。。

nx13.jpg

はい、自分でアップロードした「荒川サイクリング」の投稿動画の再生が可能になりました。解像度をチェックしてみると1280×720となっています。ぎりぎりですがハイビジョン動画のスペックになっています。

やや画面表示が狭いんですが、これはドットパーピクセルになっているようで黒い額縁再生になってしまっているみたいです。

nx12.jpg

画面サイズは設定で変更が可能。フルを選べば16:9の全画面表示になります。よしよし、これは自宅にBRAVIAがやってきたら、十分楽しめそうです。あまりインターネット動画ってPCで見ることがなかったんですが、これで私もインターネット動画視聴デビューです。

nx11.jpg

続いては「ギャオネクスト」というところをのぞいてみましょう。ギャオとどう違うのかというと、ギャオは無料。こちらのギャオネクストは全部有料。で、番組単体視聴ではなく、月額2,980円を払って契約するとビデオが全部見放題ということになるそうです。

ここだけはケーブルテレビみたいなものになるんです。

nx10.jpg

ちなみにどんな動画があるのかというと。。。おっと「カラオケ」なんてあるんですか!? なるほど! インターネットの動画ストリーミングというと映画、ドラマ、アニメとかの作品ばかり思いつきますが、オンデマンドの利点を生かすなら、こういう方法もあるんですね。

カラオケ通信なんて、昔ありましたが、我が家にもいよいよオンラインカラオケの時代が来たのか!!

nx09.jpg

試しに「サザンオールスターズ」で検索をすると、出る出る。96曲もヒットしました。すごいボリュームです。

nx08.jpg

1曲選んでみて、それを試し再生とかできないかな? どんなカラオケなのかな?と試そうと思ったんですが。。。

nx07.jpg

はい、ここで有料申し込みのご案内が出てしまいました。今日のところはとりあえず、ここまでです。

nx06.jpg

その後、アクトビラに戻ってあちこち見ていると、ツタヤオンラインさんの映画視聴画面を見つけました。スピードレーサーが735円/48時間とのこと。おそらく735円でハイビジョン動画の視聴が可能になり、48時間以内であれば何度でも再生が可能ということなんでしょう。

nx05.jpg

詳細を見てみると、サンプルビデオが視聴できるとのこと。光回線で実効12Mbps程度のスピードが必要らしいんですが、その環境に耐えられるかどうかのテストができるみたいです。会社の回線は100Mbpsの光なので問題はないはず。我が家の方も8月からマンションインターネットの契約を最大100Mbpsにグレードアップさせました。自宅環境はばっちり準備できています。

どんな画質なのかわくわくしながら視聴してみると。。。

nx04.jpg

サンプル動画はアクトビラのCMだけでした。(T_T) でも、ハイビジョン画質の妙にきれいな映像です。ここで情報表示をしてみると。。。

nx03.jpg

おおお!! フルハイビジョン!! 1920×1088ドットで送られてくるそうです!って、ここまでは実はソニーハイビジョンフェア会場で試していて、フルHD映像がWEB配信で受けられるなら、それはいいぞ!という思いで購入に至っています。

結論から言うとビットレートはさすがにブルーレイディスクにはかなわないのでSRモード相当の画質なんですが、それでもハイビジョン画質の圧倒的な解像度が楽しめます。このフルハイビジョン画質での伝送ができるというのが購入理由の第2です。

nx02.jpg

あとは決済方法なんですけど、BRX-NT1にはUSB端子がついていて、そこにパソリを挿すことでedy決済ができるんだそうです。全部が全部、そういうことができるのかはまだ確認していませんが、取説にもそのことが書いてありました。

番組を買うごとにお財布ケータイでピッで済んでしまうわけです。

ここで番組を買うのはちょっともったいないので、実際の視聴レビューは自宅にBRAVIAが届いてから、HDMIケーブルで接続してつかってみたいと思います。

 

購入理由の第3は12月1日から始まる「NHKオンデマンド」です。このNHKオンデマンドにどうしても見たい番組があるんですよ。話の続きはまた今度。。。

以上、ブラビアではないD端子接続でのBRX-NT1の利用状況の簡単なレポートでした。 

 

nx01.jpg
★ソニースタイル ネットワークTVボックス「BRX-NT1」のご案内はこちらから

 


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。